FC2ブログ
カッパのみなソン
Selection vol.254

時を超えて、今新たな物語がはじまる。
時をかける少女 2010年 日本

時かけ

 母・芳山和子が薬学者として勤務する大学に無事合格し、あとは卒業を待つだけの高校3年生、あかり。そんなある日、和子が交通事故に遭い昏睡状態に陥ってしまいます。一時的に意識を取り戻した和子は「過去に戻って深町一夫に会わなくては…」と必死に訴え再び昏睡に。あかりは、母の願いを叶えるため彼女が開発した薬を使って1972年4月にタイムリープすることを決意する。ところが、彼女が過去に到着してみると、そこは1974年2月だった。仕方なく偶然出会った映画監督志望の大学生・涼太に手伝ってもらいながら深町一夫探しを始めるあかりでしたが…。(後は映画を観て下さい)


時かけ03

 筒井康隆の名作SF小説と言うより1983年の大林宣彦監督の「時をかける少女」続編を、2006年のアニメ版でヒロインの声を務めた仲里依紗を主演に迎えて実写映画化した青春ファンタジーです。今度は母芳山和子に願いを託されたヒロインが70年代にタイムリープし、そこで母の初恋の人を探す中で繰り広げる青春模様と切ない恋の行方を瑞々しいタッチで綴る。共演に中尾明慶、安田成美。監督は、これが長編デビューの谷口正晃。


たわごと03
「時かけ」に名作あり !
 自称大林宣彦応援団のワタシが、この仲里依紗版はOKです。2006年のアニメ版の大好きですが、この「時かけ」は公式な続編だと思います。映画の表現方法は全く違うのだけど「時かけ」の持つ空気感はしっかりと受け継がれています。


時かけ01

リメイクではなく、アンサーシネマ?
 リメイクとか、続編ではなく。当時の「時をかける少女」に影響を受けたクリエーター達が、オリジナルに対して「返信」をおくる。そんな風に成長する映画も素晴らしいと思いまう。今度は、誰がどのように描くのだろうか ?







※肝心の映画は…、
8点




スポンサーサイト