FC2ブログ
カッパのみなソン
Selection vol.252

ホイチョイプロ製作第3弾。
波の数だけ抱きしめて 1991年 日本

波00

 1982年5月。大学4年の小杉、芹沢、裕子、真理子は、無線マニアの芹沢の提案で湘南にミニFM局を開設する事に…。DJを務める真理子は間もなく留学のためロスに行ってしまうが、互いに想いを寄せる小杉とは気持ちを伝えられないでいます。そこへ広告代理店に勤める吉岡が現われ真理子に急接近します…。(後は映画を観て下さい)



波02

「私をスキーに連れてって」「彼女が水着にきがえたら」に続くホイチョイプロ製作第3弾です。1982年の湘南を舞台に、若者たちのFM局運営と恋の行方を描く青春ストーリーです。真っ黒な中山美穂、織田裕二、別所哲也、松下由樹たちが我らの青春80年代をほろ苦く描きます。


たわごと03
まさに青春 !
「気まぐれコンセプト」で仕事柄なじみ深いホイチョイプロ。大ヒットした知世ちゃんの「私をスキーに連れてって」。織田裕二がブレイクした「彼女が水着にきがえたら」…。そしてこの作品。ホイチョイブームも少し飽きた頃の作品ですが、ワタシ的には、これが一番好きです。オンタイムでは観てませんが、今観るとまさにワタシ達(広告業界)の良き時代の青春期。代理店時代は毎日が「祭創り」。ストーリーがどうだかではなく、何とも懐かしい…。

なんとなく、ここが好き。
 例えば、当時大ヒットした「TOTO」のアルバム(LP盤)の封を切って、真新しいジャケットの匂いを嗅ぐ…。ターンテーブルのカートリッジの上にコインを乗っける…。ワタシもしました。そして部屋中がレコードクリーニングスプレーの匂いで充満していました。あのバチバチとし鳴るアナログレコードの音が心に染みました。


波03今でもよく聴きます、
TOTO IV 聖なる剣。

 言わずと知れた1982年に発表されたTOTOの大ヒットアルバムでです。グラミー賞でレコード・オブ・ザ・イヤーやアルバム・オブ・ザ・イヤーといった主要部門も含む6部門を受賞してます。この映画を観るとこのアルバムが聴きたくなります。





※肝心の映画は…、中山美穂と松下由樹がクロすぎる…。
カッパ採点7点






スポンサーサイト