逍遥
カッパのそぞろ歩きです。〈第四話〉


セゾングループ創業者
堤清二氏が死去…。

堤02

〈日経新聞より〉 
 セゾングループ創業者で、辻井喬のペンネームで小説家や詩人としても活躍した堤清二氏が25日午前2時5分、肝不全のため、東京都内の病院で死去した。86歳だった。連絡先はセゾン文化財団。お別れの会を行うが、日取りなどは未定。喪主は妻、麻子さん。
 東京都出身。1951年東京大卒。当時衆院議長だった父で西武グループ創業者の堤康次郎氏の秘書を務めた後、54年西武百貨店に入社した。64年、康次郎氏の死去に伴い、西武百貨店など西武グループの流通部門を継承。70年に異母弟の義明氏が率いるグループ本体から独立して西武流通グループ(のちのセゾングループ)を立ち上げた。
「生活総合産業」を旗印に積極的な拡大路線をとり、西武百貨店池袋店を売上高で百貨店日本一に導くとともに、セゾングループを小売業や金融、ホテル、不動産開発など100社以上を傘下に持つ企業グループに成長させた。
 91年のセゾングループ代表辞任後も解体に向かうグループの行方は常に気にかけていた。義明氏が西武鉄道株を巡る証券取引法違反事件で逮捕され、西武鉄道グループの再編問題が浮上すると、異母弟の猶二氏とともに西武鉄道の買収を提案するなど創業家メンバーとして活動した。
 一方、辻井喬のペンネームで小説や詩も多数発表。91年以降は精力的に作家活動を行い、詩集「群青、わが黙示」で93年に高見順賞、小説「虹の岬」で94年に谷崎潤一郎賞、「父の肖像」で04年に野間文芸賞を受賞した。98~2000年、日本経済新聞朝刊に小説「風の生涯」を連載。美術館開設など文化事業にも力を入れた。


たわごと03
天才的経済人の死…。
 ワタシ達バブル体験世代ににおけるカリスマ経営者、堤清二氏。そして辻井喬としての作家としても超一流。しかし、あまり知られてはいませんが…、実は詩人としても素晴らしい作品を残しています。

その詩人としてのペンネームは…。
藤村

小椋佳との想い…
 ワタシの人生の師匠(勝手に想っています)のコンサートに行った時…。どちらかと言えばマイナーな彼の作品「風の鏡」というアルバムの話になりました。作詞家よりの小椋さんが、作曲を依頼…、その名は「藤村渉」、当時、まだ高校生のワタシにはどこの誰かはよくわからず…。彼らの何となく不思議な世界観に浸っていました。そして、時は流れ、このコンサートで藤村渉氏はセゾンの創設者だった事を知りました。


堤03

アルバム「風の鏡」。
 このアルバムは「渡良瀬逍遙」に続く小椋佳のセカンドプロデュースアルバムです。作詞を藤村渉氏と共作した珍しい作品です。このアルバムは、二人が競い合ったらしい「愛」について…。が、ぎっしりと詰め込まれています。

暮らしが押し流した憧れの深さだけ
あなたと愛について語りあいたい…


収録曲「風の鏡」の一節です。
堤清二氏の知られざる一面が見えてる素晴らしいアルバムです。






スポンサーサイト
いつかみた映画
【其の六十九】

ゴジラ・モスラ・ラドン・キングギドラ
三大怪獣 地球最大の決戦 1964年 日本



ゴジラ01

 異常気象に見舞われた日本。1月なのに猛暑が続き連夜流星群が地球に飛来するなか、一つの巨大な隕石が黒部ダム近くに落下しました。時を同じくして警視庁の進藤刑事は極秘来日するセルジナ公国のサルノ王女の護衛を命じられたが王女を乗せた飛行機は暗殺者の仕掛けた爆弾により墜落。その後、金星人と名乗り地球の危機を訴える男装の女性が東京に現れ、ラドンの復活やゴジラの出現を予言します…。(後は映画を観て下さい)



ゴジラ04

 シリーズ最大の娯楽篇。昭和ゴジラのその後の設定を決定付けた作品でです。地球側の怪獣たちがその特殊能力を併せて宇宙怪獣キングギドラに対抗するクライマックスは文句なしに面白いです。凄まじい破壊力を誇るキングギドラは、その後のゴジラに何度登場したのだろうか? 1971年12月に「東宝チャンピオンまつり」としてリバイバルされた際には「ゴジラ・モスラ・キングギドラ地球最大の決戦」と改訂され「帰ってきたウルトラマン竜巻怪獣の恐怖」アニメ「いなかっぺ大将」「みなしごハッチ」人形アニメ「マッチ売りの少女」と同時上映されました。



たわごと03
ゴジラのターニングポイント。
 この「三大怪獣 地球最大の決戦」1964年なんと、昭和39年に公開された日本映画屈指の特撮娯楽大作です。「ゴジラシリーズ」の第5作目であり「空の大怪獣ラドン」と「モスラ対ゴジラ」の続編とも言える作品です。そして、この映画を堺にして「ゴジラ」の立ち位置が変わって行きます。


ゴジラ02

良くも、悪くも…。
 憎悪の象徴…、ゴジラから、宇宙怪獣から地球を護る怪獣へと変わるゴジラ…。この映画ではラドンと大喧嘩している最中にモスラの幼虫に、不思議な怪獣語で説得され渋々チームを組、宿敵キングギドラに立ち向かいます…。そしてドル箱の「ゴジラ映画」は、正義の味方ゴジラチームとキングギドラ等を筆頭とする侵略怪獣とのバトル中心としたゴジラシリーズが始まります。それは、何となく日本人的な優しい発想なのかもしれません…。とは言え、この映画は怪獣映画としては非常によく出来ています。圧巻のデザイン「キングギドラ」。今でも真似できないディテールです。そしてワタシ的には、空の大怪獣ラドンとゴジラの戦いはゴジラバトルシーンの中でも屈指の名シーンだと思っています。




※肝心の映画は…、キングギドラは鳥居がよく似合う!!
カッパ採点7点





カッパのみなソン
Selection vol.288

家内安全は、世界の願い。
ホーホケキョ となりの山田くん 
1999年 日本



山田01

 山田さん一家は平々凡々な生活を送っている5人と犬1匹の家族です。時には、買い物に夢中になるあまりスーパーにのの子を家族全員が忘れて来てしまったり、一家を支える主人であるたかしが妻のまつ子とチャンネル争いをすることも、ねこ飯のことで息子ののぼると意見が食い違うこともあるけれど、なんだかうまくやっています…。(後は映画を観て下さい)



山田02高畑勲監督的作品。 
 朝日新聞に連載されていた4コマ漫画「となりの山田くん」をスタジオジブリが「おもひでぽろぽろ」の高畑勲監督で映画化した作品です。どこにでもいそうなごくありふれた庶民的な山田一家。その山田家の人々が繰り広げるおかしくてほのぼのした温かいエピソードの数々が短編集的な構成で描かれる。




たわごと03
何たって、ケ・セラ・セラ。
 山田家のモットーは「家族揃って手を携えて生きていけば "ケ・セラ・セラ" 人生なるようになる」です。そう、ヒッチコックの名作「知りすぎた男」の名曲です…。最新作「かぐや姫の物語」の試写会を観えてない腹いせで、前作のこの作品をブルーレイで鑑賞しました。ジブリのリアルとは再反対で今までのジブリアニメを覆すような描写…、「ワタシはこれがしたかった…」そんな想いと、高畑監督の「焦り」も感じられます。そして結論は「ケ・セラ・セラ」…。このアニメは一見ほのぼのとした作品ですが実は高畑監督の新たなる挑戦なのでしょう??


山田06


姫の犯した罪と罰…。 
 そして、この映画から14年目の新作「かぐや姫の物語」。予告編しか観ていませんが、あの躍動感あふれる描写。これがアニメなのかと思ってしまう表現力。まだ観てませんが、あらたな日本アニメの誕生を予感させます。

山田05





※肝心の映画は…
6半点





カッパのみなソン
Selection vol.287

42年の時を超えた絵手紙。
旅の贈りもの 明日へ 2012年 日本


旅01

 離婚して25年になる仁科孝祐は定年を迎えていよいよ孤独の日々。ある日、部屋の整理をしていて古い絵手紙を発見します。それは42年前に文通で知り合った初恋相手からのものでした。彼女とはその絵手紙を最後に連絡が途絶えていました…。改めてその理由を確かめたいと思い立った仁科は、彼女との思い出の地である福井へと向かいます。同じ頃、結婚を控えた若い女性・香山結花も4歳で別れたきりの父のことで気持ちの整理がつかないまま一人旅に…。(後は映画を観て下さい)



旅04

 定年を迎えた孤独な独身男性が、ふとしたことから初恋の記憶を呼び覚まし唐突に終わってしまった、理由を求めて旅に出る姿を美しい春の福井を舞台に描くハートフルストーリーです。心温まる物語に列車の旅を絡めて描く「旅の贈りもの」シリーズの第2弾。主演は前川清、共演に酒井和歌子、山田優。監督は「ブタがいた教室」「極道めし」の前田哲がロマンチックに描きます。


旅05


たわごと03
いま、人生の忘れ物を探す旅に出る…。
 定年して、ふと淋しくなり…。過去の想い出をなぞる。なんとも身勝手でご都合主義の考えだと思ってしまう、はずでしたが…。不覚にも分かりきった物語に感動してしまいました。前川清のベタな演技と余りにも偶然が重なり合う脚本。映画としての出来は×××ですが、さすがにこの年になると「これも良いもの」と思ってしまいます。

旅02

文通時代の二人の世界観は、
新海誠アニメ的で嫌いではないです。






※肝心の映画は…、
6点





カッパのみなソン
Selection vol.286

昨日の記憶が、全くない!?
ハングオーバー !
消えた花ムコと史上最悪の二日酔い 2009年 アメリカ



二日酔い01

 結婚式を2日後に控えたダグは独身最後の夜を楽しもうと、悪友のフィルとステュ、そして義理の弟となるアランと共にラスベガスへと向かいます。高級ホテルのスイートを確保して酒を浴びるように飲みバカ騒ぎする4人…。ところが翌朝目覚めるとメチャクチャになった部屋の中には何故か赤ん坊と一頭の虎が…。しかも肝心のダグが行方知れずという緊急事態にひどい二日酔いで昨夜の記憶が全くないために自分たちの陥った状況が皆目理解できないフィルたち。それでもダグは明日には結婚式を挙げなければならない身…。(後は映画を観て下さい)



二日酔い04

 スター俳優が出演していないにもかかわらず口コミが拡がり全米で空前のサプライズヒットとなり、ゴールデングローブ作品賞も受賞する快挙を成し遂げた爆笑ドタバタコメディです。結婚式を目前に控えた花婿を連れてラスベガスへと繰り出したものの、翌朝、前夜の記憶を完全になくすほどの激しい二日酔いの中、花婿の行方不明という一大事に直面した悪友3人が支離滅裂な状況に振り回されながら繰り広げる花婿捜しのトンデモ珍道中とその顛末をミステリータッチの巧みな語り口でテンポ良く描き出します。出演は「そんな彼なら捨てちゃえば」のブラッドリー・クーパー、「ナイト ミュージアム2」のエド・ヘルムズ、「クールボーダー」のザック・ガリフィナーキス。監督は「アダルト♂スクール」「ロード・トリップ」のトッド・フィリップスです。



たわごと03
馬鹿オヤジたちが、トンでもない快挙。
 1作目の興行収入は当時のレートで約467億円。2作目はR-18指定を受けながらも、それより多い約581億円。当時のコメディ記録を軒並みぬり替えた大ヒット作品…?? この興行収入は「ミッション インポッシブル」1・2の成績とほぼ同等らしいです。失礼ですが、ただが二日酔いをテーマにした、こんな馬鹿げた映画がこんなにも評価される…。何となく分かる気もします。確かに二日酔いは世界共通です。


二日酔い02

ワタシ事ですが、昨夜は飲み過ぎました…
これからの季節「ハングオーバー」に要注意です!!






※肝心の映画は…、
カッパ採点7点


カッパのみなソン
Selection vol.285

モンスターよ、大志を抱け。
モンスターズ・ユニバーシティ 
2013年 アメリカ


モンスター00

 身体が小さくいじめられっ子だった少年マイクの夢はモンスター界一の「怖がらせ屋」になることです。そのために誰よりも努力し、ついに超難関大学モンスターズユニバーシティの「怖がらせ学部」への入学を果たします。怖がらせるための知識と理論は誰にも負けない自信のあったマイクでしたが、見た目がかわいいという致命的な欠点に悩んでいました。そんなマイクは自分とはまるで対照的な「怖がらせ屋」の名門一族に生まれたエリート学生サリーと出会いライバル心を募らせます…。(後は映画を観て下さい)



モンスター04

 大ヒットを記録したディズニーピクサーの傑作アニメ「モンスターズ・インク」のプロローグを描いたファンタジーコメディです。世界中のモンスターが憧れる大学を舞台に後にモンスター界最恐のコンビとなるマイクとサリーの出会いと友情をコミカルに描きます。声の出演は前作に引き続きビリー・クリスタルとジョン・グッドマンが担当。日本語吹き替えも前作と同じく田中裕二と石塚英彦が務めています!!


モンスター03


たわごと03
それ以上の「完成度」。
 往年のアニメファンのワタシとしては、フルコンピュータアニメーションは、あまり好きではないです…。ジブリ的考えかも知れませんが、やはりアニメは「手書き」にこだわりたい…と思っているひとりです。しかし、この作品を見せられると、さすがはピクサーと認めざるにはいられないです。キャラクターは勿論、映像的にも完璧で、CGの欠点の「質感」に関してもそれ以上に進化しています。そして、映画、グッズ、メディア等のパッケージとして今後も世界的なビジネスを戦略的に繰り返していくのだろう。世界に誇る「日本アニメ」が不安に感じる作品です。


モンスター05

日本語吹替え版も、とっても楽しいです !





※肝心な、映画は…
七点半





カッパのみなソン
Selection vol.284

1000年後の地球。そこは人類に牙をむく緑の惑星。
アフター・アース 2013年 アメリカ


アフター00

 西暦3072年人類はとうの昔に地球を離れ別の惑星に移住していました。伝説の兵士サイファと、そんな優秀な父に憧れながらも、わだかまりを抱える息子キタイ。ある時サイファは妻の勧めで宇宙遠征の任務にキタイを同行させる事に、ところが途中で宇宙船がトラブルに巻き込まれ見知らぬ惑星に不時着してしまう。しかも救援を要請する緊急シグナル「ビーコン」は機体から遥か離れた地点に落下してしまっていました。生存者は彼ら2人だけ。おまけにサイファは重傷を負って動くことができない…。(後は映画を観て下さい)



アフター04

 ウィル・スミスが自らの原案を基に、2006年の「幸せのちから」以来となるジェイデン・スミスとの親子共演で贈るSFアクション大作です。人類が去って1000年後の独自に進化した地球を舞台に宇宙船のトラブルで地上に不時着した父子を待ち受ける想像を絶する過酷な運命を壮大なスケールで描き出します。監督は「シックス・センス」「ハプニング」のM・ナイト・シャマラン。



アフター05


たわごと03
宇宙規模の親子の絆… ?
 この映画は、各ツール類のイメージからしてウィル・スミス親子のアクション映画かと思っていました。しかし、アクションをするのは息子だけで、お父さんは座ってるだけだけで…。1000年後の地球は想像どおりの世界。この危険な地球をステージに「親子の絆」と「成長する子供」の姿を壮大に描きます。正直ツッコミどころたくさん在りますが、ウィル・スミスの「超親バカ」に免じて許してあげて下さい。


アフター03

M・ナイト・シャマラン監督。
 この映画が、奇才 ? M・ナイト・シャマラン監督の作品だとは知りませんでした。ご存知、彼の名作「シックス・センス」…、しかし、それ以降の作品は何とも不思議な作品です。思わせぶりタップリ演出で、ある意味それこそが、彼らしいのかも知れません。様々な意味で要注意監督の一人です。しかし、この作品に関しては久しぶりにまとも…、いや普通に良く出来ている珍しい作品ですが、M・ナイト・シャマランファンには物足りないかも…。




※肝心の映画は…、
カッパ採点7点





カッパのみなソン
Selection vol.283

必ず、救出する
エンド・オブ・ホワイトハウス 
2013年 アメリカ


ホワイトハウス01

 2年前、大統領付きのシークレットサービス、マイク・バニングは事故に巻き込まれた大統領を救うため大統領夫人を見殺しにしてしまいます。それ以来、大統領付きを外されデスクワークに甘んじる日々を送っていました。そんなある日ホワイトハウスがアジア系テロリスト集団の奇襲攻撃によって占拠され大統領を人質にとられてしまいます。警備に当たっていたシークレット・サービスも全滅し大統領代行に任命されたトランブル下院議長をトップとする最高司令部では手詰まり感が漂い始めていました…。(後は映画を観て下さい)



ホワイトハウス02

「トレーニング デイ」のアントワーン・フークア監督、「マーヴェリックス 波に魅せられた男たち」のジェラルド・バトラー主演で贈るサスペンスアクションです。テロリストに占拠され「鉄壁の要塞」ホワイトハウスを舞台にたったひとり潜入に成功した元シークレットサービスの主人公が人質となった大統領の命と世界の命運を懸け決死の戦いを繰り広げるさまをスリリングに描かれます。



ホワイトハウス04



たわごと03
面白い…、しかし。
 アントワーン・フークア監督は、ホワイトハウスを死守することよりもホワイトハウスが占拠される事が描きたかったのだと思います。確かに今日において非常に有り得る話です。そしてホワイトハウスがたった12分で占拠されたらどうなるのだろう…。不謹慎ですが、映画的で興味深い切り口です。そして過去を持つSPが、たった一人で立ち向かう…。そうあの「ダイハード」PART.1を彷彿させます。そして映画の前半は、久々にワクワクする展開。しかし、後半の描き方は、余りにもお粗末です。非常に失礼ですが脚本をもう少し何とかしたら「ダイハード」を超えれたのかも知れません。


ホワイトハウス03

現アメリカの「今そこにある危機」です。




※肝心な、映画は…
七点半







カッパのみなソン
Selection vol.282

ただ、愛する人のために。
たそがれ清兵衛 2002年 日本


たそがれ01

 井口清兵衛は幕末の庄内、海坂藩の平侍です。妻を病気で亡くし2人の娘とボケの進む老母の3人を養っています。生活は苦しく下城の太鼓が鳴ると付き合いは断ってすぐ帰宅し家事と内職に励む毎日…。そんな清兵衛を同僚たちは「たそがれ清兵衛」と陰で呼んでいました。そんなある日、清兵衛は数少ない親友・飯沼倫之丞から、清兵衛とも幼なじみの妹・朋江が、嫁いだばかりで離縁したことを聞かされます。夫の酒乱が過ぎ見かねた倫之丞が離縁させたのだというのだ。数日後、その朋江がひょっこり清兵衛の家に姿をみせました…。(後は映画を観て下さい)


たそがれ02

 山田監督が自身初となる本格時代劇を手掛けるにあたって取り上げたのは、これほど人々に愛されながら、これまで映画化されることのなかった藤沢周平作品でした。一貫して庶民の心をフィルムに焼き付けてきた山田監督らしいと思うと同時に従来の時代劇の文法に囚われることなく新たなアプローチで挑もうとの並々ならぬ意気込みを感じさせます。そして、それが見事に結実した秀作です。


たわごと03
心に、お帰りなさい。
 つつましい中にも幸せを感じ凛として生きる主人公の姿や、もどかしい男女の恋のすれ違いといったものを日常の細やかな描写の中で丹念に描く一方、クライマックスの果たし合いでは、映画史に残る緊張感と迫力みなぎる剣術シーン…、藤沢ワールドの映像化に見事に成功してと思います。

たそがれ05

11月22日は、良い夫婦の日。
 この映画での宮沢りえは、日本中のオッサン達が憧れる「妻の姿」です。このひた向きな姿勢の妻と不器用で頑な旦那の姿は、日本人のこころの家族の姿だと思います。是非ともご夫婦で観てもらいたい1本です。





※肝心の映画は…、山田洋次監督の真骨頂!!
8点




カッパのみなソン
Selection vol.281

波に魅せられた真実の物語。
マーヴェリックス 波に魅せられた男たち 
2012年アメリカ


マーヴァリック01

 母親と2人暮らしの少年ジェイ・モリアリティは自分が暮らすカリフォルニア州サンタクルーズ沖に世界中のサーファーが憧れる最大級の大波マーヴェリックスが出現することを知ります。マーヴェリックスに挑戦するためモリアリティは名サーファーとして知られる隣人フロスティ・ヘッソンにコーチを依頼、トレーニングを開始することに…。厳しい訓練の中で親子のような深い絆で結ばれる2人だったが、いよいよジェイがマーヴェリックスに挑むことに…。(後は映画を観て下さい)



マーヴァリック03

 大きく危険な波で知られるマーヴェリックスに挑み続け若くして命を落とした実在の天才サーファー、ジェイ・モリアリティと彼の人生の師となったフロスティとの絆を描いた青春ドラマ。主演はジョニー・ウェストンとジェラルド・バトラー。監督は「LAコンフィデンシャル」のカーティス・ハンソンと「007 ワールド・イズ・ノット・イナフ」のマイケル・アプテッド。


たわごと03
迫力ある映像…。
 サーフィン映画といえば、明るい太陽と澄み切った海のブルーを思い浮かべてしまいます。しかし、映画での「海」は暗く重い…。よく在るPR的映画ではなく、サーファーたちの真の姿がリアルに描き出されます。スポ根映画ではなく、西海岸の文化や精神論がベースとなっています。


ちょつと01

マーヴァリック02

OS X Mavericks
 そして、私の愛する Mac OSは「OS X Mavericks」となりました。今までは、「猫系」のネーミングでしたが…? 今回いきなり「波」…、それも世界最大級の大波!! 新たなOSは、まだインストールしていませんが、この映画を観て何となく理解できたような気がします。新OS…。正直めんどくさいけど楽しみです。





※肝心の映画は…、
カッパ採点7点





カッパのみなソン
Selection vol.280

熱い感動を呼び起こした真実の物語。
コーチ・カーター 2005年アメリカ


コーチ01

 犯罪と隣り合わせの街で将来への展望も見出せない生徒ばかりのリッチモンド高校。この高校のバスケットボールチーム「オイラーズ」の成績もまた惨憺たる状態でした。そんなチームを立て直すため、同校のOBでバスケの名選手だったケン・カーターが新任コーチとしてやって来ます。そんな彼はまずはじめに選手たちとある契約を交わします。それはバスケとは関係のない学業での成績向上と規律ある生活態度を守らせるというものてせした…。(後は映画を観て下さい)



コーチ03

 大学進学率が最低水準で、犯罪者となってしまう卒業生も少なくないという落ちこぼれ高校を舞台に、バスケットボールを通じて生徒たちに自ら将来を切り拓く術と生き抜く力を授けた実在のバスケットコーチを描いた感動ドラマです。主演は「パルプ・フィクション」のサミュエル・L・ジャクソン。監督は「ネゴシエーター」「セイブ・ザ・ラストダンス」のトーマス・カーター。


たわごと03
我々が最も恐れているものは?

コーチ02


我々が最も恐れているものは、無力と知ることではない。
最も恐れているのは、自分の計り知れない力だ。
恐ろしいのは、自分の闇ではなく、光。
自分の力を隠し、周囲の人を不安にさせないよう
縮こまっていては世界を照らすことはできない。
小さな子供らと同じよう輝こう。
すべての人のうちにひかりがある。
自分自身を輝かせれば周りの人も自然と輝き始める。
恐怖から解放されさえすれば、周りの者さえ解き放つことになる。

 この映画は、実話です。そしてこの名言は奥が深い…。文化の違いや人種の違いはありますが、ワタシ達は、この「言葉」の意味をしっかりと受け止めて生きるべきだと思います。

映画が好きで、本当に良かった…。




※肝心の映画は…、ありがとうと言いたい。
8点





2013.11.19 モネ・ゲーム
カッパのみなソン
Selection vol.279

なぜ、盗めない!?
モネ・ゲーム 2012年アメリカ



モネ01

 印象派の巨匠モネの代表作「積みわら」の連作には、消えた1枚が存在していました…。英国の美術鑑定士ハリーは、自分を無能呼ばわりする雇い主の億万長者シャバンダーに仕返しすべく「積みわら」の贋作を使った完璧な詐欺計画を練り上げます。そして話に真実味を持たせるため名画の持ち主役としてテキサスの天然系カウガール、PJを相棒にスカウトします…。(後は映画を観て下さい)




モネ03

 シャーリー・マクレーンとマイケル・ケインの共演による60年代傑作コメディ「泥棒貴族」を「ノーカントリー」のコーエン兄弟が脚本を手がけて新たな物語に仕上げ「英国王のスピーチ」のコリン・ファースと「チャーリーズ・エンジェル」のキャメロン・ディアス主演で映画化したクライムコメディです。印象派の巨匠モネの贋作詐欺を計画した英国の美術鑑定士が相棒に起用したテキサス娘に振り回され、次々とハプニングに見舞われるドタバタ詐欺計画の行方をコミカルに描きます。共演はアラン・リックマン、スタンリー・トゥッチ。監督は「ソープディッシュ」「終着駅 トルストイ最後の旅」のマイケル・ホフマン。



たわごと03
何となく懐かしい…。
 オープニングのクラッシックなアニメ…。何となく懐かしい、あの名作「ピンクパンサー」を彷彿させるコミカルなアニメ。そして本作は超豪華な映画人によるコメディ。しかしワタシ達、いやワタシ的には、何とも微妙な笑い…。

モネ04

笑うって、難しい。
 ワタシは映画に対しては、結構公平に観る人間と勝っても思い込んでいます。アニメでも怪獣映画でもホラーでも、文学でも、好き嫌いなしで、それなりに鑑賞できると思っています。しかし、そんなワタシでも難しいと思うジャンルは「コメディ」だと思います。笑いのセンスは、その国の文化や歴史以上にその国の人々しか理解できないものがあります。日本人には日本人にしか理解できない「笑い」。もちろんアメリカでもヨーロッパでも同じだと思います。この「モネ・ゲーム」でも笑えるコンテンツが少しズレているような気がします。

それでもこの映画は「嫌いではない」です。



※肝心の映画は…、キャメロン・ディアスも年取った…。
カッパ採点7点





2013.11.18 バットマン
いつかみた映画
【其の六十八】

奇才ティム・バートン始動 !
バッドマン 1989年 アメリカ


バッドマン01

 警察が腐敗しきっている無法都市ゴッサムシティ。今夜も悪人が「バットマンらしき人物」によって退治されます。報道キャメラマン、ヴィッキー・ベイルは、そのバットマンの正体をつきとめようと新聞記者ノックスと共に、警察長官ゴートンを取材するため大富豪の邸宅パーティを訪ね、そこの当主ブルース・ウェインに魅かれるものを感じます。実は彼こそがバットマンで、その夜も彼はアクシス化学工場を襲った暗黒街のボス、グリソムの部下ネピアを退治するのでした…。(後は映画観て下さい)



バッドマン04
 
ダークナイトの原点。
 DCコミックスの誇るスーパーヒーローを巨費を投じて映画化したアメリカ映画の大作です。ゴッサムシティの闇に君臨する悪を粉砕するバットマンと犯罪組織のジョーカーとの戦いを壮絶に描きます。バットマンの誕生の秘密やジョーカーの設定などかなり暗い設定で、今後のダークナイトを生み出す事となりました。




バットマン05

少年の夢…。
 アメリカ・サンフランシスコで15日、白血病と闘う少年の夢をかなえようと町を挙げての企画が行われました。マイルス君は、彼の憧れのヒーローの「バットマン」になることを夢見てきました、5歳のマイルス君は3年前、白血病と診断され闘病を続けてきた。

前代未聞のやさしい嘘。
 「警察」から「力を貸してほしい。バット・キッドを連れてきてくれ !」という助けを求めるメッセージを受けたマイルス君は15日バットマンの相棒「バット・キッド」に変身し捕らえられた女性を助けたり、悪者をつかまえたりと大活躍しました。なんとオバマ大統領も動画で「いいぞ、マイルス君。町を守ってくれ」とエールを送る…。この企画は、病気の子どもたちを支援するボランティア団体が、サンフランシスコ市の協力を得て実現したもので、市民ら数千人も参加してイベントを盛り上げた。当初バットマンの服を買いに行くとだけ聞かされていたマイルス君。ヒーローの力強さを学ぶ大切な1日となりました。


たわごと03
アメリカのチカラと優しさ。
 本当に素晴らしいアメリカ的な出来事です。大抵の映画は所詮「嘘の世界」。しかし、その想いが一杯詰まった「嘘」から「誠」が生まれる。バットマンに携わった全てのスタッフがこのニュースを聞いて涙した事でしょう。彼らの想いは「真実」となり、世界中に優しい心を魅せて頂きました。



※肝心のバットマンは…、
カッパ採点7点





カッパのみなソン
Selection vol.278

俺たちが最後の砦(ラストスタンド)だ!
ラストスタンド 2013年アメリカ


ラスト01

 元ロサンジェルス市警のエリート刑事レイ・オーウェンズ。今は第一線を退き、のどかな国境の町ソマートンで保安官として静かな日々を送っていました。そんなある日、麻薬王にして警官殺しの凶悪犯コルテスが、軍隊並みの兵力を有する仲間の援護で脱走に成功、そのまま猛スピードでメキシコ国境へと向かいます。その知らせを受けたオーウェンズはにわかに現役時代の闘志を呼び覚ましなんとしてもコルテスとその一味の逃亡をこの街で食い止めると決意します。(後は映画を観て下さい)



ラスト05

 カルフォルニア州知事を退任したアーノルド・シュワルツェネッガーの「ターミネーター3」以来10年ぶりとなる主演復帰第1弾。そして韓国の俊英キム・ジウン監督の記念すべきハリウッド・デビュー作となるアクションエンタテインメント作品です。共演はフォレスト・ウィテカー、ジョニー・ノックスヴィル、ロドリゴ・サントロ。


たわごと03
カッコ悪いが、カッコいい !
 ワタシ達の映画スター・シュワちゃん。そんな彼は、映画以外にも色々ありました…、そう人生いろいろ。映画ファンとしては、そんな事はさて置き、世界的映画スター・シュワルツェネッガーの記念すべき復帰作です…。正直、全く期待もしてなかったし、TSUTAYA DISCASで、貸し出し順番として送られて来ました。しかし、これは想定外に良く出来ています。韓国のキム・ジウン監督の手腕なのか、シュワちゃんの実力なのかは、よくわかりませんが…、上手に創られた逸品です。


ラスト04

ラーメンしかないラーメン屋的作品。
 地元徳島の「美味しい」と言われるラーメン屋さんの殆どの店は「ラーメン」と「ご飯」しか在りません。もちろん例外も在りますが、大抵の徳島人は「ラーメン」と「ご飯」をオーダーします。そして、大食いの県民は「肉入り大」と「めし大」。徳島らしいコテコテのラーメンにバラ肉を大量にトッピングした大盛りラーメン&大盛りのどんぶり飯。カロリー無視の絶品です。この「ラストスタント」は、ダイエットや健康に無縁なB級を追い越した名作です。ぜひご賞味ください!!




※肝心の映画は…、
8点





カッパのみなソン
Selection vol.277

人生はケーキほど甘くないでござる。
ちょんまげぷりん 2010年日本



ちょんまげ05

 遊佐ひろ子は子育てと仕事の両立に悩むシングルマザーです。やんちゃ盛りの1人息子、友也とわがままなクライアントに挟まれ生活費も値上がり。四苦八苦の毎日を送っていた。冴えない毎日にストレスを溜め込んでいた、ある日、着物にちょんまげ姿の男に出会います。その男の名は木島安兵衛。180年前の江戸時代からやってきた本物の侍でした…。(後は映画を観て下さい)




ちょんまげ02錦戸くん繋がりならこっちが良い。
 荒木源の同名小説を、先日アップした「県庁おもてなし課」の錦戸亮主演で実写映画化。180年前の江戸時代から現代にやって来た侍と、周囲の人々との絆をコミカルにつづる。この映画が初出演の錦戸くんが、シングルマザーのひろ子の家に居候させてもらう代わりに家事全般を引き受け、やがてお菓子作りに目覚めていく侍・安兵衛を好演してます!!




ちょんまげ01


たわごと03
意外にも名作。
 錦戸くん演じる木島安兵衛の登場シーンから彼のあらゆる言動、存在自体が違和感ありすぎで滑稽。分かっていても楽しく笑えます。名子役、鈴木福君の幼い姿も可愛いし、この映画のともさかさんはサイコーです。

ちょんまげ04

実在した、ちょんまげぷりん。
 確か、この映画の後先に映画とモスバーガーがタイアップして「ちょんまげぷりん」を発売していました。このプログをアップしながら食べたら良かったと後悔しています。

ちょんまげ06




※肝心の映画は…、プリン食べたい。
カッパ採点7点







カッパのみなソン
Selection vol.277

ようこそ、ボクらの大好きなまちへ。
県庁おもてなし課 2013年日本



県庁01

 観光の振興を目指す高知県庁は「おもてなし課」という新たな部署を新設します。しかし、やる気はあるが少々空回り気味の若手職員・掛水史貴をはじめ、ここに配属された職員たちは何から始めればいいかも分からず、漫然と業務をこなす日々でした。そんな中、地元出身の小説家・吉門喬介に観光特使就任を要請した掛水はお役所仕事と民間感覚のズレを厳しく指摘されてしまう。そこで、民間感覚と柔軟な発想を取り込むため、優秀なアルバイトの多紀を他部署からスカウトすることに…。(後は映画を観て下さい)



県庁02

「図書館戦争」「空飛ぶ広報室」の人気作家・有川浩が、郷里・高知県に実在する「おもてなし課」から観光特使を依頼されたことがきっかけで誕生した同名ベストセラーを同じく有川浩原作「阪急電車 片道15分の奇跡」を手がけた岡田惠和・脚本、三宅喜重・監督で映画化したハートフルストーリーです。主演は関ジャニの錦戸亮と国民的女優となった堀北真希、共演に高良健吾、関めぐみ、船越英一郎。



県庁04

堀北真希ちゃん可愛い !
 新設の「おもてなし課」に配属された若手職員がアルバイトの女性アシスタント堀北真希ちゃんと力を合わせ、事なかれ主義のお役所体質から脱皮して、観光促進の一大プロジェクトを実現すべく奮闘する姿をユーモラスかつ心温まるタッチで綴ります。原作の有川浩氏の「郷土愛」がいっぱい詰まった超私的観光事業促進映画です。


たわごと03
映画と言うよりプロジェクト。
 お隣、高知県の壮大なる観光プロジェクとしか思えない、この企画映画。観光高知の本気度が伺えます。香川県は、うどんプロゼェクトの「うどん県」、そして愛媛は司馬遼太郎の「坂の上の雲」。そして高知は「龍馬伝」そして、高知県は、ひとつの家族やき「高知家」プロジェクト…。


県庁03


ちょつと01
そしてわが町、徳島県は…
宿泊者数3年連続、全国最下位。
 このインパクトの強い不名誉な記録は努力して達成できません。全国的にも超有名な「阿波おどり」も今や徳島の風土や文化ではなく、ただの3日間のイベント…。この崖っぷちの徳島県。徳島県の県職員は義務としてこの映画を見るべきだと思います。




※肝心の映画は…、
6点





2013.11.14 JFK
カッパのみなソン
Selection vol.276

いま、アメリカ騒然!
JFK 1991年アメリカ

JFK01

 1963年11月22日、晴天の午後。テキサス州ダラスにおいて、第35代大統領ジョン・F・ケネディが暗殺されるという大事件が…。ニューオリンズ州の地方検事ジム・ギャリソンは、暗殺後2時間も経たないうちに警官殺しの容疑で逮捕されたリー・ハーヴィー・オズワルドが大統領暗殺の犯人と発表され、さらに今度はオズワルド自身がダラス警察本部の駐車場で護送される途中ナイトクラブの経営者ジャック・ルビーに撃たれて死ぬという一連の経過に疑問を抱きます…。(後は映画を観て下さい)



JFK02

ケビン・コスナーの代表作。
 暗殺されたジョン・F・ケネディ大統領。この事件に材を取った映画は、これまでにフィクション、ノンフィクションを問わず多く製作されきましたが、その中でも最大規模を誇る大作です。ニューオリンズの地方検事ジム・ギャリンソンの著書 「JFK ケネディ暗殺犯を追え」とジム・マースの「クロスファイア」を基にケネディ暗殺の謎に迫ります。



たわごと03
駐日米大使キャロライン・ケネディ。
 駐日米大使に内定した元大統領長女駐日米大使に内定した元大統領長女、キャロライン・ケネディさん。もちろん暗殺されたケネディ元大統領とジャクリーン夫人の間の子供のうち、ただ一人の存命者です。多数の政治家を輩出した「華麗なる一族」ケネディ家からの日本大使起用は米国内外の注目を集めそうです。

JFK07

スウィートキャロライン♪
 恥ずかしながらワタシは「スウィートキャロライン」という歌がキャロラインケネディをイメージした歌とは、今回初めて知りました。この「スウィートキャロライン」は、70年代のはじめにプレスリーの大ヒット曲ですが、原曲は、ニール・ダイアモンドです。


JFK03ジャズシンガー
 ニール・ダイアモンドと言えば、1980年の「ジャズシンガー」。一人の青年が、厳格なユダヤ教の父の反対を押し切り、歌手として成功するまでの物語です。1927年に製作された往年の名作のリメイクで、ニールダイアモンドが主演兼音楽を担当し話題になりました。





※肝心な、JFKは…。
七点半




カッパのみなソン
Selection vol.275

この謎を解くまで逃げられない。
サイレントヒル リベレーション 
2012年 フランス・アメリカ・カナダ

サイレント01

 18歳の誕生日を目前にした少女ヘザーはサイレントヒルという謎めいた街で起きる不気味な悪夢に苦しめられるようになっていました。なぜか幼い頃の記憶がない彼女は父に連れられ街から街へと転々と移り住み身を隠すような生活を送っていました。そんなある日、彼女が帰宅すると自宅から父の姿が消えていた…、彼女は転校先で知り合った青年ヴィンセントと共に父の行方を追って唯一の手がかりであるサイレントヒルへと向かう事に…。(後は映画を観て下さい)



サイレント03 メイドイン、コナミ。 
 コナミの世界的大ヒットゲームソフトを実写映画化したサスペンスホラー「サイレントヒル」の続編です。深い霧に覆われた街「サイレントヒル」を舞台に幼いころの記憶を失った少女ヘザーが自らの謎に包まれた生い立ちを探る中で封印された街の秘密へと近づいていくさまを不気味なクリーチャーの数々とともに臨場感あふれる3D映像で描いています。主演は「ヴァンパイア」のアデレイド・クレメンス、監督は「デスフロント」「処刑島」のマイケル・J・バセット。



たわごと03
結構複雑なストーリー。
 今作の主人公のヘザーは、ハリー・メイソンの養子です。前作のシャロンが成長したのがヘザーであり、前作ではローズとシャロンはサイレントヒルの世界に囚われたまま終わりましたが…、ローズがサイレントヒルでメタトロンの封印の片割れを手に入れることでシャロンを元の世界に戻すことに成功したらしい…。ヘザーは金髪ですが、実際は黒髪で追ってくる教団から逃れる為に髪を染め偽名を使っています…。一見単純明快そうな映画ですが、この部分だけでも結構複雑で、もの物語の真相は奥深いものとなっています。


サイレント02

新感覚、お化け屋敷ムービー。
 さすがにこの年になると「ゲーム」とも程遠くなり、このコナミの名作ゲームも勿論、体感した事が在りません…。ゲームの世界観は分かりませんが、この映画の持つ独特の世界観には圧倒されます。あのキャラクターの不気味なデザイン、街の異様な空気感…。映画がドウノコウのではなく、映像としては非常に高レベルな作品となっています。





※肝心の映画は…、
カッパ採点7点





カッパのみなソン
Selection vol.274

音楽だけが生きる糧だった
戦場のピアニスト 
2002年 フランス・ドイツ・ポーランド・イギリス


戦場01

 1939年9月ポーランド。ナチスドイツが侵攻したこの日、ウワディクことウワディスワフ・シュピルマンはワルシャワのラジオ局でショパンを演奏していました。街はドイツ軍に占拠されユダヤ人をゲットーへ強制移住させるなどの迫害が始まります。シュピルマン家も住み慣れた家を追われ、ゲットー内のカフェでピアノ弾きの職を得た彼は様々な迫害に遭いながらも静かに時をやり過ごします。しかし、やがて一家を含む大量のユダヤ人が収容所へと向かう列車に乗せられる事に…。(後は映画を観て下さい)



戦場02

 第55回カンヌ国際映画祭パルムドール受賞の感動ドラマです。実在のピアニスト、ウワディスワフ・シュピルマンの実体験を綴った回想録を基に戦火を奇跡的に生き延びたピアニストとその生還に関わった人々の姿を過剰な演出を抑え事実に基づき静かに力強く描く。自身もゲットーで、過ごした過酷な体験を持つロマン・ポランスキー監督渾身の1作です。


たわごと03
ヒーローではなく、弱い存在。
 この映画の主人公は、弱くて他人に助けられるばかりです。もし彼が、有名なピニスとではなかったら、他のユダヤ人と同じく強制収容所で働き死んだのかもしれない…。そして彼はヒーローでもなく、勇気を持って人格者でもなく、臆病な者で、自分のことで精一杯の普通の人間なのです。ただ、彼には誰にも負けないピアノがあった…。



戦場03

音楽のチカラ。
 この映画の中で、一番感銘を受けるシーンは、もちろんドイツ軍将校が、主人公の弾いているピアノに感動していた時でしょう。ドイツが負けそうで絶望していながらドイツ軍将校の心境がとても興味深い、そして彼が主人公を助けたのは音楽のチカラでした。





※肝心の映画は…、彼だから描けた戦争。
9点訂正





ドラマのツボ
part.17

平成仮面ライダー1号
仮面ライダー クウガ 
2000〜2001年


クウガ01

 九郎ヶ岳で発掘された謎の遺跡から未知の生命体が復活、調査に当たった信濃大学と城南大学の面々が次々と襲われる事件が発生しました。冒険家の五代雄介は遺跡から発見されたベルトの力で変身、未知の生命体と戦う事に…。(後はドラマを見直して下さい)


クウガ02
 
 平成仮面ライダーシリーズ記念すべき第1作。超古代民族グロンギとリント族が残したベルトによって変身する仮面ライダークウガとの戦いを描きます。出演はオダギリジョー、葛山信吾、きたろう、村田和美ほか。この作品以降、特撮ヒーロー番組がイケメン俳優の登竜門的要素を持つようになってしまいました。


たわごと03
最初にして最高傑作。
 ワタシ達世代は、仮面ライダーと共に育って来ました。仮面ライダー1号、本郷猛は、ワタシ達の永遠のヒーローで、仮面ライダーは、昭和を代表するヒーローでもありました。そして、時は平成…。そして新たに生まれたのが、クワガタをモチーフにした「仮面ライタークウガ」。当時全く期待もせず、久しぶりのライダーって言う事で、仕方なく観たら…。なんとも素晴らしい出来映え。歴代のライダーなんて比べモノにならない高度な脚本。そして完全超悪のカッコいいライダーではなく、闘う事の醜さ、辛さをしっかりと伝えた、製作者のメッセージをしっかりと持った秀作でした。



クウガ003

見ててください、俺の変身。
 特に凄いのは、最終話。今までお世話になった人たちに別れる覚悟を告げて、雄介は、ついに第5の姿「黒いクウガ」へと変身します。雄介の理解者であり親友の一条刑事は、最後の変身を見届け「出来れば、こんな寄り道はさせたくなかった」と…つぶやきます。そしてクウガは、宿敵「0号」と闘います。

闘う事の醜さ。
 なんと、最終話の最終決戦は「仮面」を外した素手の殴り合い…。こんなヒーローものは、最初で最後だと思います。仮面ライターではなく雄介としての戦い…。と言うより血を流しながらの醜い殴り合い。闘う事は、傷つけ合う事であり、痛みを味わう。暴力は暴力では解決できない。そんな製作者の熱いメッセージがぎっしり詰まった名作です。


クウガ05

しかし、それ以降の平成ライダーは…。




※肝心のドラマは…、大人へのメッセージ。
カッパ採点7点






2013.11.10 舟を編む
カッパのみなソン
Selection vol.273

マジメって、面白い。
舟を編む 2013年日本


舟01

 1995年。玄武書房に勤める青年・馬締光也は真面目すぎる性格ゆえに営業部で浮いた存在でした。そんなある日、彼は言葉に対するセンスを買われて辞書編集部に異動となります。迎えたのは、定年間近のベテラン編集者・荒木やお調子者の西岡ら個性あふれる面々でした。辞書編集部では新しい辞書「大渡海」の編纂に取り組んでいました。馬締は彼らを通して辞書の世界の奥深さに触れ辞書作りに没頭して行きます。そんな馬締がある夜、下宿先の大家と同居することになった板前修行中の孫娘・林香具矢と出会い、一目惚れしてしまう…。(後は映画を観て下さい)



舟02

本屋大賞と言う、血統書。
 2012年本屋大賞第1位に輝いた三浦しをんの同名ベストセラーを松田龍平主演で映画化した感動ドラマです、新しい辞書の編纂という一大事業に取り組む辞書編集部に配属されたマジメで不器用な青年が、地味で気の遠くなるような作業のなかで個性豊かな編集部員たちと織り成す人間模様と、板前を目指す下宿先の孫娘との恋の行方をユーモラスかつハートウォーミングに綴ります。共演は宮崎あおい、オダギリジョー、黒木華。また、八千草薫、小林薫、加藤剛らベテラン勢が脇を固める。監督は「川の底からこんにちは」の石井裕也。


たわごと03
「右」という言葉。
 浅はかにも「言葉」には興味があるとワタシ的には思っていたのですが、この映画を観て「言葉を仕事にしている人たち」の凄まじさに圧倒されてしまいました。辞書制作にかかる期間は、なんと10年以上。なんと、三省堂の辞書に28年もかかった辞書もあるらしい…。まさに「辞書づくりは人生」。


舟05

自分が生きているあいだに、
完成した辞書が見られるかどうかはわからない…。
 
 ワタシ達がふだん使っている「辞書」って、こんなふうにつくられていたんだ…と痛感しました。人にとって最も重要な伝達手段のひとつである「言葉」って面白い。



舟04

舟を編む
 この映画のタイトル「舟を編む」。とっても素晴らしいタイトルです。「舟を編む」を辞書で調べてみると、「糸・竹・籐・針金などを互い違いに組み合わせて一つの形にする」「様々な文章を集めて書物を作る、編集する」「計画を立てる、編成する」…。21世紀の辞書「大渡海」とは「言葉の海を渡る舟」という意味なのでしょうね!!






※肝心の映画は…、寅さん可愛い。
七点半




2013.11.09 HOUSE ハウス
いつかみた映画
【其の六十七】

大林監督の記念すべき劇場第1作 !
HOUSE ハウス 1977年 日本

ハウス01

 中学生のオシャレは、今日も仲間のファンタ、ガリ、クンフー、マック、スウィート、メロディーたちと間近になった夏休みのことをワイワイ話している現代っ子です。オシャレが学校から帰ると、イタリアから父が帰国していた。父は彼女に自分の再婚の相手だと言って涼子を紹介します。新しい母など考えてもいないオシャレにとっては、これはショックでした。自分の部屋にもどって、ふと思い出したオバチャマのところに手紙を出し夏休みに仲間と行くことに…。(後は映画を観て下さい)



ハウス03
 
CFディレクター大林宣彦。
 CF界の鬼才と言われていた、大林宣彦が初めて手がける劇場用映画です。7人の少女と奇妙な羽臼屋敷を中心に幻想的ななかにスラプスティックな面とブラックユーモアを織りまぜて描くオカルト映画。脚本は桂千穂、撮影は阪本善尚、後の大林組レギュラーがそれぞれ担当しています。


たわごと03
大嫌いだった大林映画の原点。
 この映画を観たのは、高校生の時、当時は自称映画少年。ATG以外は日本映画でない…、などと今思えば世間知らずの映画馬鹿でした。そして当時の超話題作であった、この作品と出会いました。所詮はテレビCF監督の金儲け主義の商業映画。芸術性ゼロ、日本映画の恥…、奇想天外なスートーリーと陳腐な特撮、そして無意味とアイドルの起用と下手くそな演技…。



ハウス02

もちろん許せなかった…。
 映画を観る前から嫌いだった、大林監督。そして、当時としては奇抜すぎる見た事の無い映画。戸惑いました…、そして許せなかった。日本映画を冒涜されたような勘違いと違和感。しかし、そんな大嫌いが、何時しか「大好き」へと変わって行きました…。「転校生」「時をかける少女」、そして「廃市」。全てが反転し監督の心が見え始めました。そして、この処女作「HOUSEハウス」も今、思うとやっぱり大林映画の原点なのです。


ちょつと01
大林的初代アイドル、大場久美子さん。
 全く偶然ですが何年か前、2年連続で某企業の依頼で、大場久美子さんを「阿波踊り」に招きました。ワタシ達世代には、当時の超アイドルであり、やはり「コメットさん」というイメージ…。しかし、ワタシにとっては永遠の大林アイドです。当日は阿波おどり真っ最中のテンヤワンやの徳島市内。過酷なスケジュールの中、元気に阿波おどりを踊って頂きました。その大場さんも「HOUSEハウス」は「大切は体験」だったと仰っていました。





※肝心の映画は…、大嫌いは、大好きのはじまり??
カッパ採点7点






2013.11.08 ゆれる
カッパのみなソン
Selection vol.272

あの橋を渡るまでは、兄弟だった…
ゆれる 2006年日本



ゆれる01

 東京で写真家として成功している猛は、忙しくも自由気ままな生活をしていました。一方、地方に残り実家の商売を継いだ兄の稔は幼い頃から温和で誠実な人柄ですが、いまだに独身で父親と2人で暮らしています。母の一周忌で久しぶりに帰郷した猛は、稔とふたりの幼なじみの智恵子と3人で近くの渓谷に行く事に…、兄弟が幼かった頃、よく両親が連れてきてくれた場所だが猛はそのことを憶えていません。懐かしい場所ではしゃぐ稔。稔のいない所で、猛と一緒に東京へ行くと言い出す智恵子。だが、渓谷にかかった吊り橋から流れの激しい渓流へ、智恵子が落下してしまう…。(後は映画を観て下さい)



ゆれる04

「蛇イチゴ」の西川美和監督が兄弟を主人公に、家族のきずなや絶望からの再生を描くシリアスドラマです。旧知の女性が転落死したことをきっかけに法廷で裁判にかけられる兄と弟の姿を見つめ直します。ワタシの大好きな「仮面ライダークウガ」のオダギリジョーが「自由人」の弟を熱演しています。その兄役に、ご存知香川照之。実際撮影中に意気投合したという2人の息の合った演技が素晴らしいです。



たわごと03
落ちたのか、落とされたのか…?
 この映画は、弟から見た描写が主に描かれています。兄の本心が、わかりにくい部分が多々在ります。「なぜ、弟の証言に対して異議申し立てせず服役の道を選んだのか」「最後の兄の表情は何を物語るか」「バスに乗ったのか乗らなかったのか」はっきりしない答えが「ゆれる」事なのでしょう!?

ゆれる03


香川とオダギリ…、なかなか良いです。





※肝心の映画は…、
8点







カッパのみなソン
Selection vol.271

全員、コイツにだまされる
ハード・ラッシュ 2012年アメリカ


ハード01

 かつて「世界一の運び屋」と称されたクリスも、今では愛する家族のために裏稼業から足を洗い妻と2人の息子と共に幸せな生活を過ごしていました。だが義理の弟アンディがコカインの密輸に失敗し組織から命を狙われる羽目に陥ってしまいます。クリスは弟と自分の家族を守るため、かつての仲間を呼び寄せパナマからの偽札密輸計画を決意…。(後は映画を観て下さい)



ハード05テッドのオヤジ大奮闘 !
「ザ・ファイター」「テッド」のマーク・ウォールバーグ主演のサスペンス・アクションです。一度は裏社会から足を洗いながも、麻薬取引の不手際で窮地に陥った義弟を救うべく再び闇の仕事に手を染める男の運命をスリリングに描きます。共演はケイト・ベッキンセイル、ベン・フォスター、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ。監督は俳優としても活躍するアイスランド出身のバルタザール・コルマウクル。



たわごと03
ポンコツ映画… !?
 TSUTAYA DISCASの書き込みにもありましたが、確かに「そこそこ面白かった、だけどポンコツ映画」(笑)。まさに同感です。主人公が正義のヒーローでなく、トンでもない悪党でもなく、密輸屋。そして彼のシゴトのポリシーが「麻薬はダメ」。密輸って犯罪ですよね、その犯罪者が正義を貫くように頑に「麻薬は運ばない」。映画としては、分かるのですが。何となく間違っていると感じるのはワタシだけでしょうか ? 

ハード04

義理の弟、でき悪すぎ !
 義弟のアンディが、なんとも究極の出来の悪さ。こいつの後先考えないテキトーな行動にみんな大迷惑。ワタシだったら嫁の弟でも許さない。こんなヤツを甘やかすと、この先ロクなことにならい…。そして悪者もおバカさんだらけ黒幕はバレバレ。そして分かりやす過ぎる失言で正体を見破られる。あぁ〜、みんなどうかしている設定の映画です。しかし…、

ハード03

馬鹿にしながら一気に観てしまいました。





※肝心の映画は…、意外と面白い!
カッパ採点7点





2013.11.06 ラヂオの時間
カッパのみなソン
Selection vol.270

奇才、三谷幸喜の真骨頂 !
ラヂオの時間 1997年日本


ラヂオ01

 生放送のラジオドラマを控え緊張気味のスタジオ…。初めて書いた脚本が採用された主婦のみやこも、直前のリハーサルを見学していました。そんな中、突然主演の人気女優が設定を変えたいと文句を言い始め、困り果てたプロデューサーは、みやこに脚本の書き直しを依頼します。しかし、他の出演者も口々に不満を漏らしはじめ、メロドラマだった物語は次第にアクションへと変貌していきます…。(後は映画を観て下さい)



ラヂオ00ラヂオの時間ですよ !
 国民的人気脚本家、三谷幸喜初監督によるコメディ映画。三谷幸喜が、かつて主宰していた劇団「東京サンシャインボーイズ」の同名劇をもとに、ラジオ局内で繰り広げられるドタバタ劇をコミカルに描きます。スピーディなカメラワークやストーリー展開、ツボを突いた笑いなど、奇才・三谷幸喜の冴えた手腕が見どころです。



たわごと03
ワタシ的には、三谷幸喜作品ベスト1。
 ラジオドラマの生放送中に巻き起こるトラブルに次ぐトラブルを三谷幸喜らしい脚本で、ラヂオの世界が、舞台的な演出方法で新感覚の映画として生まれ変わります。平凡な主婦が初めて書いた脚本「運命の女」は熱海を舞台とした主婦と漁師の男のメロドラマのはずでしたが、主演女優が本番前になって役名をメアリー・ジェーンに変更したいと言い出したところから物語が始まります…。一見、無茶振りの設定ですが、そこからが三谷幸喜の真骨頂。初めてメガホンをとった作品ですが、数ある三谷作品の中でも最高傑作だと思います。



ラヂオ003三谷ワールド全開 !
 90年に初演された舞台「12人の優しい日本人」が映画化される際には自ら脚本を仕立て直しました。その後「古畑任三郎」「王様のレストラン」などのドラマを手がけ人気脚本家として名をはせ「ラヂオの時間」で、映画監督としてデビューしました。以降、映画のために脚本を書き下ろした「みんなのいえ」「THE 有頂天ホテル」「ザ・マジックアワー」「ステキな金縛り」のメガホンを撮り、そしていよいよ「清洲会議」が公開されます!!







※肝心の映画は…、
8点






カッパのみなソン
Selection vol.269

「誰だって、ヒーローになりたいんだ…」
シュガー・ラッシュ 2012年アメリカ



シュガー01

 子どもたちを夢中にさせるゲームセンターには閉店後に始まるもう一つの世界がありました。そこでは、一日の「仕事」を終えたゲームキャラクターたちが集い、仲良く談笑しながら日々の疲れを癒していました。そんなゲームの世界で30年間も悪役を演じてきた大男のラルフ。本当は心の優しい彼は、みんなに愛されるヒーローになりたいと願っていました…。そんなある日、ついに我慢できなくなって自分のゲームを飛び出してしまったラルフ…。(後は映画を観て下さい)



シュガー03

 人間が知らないゲームの世界の裏側を舞台に、本当はヒーローになりたいと願うゲームの悪役キャラクターが奇想天外な大冒険を繰り広げるディズニー製作のハートウォーミングファンタジーアドベンチャーアニメ。監督は「ザ・シンプソンズ」「フューチュラマ」などのTVアニメを手がけ、本作が長編アニメ映画デビューとなるリッチ・ムーア。


たわごと03
アイディア勝利。
 この映画は、アイディア勝ちですよね ! ゲームセンターの片隅に繋がっているコンセントと電源タップを利用して、様々なゲームのキャラが各ゲーム間を行き来しているという設定が面白い。ゲームのキャラクターって、死んでも生き返ります。たとえGAMEOVERになってもリセットすれば元通りになる…。ただしこの映画の中では、それは「自分のゲーム内で死んだ場合のルール」であって「他のゲーム内で死んでしまうと二度と生き返れない」なんてルール。他のゲームに潜入する=バグ。バグを生き返らせるプログラムは存在していないのでしょうね!? トンでもない架空の世界の物語が、なんとなり有り得る世界のように思えます。


シュガー04

ディズニーの余裕と底力を感じます !




※肝心の映画は…、
カッパ採点7点






カッパのみなソン
Selection vol.268

東と西、嘘と真実。自由と使命…。その狭間で揺れる愛。
東ベルリンから来た女 2012年ドイツ


東ベルリン01

 1980年夏の東ドイツ。西側への移住申請が却下され都会の大病院から片田舎の小さな病院に左遷された女医バルバラ。秘密警察に監視され周囲の人間に対しても猜疑心から心を開くことができず孤立を深めていきます。一方で彼女は、西側の恋人ヨルクと秘かに逢瀬を重ね彼の手引きによる西側への脱出へ向けて着々と準備を進めていました。そんな中、一緒に仕事をする同僚医師アンドレが、患者と真摯に向き合い自らの使命を誠実にこなしていく姿に次第に心打たれていきます…。(後は映画を観て下さい)



東ベルリン03

 人々が秘密警察の存在に怯えていた社会主義時代の東ドイツを舞台に恋人の待つ西側への脱出を準備する1人の女性医師が、医師としての矜持や2人の男の愛に揺れ動くさまを静謐な中にも緊張感あふれる筆致で描き出した感動のヒューマンサスペンスドラマです。主演は「ベルリン陥落1945」「ブラッディパーティ」のニーナ・ホス。共演にロナルト・ツェアフェルト、ライナー・ボック。監督は本作でみごとベルリン国際映画祭監督賞を獲得したドイツの実力派クリスティアン・ペツォールト。


たわごと03
ついこの前の出来事…。
 ベルリンの壁崩壊の7年前、1980年夏の東ドイツでの出来事…。ワタシが青春真っただ中、過酷な境遇の中で懸命に生きていた青春があった…。不自由で束縛された世界でも、心の自由を求めて闘う若者達。平和が当たり前と思っていたワタシ達の青春…。観た後、心がざわめきました。

東ベルリン04


陰影と風の音。
 この映画のもう一つの見どころは、映像と音声。自然光で陰影のある描写が素晴らしい。音楽もなく、足音やドアの音が効果音。そして圧巻は、森の樹々がザワザワと揺らぐ風の音。なんとも言えない不安と緊張感。主人公のバルバラの心が見事に映し出されています。


ちょつと01

東ベルリン05

W座からの招待状
 WOWOWシネマで日曜日夜9時から放送中の「W座からの招待状」。「映画を愛する人に、いま見てもらい本物の作品を届けたい」というコンセプトで毎回、製作費の大小やヒットの規模によらない良質な作品を上映しています。小山薫堂さん、安西水丸さんのふたりの映画トークが非常に面白い、新たな試みです!




※肝心の映画は…、
久しぶりに骨太な作品をみせて頂きました。
8点





2013.11.03 巨人の星
ドラマのツボ
part.16

スポ根漫画の金字塔 !
巨人の星 1968〜1971年

巨人001

 日本出版界に劇画というジャンルを確立させた名作野球漫画のアニメ化。
アニメ独自の自在な演出・脚色も斬新でした。禁断の魔球・魔送球を使ったがために、読売巨人軍を追われた星一徹…。彼は息子の飛雄馬に夢を託し巨人軍の投手を目指す人生を歩ませる。幾度も一徹に反発し高校野球で複数のライバルと闘いながらもついに巨人軍のマウンドに立った飛雄馬。だが彼は、球質が軽いという、投手としては致命的な欠陥を持っていた…。(後は漫画を読んで下さい)



巨人06

楽天イーグルス、日本一あっぱれ!!
 雨の中の日本シリーズ第7戦、お疲れさまでした。そして創設9年目にしての日本一、楽天イーグルスおめでとうございます。きっと日本中が、楽天の日本一に涙したと思います。巨人ファンのワタシとしても9回裏のマー君のピッチングを見守りました。スポーツ(野球)を通じて日本中が一つとなった瞬間でした。改めてスポーツのチカラを思い知らされました。

そして、40年ぶりの連覇を果たせなかった巨人。
 長嶋監督時代のV2が、なんとも40年前…、王者ジャイアンツでも成し得なかった連覇。しかし、しかし…、10月28日に惜しくも他界した名匠川上哲治監督はご存知の9連覇。巨人、大鵬、卵焼き…。そして「巨人の星」。日本中の少年達が熱狂してみた70年代を代表するテレビアニメです。


巨人05


たわごと03
恐るべし、梶原一騎。
 風貌は、とんでもなく怖いオッサンでしたが、原作の梶原一騎先生の脚本は、非常に繊細で奥が深い「あしたのジョー」「タイガーマスク」「愛と誠」等々。言わずと知れた漫画界の巨匠。そして、この「巨人の星」も少年マガジン連載された彼の代表作。川崎のぼるの絶対的な描写力と奇想天外かつ科学的な魔球。まだ幼かったワタシもアニメ化された星飛雄馬に憧れました。

巨人02

親子のきずな、大リーグボール。
 星飛雄馬は、針の目をも通す絶対的なコントロールで左腕から繰り出す豪速球投手。しかし、その完璧なフォームから投げ込む豪速球には致命的な欠陥「球質の軽さ」がありました。しかし、その欠陥から生み出した「大リーグボール」その魔球こそが、このドラマの本質です。

大リーグボール1・2号は、星一徹の魔送球。
 大リーグボール1号は、飛雄馬の最大の欠点球質の軽さと一徹の魔送球を組み合わせた「バットにあてる」逆発想の魔球。そして、当時大人気だった消える魔球大リーグボール2号は、魔送球のボールの回転と飛雄馬の完璧な投球ホームを活用した究極の変化球。そう、1号・2号は、共に星一徹の「魔送球」がベースとなっています。しかし、今までのフォームを覆してあみ出した、大リーグボール3号は飛雄馬が自分の欠点を最大の武器とした「パットをよける」野球漫画一、地味な魔球。しかし、この地味な魔球こそが、星親子が子離れ、父離れした「きずなの魔球」なのです。


巨人03

是非とも、今晩「巨人の星」を思い出して下さい。






※肝心の映画は…、マー君は「東北の星」なりました!!
8点
















2013.11.02 さびしんぼう
映画的旅情
【其の十一】

尾道三部作、最高傑作 !
さびしんぼう vol.02 1985年 日本

さびしんぼう01

 お寺(西願寺)の住職の一人息子・ヒロキはカメラ好きの高校2年生です。さえない毎日を送るヒロキは隣の女子校で放課後になるとショパンの「別れの曲」を弾く少女に恋心を抱いていました。彼は、彼女の事を勝手に「さびしんぼう」と心の中で名付けていました。年末の大掃除の後、ヒロキの前に、ピエロのような格好をして「さびしんぼう」と名乗る謎の女の子が現れたのでした…。(後は映画を観て下さい)



さびしんぼう02

人が人を恋うるとき人は誰でもさびしんぼう…。
 尾道を舞台に、少年の淡い恋、彼の前に突然現われた少女時代の母親「さびしんぼう」と少年との交流を描いたファンタジーです。山中恒原作の「なんだかへんて子」の映画化で、脚本は「天国にいちばん近い島」の剣持亘、内藤忠司、大林宣彦の共同執筆です。監督はもちろん大林宣彦、美術監督は、舞台となった西願寺にお墓が在る、故・薩谷和夫さん。


たわごと03
毎年、11月3日は「尾道の日」。
 ワタシの大好きな「尾道」。徳島から再々行く事は難しいのですが、最低でも年に一度は行こう、いや還ろうと思い、毎年11月3日(文化の日)は、自分勝手に「尾道の日」と決めて、尾道に還る事にしています。この日は、尾道の街は「ベッチャー祭り」の真っ最中で、街中を鬼達がパレードしています。(NHKの朝ドラで、結構有名になりました)。ただ今年は、明日の天気予報が雨だった為に一日早く行く事に…。



尾道01

久しぶりに「さびしんぼう」を巡りました。
 この写真は、尾道駅より東に位置する「西願寺」の石段です。そう「さびんしぼう」が雨の中のヒロキ帰りを待つ胸を打つ感動名シーン。何年かぶりに来ました。確かここには、初期の大林作品には欠かせない薩谷和夫監督の葬儀も行われました。


尾道04

お〜ぃ、さびしんぼう。
 この西願寺の鐘楼は、この作品中に頻出します。この周りで、現在のお母さんタツ子と16歳のタツ子(さびしんぼう)が追いかけっこをするシーンがコミカルに描かれます。ただ、そんなコミカルな騒動とはウラハラに少年達の悲しくて、切ない青春が「別れの曲」と共に描かれます。

何となく原点に還った…、尾道でした。



ちょつと01

尾道05不思議な、尾道プリン。
 朝ドラ「てっぱん」で、よく食べられていた尾道プリン。そのプリンはと違いますが、その多くのリクエストに答えるように尾道にあらたな名物が登場…? なんとも懐かしい瓶のデザイン、お弁当に付いている「金魚の醤油入れ」。その中身は、瀬戸内名産レモン。甘いプリンに酸っぱいレモン汁…。なんとも尾道らしい懐かしく、ほろ酸っぱい一品です。






※肝心の映画は…、ワタシの心の作品です。
9点訂正

2013.11.01 スピード
カッパのみなソン
Selection vol.267

死の境界線は時速80km。
スピード 1994年アメリカ

スピード01

 ロサンゼルスの高層ビルのエレベーターが爆発し10数名が宙づり状態のまま閉じ込められた。脅迫電話が警察に入り要求に応じなければケーブルを爆破し乗客を皆殺しにするという。ロス警察SWAT隊の若き行動派ジャックは、パートナーのハリーと共に全員を救出しました。彼はビルに潜んでいた犯人のハワードと対峙するが惜しくも逃げられる事に…。数日後ハワードは電話でジャックに「この前の仕返しに市バスに爆弾を仕掛けた。時速80キロ以下に落とすと自動的に爆発する」と告げ、身代金を要求…。(後は映画を観て下さい)



スピード05J・デ・ボン不朽の名作。
 時速50マイル以下になると爆発する路線バスをメインに、爆弾魔とSWAT隊員の攻防をノンストップで描く、新感覚のアクションです。次々起きる危機また危機とその解決手段がゲーム感覚で展開されていく様は、映画的興奮に満ちていいます。余計なキャラクター描写を極限まで切り詰め過去のアクション映画のエッセンスを凝縮させた脚本はG・ヨスト。撮影監督の経験を活かしビジュアルで語る事に徹底した、J・デ・ボン監督。



たわごと03
原案は、新幹線大爆破…?
 巷の噂にもあるように確かに日本映画の名作「新幹線大爆破」と似ている気もします。しかし、この「スピード」も理屈抜きに面白い。手に汗握るノンストップアクション。 映画冒頭のエレベーターから始まって、バスに乗用車、パトカー、ヘリコプター、ジャンボ旅客機、地下鉄と場面…。不必要なモノを全て削ぎ落して、絶対的に必要なモノを最大限に魅せる。抜群のセンスで職人達が創った映画史に残る名作です。


スピード03

デニス・ホッパーだから…
 イージーライダーことデニス・ホツパーだから意味のある現代的悪役です。この映画でハリーとジャックは3度も死闘を繰り広げます…、彼だからこそ演じられる社会が創った「悪」なのです。


スピード04

永遠のイジー・ライダー。








※肝心の映画は…、
正真正銘、J・デ・ボン監督の名作です。
9点訂正