FC2ブログ
2013.01.14 円谷英二
映画人02
episode.03

世界で初めて“特技監督”の称号を得た男
円谷00

円谷01

 円谷 英二(本名 円谷 英一 1901年7月10日〜 1970年1月25日)は、福島県須賀川市生まれの特撮監督、映画監督・撮影技師・発明家、株式会社円谷特技プロダクションの初代社長です。昭和における特殊撮影技術の第一人者であり独自に作り出した技術で特撮映画界に多大な功績を残したことから特撮の神様と呼ばれ、円谷の人生は活動大写真と呼ばれた明治時代の黎明期から、映画斜陽期を迎えた東宝解体までの日本映画界の歴史とそのまま重なっています。


たをごと02

ワタシ達の世代には身近な神様です。
 日本人ならだれもが知る特技監督。世界的名作「ゴジラ」をこの世に送り、映画界では超売れっ子監督。東宝で数々の名作と高収益をたたき出し、あの黒澤明とならぶ日本映画の巨匠。しかし、いきなりテレビの世界で、世界的な子供のヒーロー「ウルトラマン」をテレビドラマとしてスタート。毎週登場する個性的な怪獣と社会世相を反映させた魂の脚本。当時の子供も大人も熱狂しました。
 ワタシ達の世代では、ウルトラマン、ウルトラセブンは、オンタイムよりも再放送。しかし、あの名作「帰って来たウルトラマン」は、まさに少年期の憧れでした。

ウルトラマン


円谷英二監督が残した奇蹟。
 円谷英二監督が始めた日本の特撮は、精巧なミニチュアで作られた町や山や海を舞台に、怪獣やヒーローやスーパーマシンたちが活躍し、ワタシ達をワクワクさせてきました。しかし現在、特撮は、デジタル技術の発展と共に形を変え、その価値を見直す岐路に立たされていると言えます。「特撮映画」…。日本人が最も得意とする分野かも知れません。そして、彼の想いを継承する監督が世界は羽ばたく事を強く祈っています。

円谷02

伝説のテレビドラマ「ウルトラQ」のセカンドシーズンが、約半世紀の時を経てWOWOWに登場。
日本映画界を先導する4人の才能が驚異と不可思議の世界に挑む!

 円谷プロダクションが制作、1966年に放送された伝説のドラマ「ウルトラQ」は、ユニークな怪獣や宇宙人が次々に登場する特撮ドラマとして、その後の「ウルトラシリーズ」の礎となった作品。と同時に、さまざまな怪異現象を通して、環境破壊や人間性の喪失など、現実社会の闇に鋭く切り込んだ作品でもあった。そして現代、世界がなお抱える闇に迫るべく、全12話のまったく新しいドラマシリーズ「ネオ・ウルトラQ」が誕生! 気鋭のクリエイターたちがそろい、円谷プロダクション×WOWOWの共同製作によるセカンドシーズンがいよいよ始まりました。WOWOWホームページより

ネオ01


ネオ・ウルトラQの評価は…
5点



スポンサーサイト