FC2ブログ
カッパのみなソン
Selection vol.164

巨額の製作費で描く世界的超ベストセラー映画化。
レッド・オクトーバーを追え! 
1990年 アメリカ

レッド01

 ソビエト、ムルマンスク沿岸。副長ボロディンから出発の時を告げられたソ連最新鋭原子力潜水艦レッドオクトーバーの艦長ラミウスは、秘かな決意を胸に、艦の前進を命令する。その頃、CIAのアナリスト、ジャックライアンは、英国情報局から入手したレッドオクトーバーの写真を片手に、その謎の解明に奔走していました。レッドオクトーバーの不審な行動が次々と米国に報告される中、ライアンは、ラミウスが亡命するつもりなのかもしれない…と直感します。国家安全対策顧問ジェフリー・ペルトから、3日以内にラミウスの真意を証明するよう命じられたライアンは、直ちに北大西洋沖の米空母エンタープライズに向かう事に。一方モスクワから、レッドオクトーバー撃沈の命をうけたソビエト海軍の潜水艦コノヴァロフのツポレフ艦長は、レッドオクトーバーを追っていました…。
(後は映画を観て下さい)


レッド02


たわごと03
 大西洋に突然出現したソ連の最新原子力潜水艦レッドオクトーバーをめぐって繰り広げられる米ソ戦略を描いたトム・クランシーの同名ベストセラーを「ダイハード」のマクティアナンが監督の超大作です。長編小説の映画化だけに人物や背景が説明不足になっている所もありますが、主演のショーンコネリーがそれ以上に大人の魅力を発揮し十分見応えのある作品に仕上がっています。そして、主演をハリソン・フォードにバトンタッチした「ジャック・ライアン」シリーズは「パトリオット・ゲーム」「今そこにある危機」と続きます。

レッド03

骨太の男映画。
 ご存知、ショーンコネリー。そして初代ジャックライアンを演じるアレックボールドウィン。原作・脚本も然る事ながら出演者は何と全員男。そして行き詰まる潜水艦戦…、これぞ大人の男の映画です。艦長ショーンコネリーの判断力と分別、そして覚悟は素晴らしい!!

ワタシ的には「今そこにある危機」も大好きです。




8点



スポンサーサイト