カッパのみなソン
Selection vol.64

シリーズ第23作。史上最高の007映画がやってくる !
007 スカイフォール 2012年 イギリス・アメリカ

007-01

 NATOが世界中に送り込んでいるスパイのリストが盗まれる緊急事態が発生。英国の諜報機関MI6のエージェント007ことジェームズ・ボンドは、リストの収録されたハードドライブを取り戻すべくMの指示に従い、敵のエージェントを追い詰めます。しかし、その作戦が失敗に終り、組織内でのMの立場も危うくなった上、今度はMI6本部が爆破される事態に…(後は映画を観て下さい)


007-02

 ダニエル・クレイグ版ジェームズ・ボンドの3作目にして007シリーズ誕生50周年記念作となる通算23作目のスパイ・アクション大作。MI6への恨みを抱く最強の敵を前に、絶体絶命の窮地に追い込まれるジェームズ・ボンドと秘密のベールに包まれた上司Mが辿る衝撃の運命を、迫力のアクションとともにスリリングに描かれます。共演はM役のジュディ・デンチ、敵役には、「ノーカントリー」のハビエル・バルデム。監督はシリーズ史上初のアカデミー賞受賞監督の起用となった「アメリカン・ビューティー」「ロード・トゥ・パーディション」のサム・メンデス。



たをごと02
公開最終日、最終上映でやっと観ました。
 公開前から楽しみにしてたのに、上映当時は、シゴトが忙しく…。年末年始は風邪による高熱。しかし、しかし、本当に最後に観る事が出来ました。今日見逃すと、約半年後のブルーレイ。そんなに待てるか! の想いが勝ち…見事鑑賞。無理して観たかいがありました!!!

007-05

新シリーズ3作目にして、最高の出来映え。
 ワタシ達の世代のにわかボンドファンの方が、久しぶりに所謂「ゼロゼロセブン」を劇場に見に行った事なら…。どう感じるでしょう、多分怒るでしょうね ?ダンディで軽いアクションと美女情事…。そんな柔な概念は通用しません。血も流すし、アルコール依存症にもなり、体力も鈍る…。ボンドもワタシ達と同じクソオヤジなのです。そう、そんなオヤジが母なる(M)から子離れする成長の物語なのです。

スカイフォールの意味…。
 スカイフォールとは「天が落ちようとも(この世が終ろうともの意)正義を成就させよ」というラテン語の格言から引用されたものらしいです…。映画の中ではスコットランドのボンドの生家がある土地の名前で登場します。その「スカイフォール邸」は、ボンドの両親の墓もあり、彼自身の生い立ちも初めて紹介されます。なんと、ボンドは「こんな家 !」と自らダイナマイトとガスボンベで屋敷を爆破して敵の攻撃用ヘリを撃破します。これは幼少の頃から引きずった彼自身の過去を消し去る事で、その対するトラウマを消し去り、新たなボンドを復活を思わせます。

軍艦

なんと、軍艦島が…。
 ボンドの敵である元MI6エージェントが暮らしているマカオの沖合に浮かぶ廃墟の島「デッドシティ」。何処かで見た景色…。なんと長崎県のあの「軍艦島」をモデルにスタジオセットとして作られたそうです。たしか、我が県のお隣、香川県の「直島」でも、007のロケ誘致をしています。007シリーズはご存じの通り、昔から意外と日本との繋がりが強い作品です、非常に楽しみです。

ついに完全復活、新ジェームズ・ボンド !



9点訂正


スポンサーサイト
いつかみた映画
【其の二一】

脱出できるか、救出なるか、今世紀最大のスペクタクルアドベンチャー。
タワーリング・インフェルノ 1974年アメリカ

タワー00

 サンフランシスコの空にそびえ立つ138階建ての世界一高い超高層ビル「グラス・タワー」が落成の日を迎えました。設計者のダグ・ロバーツとオーナーのジム・ダンカンは屋上に立って眼下にひろがる市の光景を見下ろしていました…。そんなロバーツは疲れていて、一刻も早くコンクリートの大都会からのがれ出て、大自然のふところに飛び込みたかった…。工事主任のギディングスと打合わせをすませたロバーツは婚約者のスーザン・フランクリンと久しぶりに二人だけの時間をもちます。惨事は、そのときすでに始まっていた。ビルの地下室にある発電機が故障したため主任技師のキャラハンが予備の発電機を始動させたとたんショートし、81階にある物置室の配線盤のヒューズが火を発し、燃えながら床に落ちた絶縁体の破片が発動機のマットをくすぶらせ始めたのです…(後は映画を観て下さい)


たをごと02

タワー04

当時としては、破格の当時の製作費42億 !
 20世紀フォックスとワーナー・ブラザースが別個に企画していたビル火災の映画を合作です。オールスター・キャストで映像化した超豪華なパニック超大作です。迫力ある火災シーンは無論、個々の登場人物もしっかりと描かれ、長尺にもかかわらず見応えある商業映画としての名作です。

何と言ってもこの二人 !
 ポール・ニューマンとスチーブ・マックィーン。当時大人気の二大俳優が競演。当時の映画ファンたちは、きっと驚愕したことでしょう? 出番の多さからして、どちらかと言えばポール・ニューマンが主役かなぁ…、しかし後半スチーブ・マックィーンが登場し、圧倒的な存在感を魅せます。これが役者の戦いであり、見ている方がゾクゾクします。

タワー02

ちょっと一言 !
 ワタシがこの映画を観たのは、確か中学校1年生のときです。東映の漫画祭りや東宝のゴジラからそろそろ卒業し、洋画の面白さを知った頃でした。そして、この超大作…。ビックリしました、映画って凄い…、そして、アメリカ映画の強さを痛感しました。ある意味、アメリカ映画にハマった記念すべき作品です。


9点訂正





カッパのみなソン
Selection vol.63

運命の恋なんて、あるに決まってる。
(500)日のサマー 2009年アメリカ

500日01

 グリーティングカードの会社に勤める建築家志望のライター、トム。彼はある日、アシスタントとして入社してきたサマーに一目惚れしてしまいます。それが彼にとって運命的に出会った彼女との1日目でした。そして4日目には、エレベーターの中で好きな音楽の話をしたことをきっかけに、2人は会話を交わすようになっていきます。28日目、トムはサマーに彼氏がいないこと…。(後は映画を観て下さい)

500日02

 運命の恋を信じるナイーヴな青年が、対照的な恋愛観の女性と辿る甘くてホロ苦い500日の愛の軌跡を綴った少し変わったロマンティックコメディです。真実の愛など信じないちょっと風変わりな女の子と恋に落ちた主人公に訪れる様々な感情の変遷を、その心象風景を趣向を凝らした映像で表現しつつ、男目線からリアルに描かれます。主演は「バッドマンライジング」のジョセフ・ゴードン=レヴィットと「ハプニング」のゾーイ・デシャネル。監督はこれまで数々のミュージッククリップを手掛け、本作でも素敵な音楽を醸し出す新鋭マーク・ウェブ。


たをごと02

運命の恋を信じるトムと信じないサマー…?
 観なければと思いながらも、何故か後回しにしていました。決して嫌いなテーマでも無いのですが、500日のすれ違いを観る…、それが何とも嫌でした。しかし、決して後ろ向きに考える映画ではなく、人生の出会いと可能性をある恋愛を500日に凝縮して魅せてくれます。
人生って不思議なものですね…。



500日05只今、引っ張りだこです !
ジョセフゴードン レヴィット
6歳の頃から子役として活躍、10歳のとき「リバー・ランズ・スルー・イット」で映画デビューを果たします。2000年コロンビア大学に進学し、一時期俳優業から離れるも復帰後は多様な役に挑戦し子役のイメージを払拭。「セントアンナの奇跡」「G.I.ジョー」などに出演する、ハリウッドを代表する若手俳優の一人です。この作品で第67回ゴールデングローブ賞等々、注目の俳優の一人です。



6点






ドラマのツボ
part.05

テレビ60周年記念、NHK渾身のテレビドラマ。
メイドインジャパン 2013年 NHK

メイドイン

 タクミ電機営業部長・矢作は、譲原会長の勅命で余命3カ月の会社倒産の危機を回避するため、再建戦略室を立ち上げます。財務課長・柿沼、工場長・西山など7人の社員が秘密裏に集められ、リチウムイオン電池市場で勝負をかけることになります…。しかし中国企業ライシェがタクミの技術を盗用し、ヤマト自動車との契約も奪われ…、矢作は柿沼たちと中国に渡り、技術の対価として5000億円を要求、そこに現れたのはかつての同僚の技術者迫田でした…。
(後は今後のドラマを観て下さい)



たをごと02

 NHKがテレビ60年記念ドラマ「メイドインジャパン」を制作。先週の土曜日から連続3週連続で放映されます。日本を代表する大手電機メーカーが倒産寸前の絶体絶命のピンチに陥り極秘に選ばれた社員7人が倒産回避に向けて奔走するストーリーである。

現在の七人の侍です !

メイドイン01

 なんと日本の代表企業である、ソニーやシャープ、パナソニックは大赤字が続き、会社存亡の危機に…こうした状況下において時宜を得たテーマといえます。そして、脚本には、ヒットメーカー井上由美子、そして主演は、テレビドラマの申し子唐沢寿明。この二人は、ご存知「白い巨塔」の名コンビです。さすがに息のあった、自信に満ちたドラマとして仕上がっています。

エンディングは、太田裕美。
 なんとエンディングは、ワタシの大好き太田裕美さんが歌います…! 歌われるのは『希望』という名の曲。そして、この曲は、タクミ電機の「社歌」。非常に面白い企画です。製作者の「遊び」が見受けられます。

ちょっと一言 !

メイドイン02

 第一話のワタシのお気に入りのシーンです。上海の工場作業員の流れに敢えて、逆流する日本の企業戦士。このシーンこそが、このドラマの根っこだと思います… NHKのドラマは、その辺の日本映画が忘れた「魂」があります。あと2作楽しみです。


8点




2013.01.27 崖っぷちの男
カッパのみなソン
Selection vol.62

いま、起死回生のショータイムがはじまる。
崖っぷちの男 2011年アメリカ

崖00

 マンハッタンの高級ホテル…、ひとりの男が21階の窓枠を乗り越え、幅わずか30㎝の縁に立ち、いまにも飛び降りようとしていました。街中が騒然とする中…男は交渉の相手として女性刑事リディアを指名します?
やがて男の素性が、NY市警の元警察官ニック・キャシディと判明。ニックは30億円のダイヤ横領の罪で服役中で、父親の葬儀で仮出所中に脱走したのでした…。(後は映画を観て下さい)


たをごと02
 「タイタンの戦い」のサム・ワーシントン主演のサスペンスアクション。NYの高層ビルから飛び降りようとする男が説得を試みる女刑事を相手に緊迫のやりとりを繰り広げる中、次第に男の隠された狙いが明らかとなっていくさまを予測不能の展開でスリリングに描き出しています。

崖03

非常に地味…、しかし最高に面白い。
 崖っぷち〜と聞いて、大体の想像がつきます。しかし、この映画は、想像以上にスリリングです。少しご都合主義の脚本ですが、今までにない切り口が斬新でワクワクします。主演のサム・ワーシントンも超大作主演の実績も多々あるのに…何故か俳優としては地味。まぁ、それが彼の持ち味なのでしょう。

崖02

レンタルで再発見される名作。
 この手の映画は、勝手な想像ですが劇場では思っていた程に動員できなかったはずです。面白いけど華が無い…。よくある悲しい結果です。しかし、それも映画のサダメなのです。しかし今の時代の凄い所は、その後のメディア商戦です。ブルーレイ、DVDのAVソフトとしての再販。そして、レンタル映画としてのリリース。この映画が、たったの300円程度で楽しめる事実は、映画ファンとしては幸せな時代です。

… 思っている以上の映画です !



8点



映画的旅情
【其の六】

ひと筆にかけた、思いがある !
書道ガールズ ! わたしたちの甲子園 
2010年日本


書道01

 紙の町愛媛県四国中央市。四国中央高校の3年生早川里子は、書道家を父に持つ書道部部長。しかし、部員たちの心はバラバラでいまや廃部寸前でした。里子自身も紙と向き合いながらも満たされないものを感じていたのでした。
 臨時顧問の池澤からも「つまらない字」と切り捨てられ、ますます迷いが生じてしまいます…。さらに、池澤が音楽に乗せて披露したパフォーマンスに部員の清美までもがすっかり夢中になってしまう始末…(後は映画を観て下さい)


たをごと02

書道02
初々しい、書道ガールズ勢揃い! 
高畑充希、山下リオ、成海璃子、桜庭ななみ、小島藤子

先日、地上波でオンエアーしてました。
 大きな紙の上で、音楽に合わせてダンスなど身体全体を使いながら魅せる書道を行い、書の腕とパフォーマンスを競い合う「書道パフォーマンス甲子園」紙の町愛媛県四国中央市で開催され、いまや全国規模のイベントに発展した競技の誕生に秘められた女子高生たちの感動の実話を基に描く青春ストーリーです。主演は「武士道シックスティーン」の成海璃子。監督は「マリと子犬の物語」の猪股隆一が爽やかに熱く描きます。
 
舞台は、お隣四国中央市。
 四国中央市(旧川之江市)は、愛媛県の東端部に位置し、東は香川県に、南東は徳島県、更に南は四国山地を境に高知県と4県に接する地域です。

書道04

違う事でも、有名になってしまいました…
 紙の町、四国中央市で、「浸透加工紙」「障子紙・書道用紙」「祝儀用品」は全国1位、「手漉き和紙」は全国2位を占め、愛媛県のパルプ・紙・紙加工品製造業出荷額は全国上位を占めています。また、水引細工は、愛媛県と長野県が国内の二大産地となっています。紙おむつ、衛生用品などで知られるユニ・チャームや製紙業大手の大王製紙は、四国中央市を発祥としており、今でも同市に主要な生産拠点をもっています。
まさに、紙の町なのです。

そして、書道ガールズが書いた文字は… 再 生。

再生

 しかし、彼女たちは書道パフォーマンス甲子園では敗北します。しかし「再生」の文字に込めたメッセージは、日本中の大人たちに届きました。もちろんワタシにも届きました!! 
書道ガールズ あっぱれ!!


カッパ採点7点





カッパのみなソン
Selection vol.61

それは究極のサバイバル。戦うことでしか、生き残れないのか…?
ハンガー・ゲーム 2012年アメリカ

ハンガー01

 強大な権力を一手に握る独裁者が君臨する国家パネム。そこはエリート階層が暮らす最先端都市キャピトルとそれに隷属する12の貧困地区で構成されていました。独裁者は反乱の抑止を目的に毎年、全12地区からそれぞれ12から18歳の男女一人ずつを選出して、最後の一人になるまで殺し合いをさせ、それを完全生中継する見せしめイベント“ハンガーゲーム”を開催していました。そのプレイヤーの抽選会で、第12地区からは12歳の少女プリムが選ばれてしまいます…。(後は映画を観て下さい)


ハンガー02

 全米の若者から熱狂的に支持されたスーザン・コリンズの同名ベストセラー・シリーズの映画化第1弾にして、全米で空前の大ヒットを記録したティーンズ・サバイバル・アクション。はるか未来の独裁国家を舞台に、テレビ中継の下で最後の一人になるまで殺し合いを繰り広げる戦慄のサバイバルゲームに、妹の身代わりとなって参加したヒロインの過酷な運命をスリリングに描きます。
主演は「ウィンターズ・ボーン」のジェニファー・ローレンス、共演にジョシュ・ハッチャーソン、リアム・ヘムズワース。監督は「シービスケット」のゲイリー・ロスが斬新な映像で描きます。


たをごと02

なんで今更、バトルロワイヤル…?
 この映画の情報を最初に見た人は、誰もがアメリカ版「バトルロワイヤル」と思うはずです。映画の世界観は違いますが、基本テーマや架空の空間の使い方等はよく似ています。そして、肝心のこの「ハンガーゲーム」の出来映えは…と聞かれると非常に微妙です。意外だったのは、メインの森林での生き残りゲームよりも前半の様々なエピソードの方が面白い。期待以上の出来映えで、それなりに見入ってしまいます。しかし、後半は正直お粗末。都合のいいルール改定と中途半端なエンディング…。

ハンガー03

まぁ劇場ではなく、家で観るにはちょうど良いかも ?


6点



いつかみた映画
【其の二十】

日本が生んだ天才アニメーター押井守監督の代表作。
うる星やつら2
ビューティフル・ドリーマー
 1984年日本


うる星00

 あたるの通う友引高校は、本番を明日にひかえて文化祭の準備に大わらわでした。しかし翌日になってもやはりあたるたちは文化祭の準備をしていた。実は友引高校のみんなは同じ日を延々と繰り返していたのでした。事態に気付いた担任の温泉マークと養護教諭サクラは原因を究明しようとみんなを下校させるが、無事帰り着けたのはあたるとラムだけ? みんなは何度帰ろうとしても、友引高校に戻ってきてしまう…(後は映画を観て下さい)


うる星01

 キュートな異星人ラムと、超女好き高校生あたるが連日のように巻き込まれる、突拍子もない超常現象や奇妙な事件を描く、ハイパーテンションSFラブコメディの劇場版PART2。脚本・監督を「攻殻機動隊」の押井守監督が務めた。押井守監督の世界の原形とも言われています。


たをごと02

今更ながら、このアニメは日本映画の名作。
 ご存知「うる星やつら」は、女性漫画家高橋留美子氏の代表作です「少年サンデー」で連載され独特の世界観と魅力的なキャラクターで人気を得ました。そしてお決まりのテレビシリーズ。当時は、まだアニメのゴールデンタイムでオンエアーされていた時代で、それなりに人気もあり、ラムちゃん現象を起こしていました。そして、お決まりの映画。劇場版第1作「うる星やつらオンリーユー」が製作され…。そしてこのPART2。前回とは打って変わり押井ワールド全快の快作。巨大ロボットや冒険活劇がアニメじゃない! 日本アニメに新たな希望を見いだした名作です。

うる星02

ちょっと一言 !
最初にこの映画を劇場で観たのは、カレコレ30年程前。確か知り合いの子供を連れて仕方なく観に行った記憶があります。それなりに観ていて、一緒に行っていた子供は退屈で、いやいや付き添ったワタシが見入ってました。単に流行ものを映画にしたのではなく、ブームを利用した押井監督の「うる星やつら」でした。改めてアニメの可能性を痛感しました。


8点


 
2013.01.23 戦火の馬
カッパのみなソン
Selection vol.60

馬とその飼い主の青年との友情と奇跡の物語。
戦火の馬 2011年アメリカ

戦火01

 第一次大戦前夜のイギリス。農村の小さな牧場で一頭の仔馬が誕生します。
その仔馬は貧しい農夫テッドによって競り落とされ、少年アルバートの家にやってくる事に…、そしてジョーイと名付けられた仔馬は、アルバートの愛情を一身に受けて、賢く気高い名馬へと成長していきます。しかし戦争が始まると、アルバートが知らないうちにイギリス軍へ売られてしまうジョーイ…(後は映画を観て下さい)


戦火02

 巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督が第一次大戦を舞台に、軍に徴用され最前線に送られた一頭の馬とその飼い主の青年との友情と奇跡の物語を美しい映像とともに描いた感動ドラマです。マイケル・モーパーゴの同名児童文学を映画化した珠玉の逸品です。


たをごと02
 昨今のスピルバーグ映画の中で、一番好きな一本です。彼の優しさと、反戦の想いを馬と少年の友情を通して見事に表現しています。映像的にも力強く、あの「プライベートライアン」を彷彿させる映像です。

戦火03


8点





カッパのみなソン
Selection vol.59

史上最低格闘技が世にも醜く繰り広げられる…
モンスター・トーナメント
世界最強怪物決定戦
 2011年カナダ

モンスター01

 かつては人々を恐怖の奈落に突き落とした伝説のモンスターたちも、科学が発達した現代社会では過去の遺物として忘れ去られている。人々から蔑まされて石を投げられる者、人目を忍んで郊外でひっそりと暮らし、細々と生計を立てる者もいます…、しかしある夜、彼らに再びスポットライトが当てられることになった。世界中から召喚されたモンスターたちが己の力と情熱を余すことなく発揮し、世界最強のモンスターを決定する『モンスタートーナメント世界最強怪物決定戦』が、ヒルサイド共同墓地で開催されるのでした…。(後は映画を観て下さい)

たをごと02

正直ワタシには、よくわかりません…
 世界三大怪物と称されるヴァンパイア、オオカミ男、フランケンシュタインをはじめ、魔女、ミイラ男、ギリシャ神話の巨人サイクロプス、近年活躍が著しいゾンビ、正体不明のスワンプ・ガット等、古今東西のモンスターたちが、なんとも醜い格闘を繰り広げます。元WWFのレスラーで「インモータルズ」「300」等でも活躍したロバートメイレット、現WWEのレスラー、ケヴィンナッシュほか、格闘自慢の俳優たちが繰り広げる迫力満点のアクションは、プロレスファンも納得のクオリティらしい…ジャンルの垣根を越え他に類を見ない本作は、ファンタジア国際映画祭観客賞受賞をはじめ、世界各国の映画祭でも絶賛された(ホンマかいな)

モンスター02

これも映画だと感じました。
 苦手な映画なのですが、映画としてのパワーは感じます。映画は魔法です…。製作者の想いで何事も可能です。とんでもない馬鹿げた事でも真剣に取り組む事で夢がカタチになり多くの方にパワーを授ける事が出来るのです。しかし、ワタシ的には、この映画を見てプロレスアニメの金字塔「タイガーマスク」の「覆面選手権」を思い出します。ミイラ男やライオンマン…、個性的なレスラーに我らのタイガーが挑みました。日本アニメの名作です。

タイガー


5点



2013.01.21 東京物語
いつかみた映画
【其の十九】

小津安二郎 監督の最高傑作。
東京物語 1953年日本

東京01

 周吉、とみの老夫婦は住みなれた尾道から20年振りに東京に…。途中大阪では三男の敬三に会えたし、東京では長男幸一の一家も長女志げの夫婦も歓待してくれて、熱海へ迄やって貰いながら、何か親身な温かさが欠けている事がやっぱりものたりなかったのでした。それと云うのも、医学博士の肩書まである幸一も志げの美容院も、思っていた程楽でなく、それぞれの生活を守ることで精一杯にならざるを得なかったからです。周吉は同郷の老友との再会に僅かに慰められ、とみは戦死した次男昌二の未亡人紀子の昔変らざる心遣いが何よりも嬉しかったのです…(後は映画を観て下さい)

東京05

 日本映画を代表する傑作の1本。巨匠小津安二郎監督が、戦後変わりつつある家族の関係をテーマに人間の生と死までをも見つめた深淵なドラマです。いまでは失われつつある思いやりや慎ましさといった「日本のこころ」とでもいうべきものを原節子が体現しています。家でひとり侘しくたたずむ笠智衆を捉えたショットは映画史上に残る名ラストシーンのひとつです。


たをごと02

誰もが認める、日本映画の名作。
 映画関係者いわゆる映画評論家が選ぶ名作日本映画に必ず、上位にエントリーされる日本映画の名作です。もちろん、尾道応援団のワタクシ的にも神様的な存在の作品です。確かにこの映画は、日本人の心を描いた名作です。

東京06

そして、今「東京家族」… 
 ワタシはまだ観てませんが、この映画は、名匠・山田監督が日本の家族を描くドラマです。幅広い世代が楽しめる内容となっているようで、特に親元を離れて生活している単身者や、結婚して実家を離れている人などは「家族とは何なのか」を見つめ直すことの出来る脚本らしいです。

ちょっと一言 !
 山田監督は大好きです。しかし「東京物語」のリメイクはワタシ的には、やはり大林監督で尾道で撮って欲しかった…。勝手な妄想ですが、年を重ねた友和・百恵ちゃんのゴールデンコンビ復活を夢見ました。「東京物語」は、やはり尾道が似合います。


9点訂正


カッパのみなソン
Selection vol.58

ブラット・ピットの魅力が、すべてこの映画にある…!!
リバー・ランズ・スルー・イット 
1992年アメリカ

リバー01

 年老いたノーマン・マクリーンは故郷の川でフライフィッシングをしながら、若き日を回想していた。1912年モンタナ州ミズーラ。10歳のノーマンと8歳のポールは、父親のマクリーン牧師にフライフィッシングと勉強を教わっていました。ノーマンの夢は牧師かプロボクサーになること、ポールの夢はプロのフライフィッシャーでした。19年ノーマンは東部のダートマス大学に進学し、7年後ノーマンがやっとミーズラに戻った時、父は歓迎の言葉のかわりに将来の進路を決めかねているノーマンを批判します。一方ポールは地元の大学を卒業し、地方新聞の記者をしていました。ノーマンは、弟が酒と賭けポーカーにのめり込んでいるのを知るのでした…。(後は映画を観て下さい)

リバー03

ロバート・レッドフォードが「ミラグロ/奇跡の地」に続き3度目の監督を手掛けた作品。
 1912年のモンタナ州の田舎町ミズーラを舞台に、牧師の父を持つ2人の兄弟の確執と絆を、優雅なスタイルを持つフライフィッシングを通して描く。原作はシカゴ大学教授ノーマン・マクリーンが74歳で執筆した自伝的処女作「マクリーンの川」です。美しく流れる渓流の中、若き日の葛藤を洗い流すかのごとく釣り糸を風になびかせる兄弟…。ノスタルジックに描かれたおぼろげに輝く水の流れには、観る者の心に忘れかけていた若き日々の想い出を振り返らせられます。あまりに美しい情景に救われた感はあるが、映画としては平凡なドラマを中だるみせず、青年が大人になる一過程のはかなくも愛しい青春のイメージを再現したレッドフォードの演出は素晴らしい。本作で主演を演じたブラット・ピットは、少年の面影を残したキャラクターを素直に表現。若手俳優としての地位を確実なものとしました。

たをごと02

リバー04現在のブラッド・ピットの顔立ちは、この映画の頃のアイドル的美貌からは、やや遠ざかりました…。しかし、彼のこれまでのキャリアを踏まえてこの映画を見直すと彼の原点と彼のすべてが見えてきます。ワタシ的には、彼の作品の中で一番好きな作品です。


8点




カッパのみなソン
Selection vol.57

それは、細胞のひとつ一つが単独で生きている…
遊星からの物体Xファーストコンタクト 2011年アメリカ

遊星01

 ある日、南極大陸の太古の氷層から未知の生命体が発見されます。さっそくコロンビア大学の古生物学者ケイトが、調査のためにノルウェー基地へと…。しかし、発掘された生命体が生き返り隊員たちを襲い始めます。その生命体は取り憑いた生物に擬態する能力を持っており、体内に侵入されてもしばらくは誰も気づくことができなかった。しかもケイトの研究によれば、すさまじい勢いで増殖している…(後は映画を観て下さい)


たをごと02
 ジョン・W・キャンベルの傑作短編SF『影が行く』の51年のハワード・ホークス製作版、82年のジョン・カーペンター監督版に続く3度目の映画化。カーペンター版をベースにその前日譚を描くSFホラーです。南極のノルウェー基地で発見された未知の生命体によって隊員たちが次々と犠牲になっていくさまと、誰の体内に侵入したか分からず隊員同士が互いに疑心暗鬼に陥っていく恐怖を、特殊メイクをメインにしたSFホラー演出で描き出していきます。主演は「スコット・ピルグリム vs邪悪な元カレ軍団」のメアリー・エリザベス・ウィンステッド。監督はテレビCMを中心に活躍、これが長編デビューとなるマシーズ・ヴァン・ヘイニンゲン。

遊星03

得意な映画ではないのですが…
 正直この種の映画は、あまり好きではない。確かに映画的な切り口であり映像ととても面白い。しかし、ここまでいくと「怖い」よりも「汚い」と思ってしまう。ただジョン・カーペンター監督の80年代の名作「遊星からの物体X」の続編であり、はじまりの章となると、映画ファンとしては観ない訳にはいかない…。と少々仕方なく観た作品ですが、予想していたよりも遥かによくできていました。映像は予想どうりですが、心理的描写とラストの表現方法が、中々良く出来ていました。やぱり映画も食べず嫌いはいけません…。と反省しました!!

遊星02


カッパ採点7点


カッパのみなソン
Selection vol.56

異星人をモーチフにした社会派映画。
宇宙人王(ワン)さんとの遭遇 2011年イタリア

ワンさん01

 中国語通訳のガイア宅に1本の電話がかかってきます…。今から緊急で通訳をして欲しいと依頼でした、2時間で2300ユーロという高給につられガイアは承諾するのですが、迎えの男、イタリア秘密警察のキュルティは彼女に目隠しを強要、辿りついた場所は厳重に閉鎖された真っ暗な地下室でした…。(後は映画を観て下さい)

ワンさん02

 イタリアに現われたエイリアンが中国語を話すというユニークな設定で贈るイタリア製インディSF。監督はマルコ&アントニオ・マネッティ兄弟が描く新感覚の社会派映画です。

たをごと02
 この映画は、異文化や異文明と出会ったとき、相手に良心や善意を期待するのは墓穴を掘る結果になる…?? 中国語を話す人々…。ワタシ達日本人の今そこにある問題とよく似ているような気がします。領土問題でくすぶっているワタシ達日本人にとっては、複雑な気持ちにさせられます。

そして、彼女が見たものは…
これ以上は、書きません。映画を観て下さい…、正直ワタシは、悲しいです。

ワンさん04



8点


カッパのみなソン
Selection vol.55

往年のライダーファン必見、真・仮面ライダー !
仮面ライダー THE FIRST 2005年日本

ライダー01

 将来を嘱望されていた青年・本郷猛は、悪の組織ショッカーの陰謀でバッタの能力を持った改造人間仮面ライダーへと変えられ、悪の手先として利用されてしまいます。しかし、ふとした切っ掛けで自我が目覚めた本郷は、深い悲しみを抱えたまま組織を抜け出します。その頃、ショッカーにより婚約者・矢野克彦を殺された雑誌記者の緑川あすかは、本郷を犯人と思い込み憎しみを抱いていました。一方、ショッカーは矢野と瓜二つの男・一文字隼人を仮面ライダー2号に改造し、本郷への刺客として送り込みます…(後は映画を観て下さい)

ライダー02

 30年以上にわたって世代を越えて愛され続けてきた仮面ライダー・シリーズ。本作は時代とともに様々な仮面ライダーを生み出してきた同シリーズの原点である、仮面ライダー1号&2号を現代に甦らせた劇場版ヒーローアクションを誕生させました。

たをごと02
 バットマン、スパイダーマン、ハルク、アイアンマン…、最近のワタシのブログにもよく登場します。しかし、日本にも絶対的なダークダークヒーローが存在します。そう、ワタシが幼い頃に登場した石ノ森章太郎先生の代表作「仮面ライダー」。今でも子供達のヒーローとして大活躍です。しかし、昨今のライダーは…、なんとマジシャン?? 一体なんなんだ!! そんな不満の打ち消すためにライターファンの製作者達が、真のライダーファンのため、自分たちの為に挑戦した真・仮面ライダーです。

ライダー03

石ノ森章太郎ライダーを継承。
 ご存知仮面ライダーは、実写版のテレビシリーズとして大ブレイクした作品です。しかし原作は、石ノ森章太郎先生の少年マンガです。確か「週刊ぼくらマガジン」で連載され…、廃刊後「週刊少年マガジン」へ移行されました。
 当初のライダーの定義は、人間からバッタの改造人間へと変身し、変身後の顔のキズを隠すためにマスクをつける…。変身方法は、風のチカラ。バイクに乗ってベルトに風圧を吸収させ変身し、マスクをかぶる。それこそが、仮面を付けたライダー。この概念をこのシリーズは、継承しテレビのライダーではなく、マンガの仮面ライダーへのオマージュとして製作されています。ライダーのデザインやディテールは、往年のライダーファンには涙なしには見れません。


肝心の映画は…
5点





2013.01.16 ブリキの太鼓
いつかみた映画
【其の十八】

大人になることを拒否した、少年の不思議な物語。
ブリキの太鼓 1979年西ドイツ・フランス

ブリキ001

 1899年のダンツィヒ。その郊外のカシュバイの荒野で4枚のスカートをはいて芋を焼いていたアンナは、その場に逃げてきた、放火魔コリャイチェクをそのスカートの中にかくまりました。それが因でアンナは女の子を生んだ。第一次大戦が終り、成長したその娘アグネスはドイツ人のアルフレート・マツェラートと結婚しますが、従兄のポーランド人ヤンと愛し合いオスカルを生むことに…(後は映画を観て下さい)



たをごと02
 ポーランドのダンチッヒを舞台に、3歳で自らの成長を止めた少年オスカルの視点で、1927年〜1945年の激動の時代を描いた異色の大力作です。
 ブリキの太鼓を叩き奇声を発しガラスを割るという不思議な力も身につけたオスカ。従兄との不倫を続ける母親…臆病者の父、画面は時代が産んだ奇異なキャラクターとグロテスクな描写に溢れ、その毒気たるや凄まじいばかりです。

ブリキ02

非現実的かつリアルな世界観。
 確かこの映画を観たのは、18歳の時です。地元の名画座で名画座で観ました。映画の内容がどうとかではなく、映画としての不思議な世界観と映像の衝撃は今でも鮮明に覚えています。今まであまり観た事のない映画にショックを受けました。そして、その何ヵ月後に「旅芸人の記憶」を観ました…。言葉で表せません(ゴメンナサイ)凄すぎます…!!

ブリキ03
角川書店から
待望のブルーレイ化。

50歳を超えた今、この映画を改めて観てみようと思います。30年の歳月が、ワタシの中でどのように変化しているのかが…、楽しみです。



9点訂正


カッパのみなソン
Selection vol.54

日本よ、これが映画だ。
アベンジャーズ 2012年アメリカ

アベンジャーズ01

 国際平和維持組織シールドで研究中だった四次元キューブが地球の支配を目論む邪悪な神ロキに奪われ、地球は史上最大の危機に直面します。長官のニック・フューリーは周囲の反対を押し切り、スーパー・パワーを持つヒーローを集めて最強チーム「アベンジャーズ」を結成することを決断、シールドのエージェントとなった魔性のスパイ、ナターシャ・ロマノフらとともにヒーローたちの招集に乗り出します。こうしてトニー・スターク(アイアンマン)、スティーブ・ロジャーズ(キャプテン・アメリカ)、ブルース・バナー(ハルク)、そしてロキの兄ソーがシールド本部に勢ぞろいしますが…(後は映画を観て下さい)

アベンジャーズ02

 アイアンマンやハルク、キャプテン・アメリカはじめマーベル・コミックが誇るスーパー・ヒーローたちによって結成されたドリーム・チーム「アベンジャーズ」を実写映画化する夢の企画がついに実現し、全米で空前の大ヒットを記録したSFアクション超大作。出演はこれまでに単独で映画化された「アイアンマン」「キャプテン・アメリカ」「マイティ・ソー」でそれぞれタイトル・ロールを演じたロバート・ダウニー・Jr、クリス・エヴァンス、クリス・ヘムズワースに加え、スカーレット・ヨハンソンが「アイアンマン2」に続いてのブラック・ウィドウ役で、マーク・ラファロとジェレミー・レナーがそれぞれハルクとホークアイ役で夢のに参戦。またサミュエル・L・ジャクソンもアベンジャーズのまとめ役となるニック・フューリーとして登場。地球最大の危機に集められたスーパー・ヒーローたちが、互いの意地とプライドから反発と衝突を繰り返しながらも最強チーム「アベンジャーズ」として戦いに臨む姿を、ユーモアを織り交ぜ迫力のアクションで描きます。



たをごと02

日本よ、これが映画だ!
 職業的なものなのか、どうしてもこのキャッチコピーが一番気になります…「日本よ、これが映画だ」。凄いコピーです。もちろん、アメリカの製作会社の発案したのではなく、日本の映画宣伝部が考えたキャッチコピーだと思いますが、結構、的を得てます。そう映画の内容はともかく、こんなハチャメチャでメチャクチャ楽しい企画を破格の製作費で世界的商業映画として真剣に取り組むハリウッド。日本映画にもこんに馬鹿げた本物が欲しい…。そこそこの製作費とテレビ局絡みの企画には少々ウンザリしてます。(すみません…)


ハリウッドよ、これも映画だ!

踊る02テレビ企画映画の代表作「踊る大捜査線」もさすがに負けてません。「ハリウッドよ、これも映画だ」のキッチコピーで反撃…。これも凄い、亀山千広プロデューサーさすがです!! しかし、興行的に立ち向かったのは「るろうに剣心」でした。



6点





2013.01.14 円谷英二
映画人02
episode.03

世界で初めて“特技監督”の称号を得た男
円谷00

円谷01

 円谷 英二(本名 円谷 英一 1901年7月10日〜 1970年1月25日)は、福島県須賀川市生まれの特撮監督、映画監督・撮影技師・発明家、株式会社円谷特技プロダクションの初代社長です。昭和における特殊撮影技術の第一人者であり独自に作り出した技術で特撮映画界に多大な功績を残したことから特撮の神様と呼ばれ、円谷の人生は活動大写真と呼ばれた明治時代の黎明期から、映画斜陽期を迎えた東宝解体までの日本映画界の歴史とそのまま重なっています。


たをごと02

ワタシ達の世代には身近な神様です。
 日本人ならだれもが知る特技監督。世界的名作「ゴジラ」をこの世に送り、映画界では超売れっ子監督。東宝で数々の名作と高収益をたたき出し、あの黒澤明とならぶ日本映画の巨匠。しかし、いきなりテレビの世界で、世界的な子供のヒーロー「ウルトラマン」をテレビドラマとしてスタート。毎週登場する個性的な怪獣と社会世相を反映させた魂の脚本。当時の子供も大人も熱狂しました。
 ワタシ達の世代では、ウルトラマン、ウルトラセブンは、オンタイムよりも再放送。しかし、あの名作「帰って来たウルトラマン」は、まさに少年期の憧れでした。

ウルトラマン


円谷英二監督が残した奇蹟。
 円谷英二監督が始めた日本の特撮は、精巧なミニチュアで作られた町や山や海を舞台に、怪獣やヒーローやスーパーマシンたちが活躍し、ワタシ達をワクワクさせてきました。しかし現在、特撮は、デジタル技術の発展と共に形を変え、その価値を見直す岐路に立たされていると言えます。「特撮映画」…。日本人が最も得意とする分野かも知れません。そして、彼の想いを継承する監督が世界は羽ばたく事を強く祈っています。

円谷02

伝説のテレビドラマ「ウルトラQ」のセカンドシーズンが、約半世紀の時を経てWOWOWに登場。
日本映画界を先導する4人の才能が驚異と不可思議の世界に挑む!

 円谷プロダクションが制作、1966年に放送された伝説のドラマ「ウルトラQ」は、ユニークな怪獣や宇宙人が次々に登場する特撮ドラマとして、その後の「ウルトラシリーズ」の礎となった作品。と同時に、さまざまな怪異現象を通して、環境破壊や人間性の喪失など、現実社会の闇に鋭く切り込んだ作品でもあった。そして現代、世界がなお抱える闇に迫るべく、全12話のまったく新しいドラマシリーズ「ネオ・ウルトラQ」が誕生! 気鋭のクリエイターたちがそろい、円谷プロダクション×WOWOWの共同製作によるセカンドシーズンがいよいよ始まりました。WOWOWホームページより

ネオ01


ネオ・ウルトラQの評価は…
5点



いつかみた映画
【其の十七】

サスペンスの巨匠ヒッチコックの集大成。
北北西に進路を取れ 1959年アメリカ

北北西01

 広告代理業者ロジャー・ソーンヒルは、ニューヨークのホテルから無理やり2人の男に連れ出された。給仕がキャプランという男を呼びだしていた時、電話に立ち上がったので、間違えられます…。海の近くの邸宅で、主人のタウンゼントと称する男は“仕事”への協力を強いた。断ると、彼を泥酔させ、車のまま海へ突き落とそうとした。危く逃れたが、パトロールカーに酔っぱらい運転で捕まります…(後は映画を観て下さい)


たをごと02
 サスペンスの神様ヒッチコック映画野中で、万人向けの面白さを持つ集大成的作品はこの「北北西に進路を取れ」だと思います。ヒッチコック入門編としても最適です。殺人容疑の汚名をかけられ、国際的な陰謀に巻き込まれる一人の男の奮闘を、圧倒的なサスペンスとアクションの畳みかけで見せる極上のおなじみのエンタテインメントです。

北北西02

とんでもなく、私的な感想ですか…
 この映画は1959年にヒッチコックにより創られたサスペンスの名作です。物語はさて置き、主人公のケイリーグラントは広告代理店の営業マン。恥ずかしながら…ワタシと同じ職業です。なんと59年に広告代理業があり、なんと彼は、会社の名刺だけでなく、個人をアピールするための私的名刺を持ってます。50年以上前のアメリカの文化とのギャップ。たった15年前には、この国と日本は戦争をしてました…。なんと無謀な。

ヒッチコック01ワタシの宝物です。
かれこれ30年以上前に購入した「ヒッチコック映画術トリュフォー」数ある映画の書籍の中でも特別の存在です。このブログをはじめてからも本棚なら再々取り出して読んでます。


8点


カッパのみなソン
Selection vol.53

なりたい自分になれる記憶、あなたは買いますか?
トータル・リコール 2012年アメリカ

トータル01

 大きな戦争によって荒廃した近未来。生き延びた人類は、裕福な人々とそれ以外の貧しい労働者という二極化が進んでいました。工場労働者のクエイドは、希望のない単調な毎日に嫌気が差し、巷で評判の人工記憶を試してみたいと思い立ちます。それは好きな記憶を選んで楽しむものだが、あまりにもリアルな体験のため、中毒者が出るなど社会問題化し、当局によって非合法化されていた。そんな人工記憶を扱う“リコール社”を見つけ出し、憧れの“スパイ”を選んだクエイド…(後は映画を観て下さい)


たをごと02

 ポールヴァーホーヴェン監督、アーノルドシュワルツェネッガー主演で1990年に映画化され大ヒットしたフィリップ K ディックの短編小説『追憶売ります』を「アンダーワールド」「ダイ・ハード4.0」のレンワイズマン監督、のコリンファレル主演で再映画化したSFアクションです。人工的な記憶を植え付けることが可能になった近未来を舞台に、記憶を塗り替えられ謎の陰謀に巻き込まれた男が、記憶を取り戻すべく巨大な敵に立ち向かっていく姿を描きます。

トータル02

 ついこの前、観たような記憶のシュワちゃんの「トータル・リコール」…。もう20年以上も前の映画なんですね。正直な内容はよく覚えてませんが、当時大人気のシュワちゃんが大活躍のSF冒険活劇だったことは覚えています。改めてリメイク作品を観ると意外にもシリアスな展開で結構イケてました。主演のコリンファレルも好演で、彼らしい持ち味を出してました。こんどは、旧作を観てみようと思います。

トータル03

ちょっと一言!
 映画だけではなく、様々の話題で大活躍のアーノルドシュワルツェネッガー。不倫にセクハラにマザコン…。別の意味でのターミネーターとなりメディアをにぎわかしています。しかし、何があろうともワタシは俳優、アーノルドシュワルツェネッガーが好きです。


カッパ採点7点



2013.01.11 キングダム
ドラマのツボ
part.04

人気マンガを完全アニメ化!
キングダム 2012年 NHK BSプレミアム放送中

キングダム01

 紀元前中国。時代は春秋戦国時代。西方の国・秦で、戦災孤児として暮らしていたふたりの少年・信と漂の夢は、日々鍛錬を積み、いつか戦で武功を立てて天下の大将軍になるでした。そんなふたりにある転機が訪れるます。王宮に仕える大臣・昌文君の目に留まった漂が王宮に召し上げられました…。ですが、ほどなくして王宮の勢力争いに巻き込まれ大けがを負った漂が、命からがら故郷へと戻って…、そして漂から託された地図を頼りに訪れた村で信は、漂とうり二つの少年・政と出会うことに…(後はBSプレミアムを観て下さい)


たをごと02
 
 下僕の身分から将軍への成り上がりを夢見る少年剣士・信と、後の始皇帝、秦王・政の中華統一への道を描いた大河漫画です。正直、原作のマンガは全く知りませんが、多分骨格の太い良質なマンガと思います。

キングダム02


毎週、欠かさず観てます!
 王位継承問題に巻き込まれ死んだ親友との誓いを果たす為、玉座を追われた若き王を守るべく、下僕の身でありながら剣を取る「信」。後の彼等がどうなるかは正史から見れば明らかですが、無鉄砲で、ガサツで育ちも悪いこの「信」が、一体どんな風に大将軍の地位まで登り詰めるのか…。あまりテレビを見ないワタシですが、このマンガドラマを毎週楽しみにしてます。


キングダム003魅力的なキャラクター
いかにも青年マンガらしいキャラが登場しますが、それなりに役割分担がしっかりしています。そして個性的で、かつ魅力的です。これが、日本のマンガのチカラです。



6点




2013.01.10 プロメテウス
カッパのみなソン
Selection vol.52

人類最大の謎、それは「人類の起源」
プロメテウス 2012年アメリカ

プロメテウス01

 2089年、世界各地の古代遺跡からある共通するサインが発見されます。科学者のエリザベスショウはそれを分析し、地球外知的生命体からの「招待状」と確信します。そして巨大企業ウェイランド社が出資したプロメテウス号に乗り、人類の起源を探るべく「招待状」が指し示すはるか彼方の惑星を目指します。2093年、長い人工冬眠から目覚めたエリザベスの前についに目的の惑星が姿を現したのでした…。(後は映画を観て下さい)

たをごと02
 「エイリアン」「ブレードランナー」の巨匠リドリー・スコット監督が、「エイリアン」と同じ世界観を背景に描くSFミステリーの超大作です。人類の起源を求めて未知の惑星へと旅立った探査チームが目の当たりにする驚愕の真相を、スケール感溢れるダイナミックな映像で描き出します。主演は、「ミレニアム」シリーズのノオミ・ラパス、共演にマイケル・ファスベンダー、シャーリーズ・セロン。

プロメテウス03

何よりも判らないのが、オープニング?
 激しい勢いで水が流れる滝壺の側で、筋肉質の色白な宇宙人が容器に入った黒い液体らしいものを飲み干します。上空に停滞していた巨大な円盤がゆっくり動き出すと、液体を飲んだ宇宙人が突然苦しみ出し、そのまま水の中へ落下してしまいます。濁流に揉まれる宇宙人の体には異変が生じ、DNAが破壊…再構築されていきます。このシーンはいったい何を意味しているのか…。一体いつの時代で、何がどうなったのか。そんな謎を抱えたまま、本編に突入します。


プロメテウス004やっぱりもう少し説明して欲しかった。
 人類の起源とエイリアンの誕生の謎。ワタシ達年代の映画ファンには、たまらなく興味があります。エイリアンの世界観をそのまま継承し、あの重苦しい映像は、名作PART1を彷彿させます。しかし、脚本が不親切で、消化不良である事も事実です。


カッパ採点7点




カッパのみなソン
Selection vol.51

B級SF映画を新感覚で再構築。
ブロブ 宇宙からの不明物体 1988年アメリカ

ブロブ02

 アメリカの田舎町、アーバーヴィル。ある夕方、火の玉が森に墜落するのを見た町の名物男、缶男は好奇心からその現場に向います、クレーターの底に動く粘液状の塊が腕に取りついてしまう。そこへデート中のメグとポールの車が通りあわせ、2人は彼を病院へ運ぶが、その物体はいつしか缶男を食べつくし、ポールに襲いかかります。それを目撃したメグは一部始終を病院に駆けつけたハーブ保安官に話しますが、彼は町の不良少年ブライアンの悪戯だと思っていました…。(後は映画を観て下さい)


たをごと02
 1958年製作の「人食いアメーバーの恐怖」に新設定を加え、凄まじいばかりのアナログ的SFXで再構築。不定型な“ブロブ”のキャラクターとふんだんに用意された見せ場と「エイリアン2」を意識したかのような後半のアクション・シーンでかなり良質なSFホラー映画になっている。監督のCラッセルはこの後ジム・キャリーの「マスク」で大ブレイク。共同脚本のFダラボンも名作「ショーシャンクの空に」で監督デビューを果たします。

ブロブ01

あまり好きなジャンルではないのですが…。
 この映画のオリジナル「人食いアメーバーの恐怖」もよくテレビの再放送で観ました。まだ無名のスティーブ・マックィーンが印象的で、幼い頃怖いもの見たさで何度も観た記憶があります。たしか、PART2も製作されていて、PART1とは、違った世界観でカッガリした記憶もあります。この再構築した新作は、PART1を彷彿するパワーがあり、嫌いな所も多々ありますが、それなりに見応えのある良質なB級映画として完成しています。

ちょっと一言!
 B級映画らしく、かなり過激なシーンとショッキングな映像。しかし、さすがに子供をあのような描写で殺してしまうのは、映画とはいえワタシ的には感心できない。リアリティと過激とは違うと思います。

ブロブ1958年版
人食いアメーバーの恐怖

スティーブ・マックィーンが若い!




6点




2013.01.08 京都太秦物語
映画的旅情
【其の五】

私は、この街を去るだろうか。
京都太秦物語 2010年日本

太秦01

 京都太秦、大映通り商店街。 東出京子はクリーニング店の娘で、立命館大学の図書館に勤めている。仲の良い幼なじみの梁瀬康太は豆腐店の息子で、アルバイトをしながらお笑い芸人を目指してオーディションを受け続ける日々…。ある日のこと、京子は図書館で白川静文字学を研究する榎大地と出会います。学問一筋の大地は、京子に一目ぼれしてしまい、研究への一途な態度と同じ情熱を、京子への求愛に注ぎはじめます。一方、康太は自分の将来について悩みはじめて、京子との関係もうまくいかなく…(後は映画を観て下さい)

太秦02

山田洋次監督が、22人の学生達と共に作り上げた、
映画の街「太秦」のつながりの物語。

 映像制作の未来を見据え、2007年より立命館大学と松竹株式会社が全面的に提携をして取り組む中で、大きな柱として企画されたのが、この「京都太秦物語」です。京都府からの協力も受け、映像制作において「産・学・公」が提携した珍しいカタチの作品となりました。

太秦03

俳優と実在の商店街の住民が競演し、ドラマとドキュメントが融合した新たなる映画のカタチ。
 ヒロインの京子役に、松竹110周年記念オーディション“STARGATE”でグランプリに輝いた海老瀬はな。幼なじみの康太役に、超人気グループEXILEのメンバーであるUSA。京子に恋をする大地役に、劇団俳優座の若きエース、田中壮太郎。そして、大映通り商店街の人々、立命館大学の人々などが出演。プロとアーティスト、職人や学者をはじめとする魅力的なアマチュアという多彩で個性的な出演陣となりました。ユニークな企画に海外からの注目度も高く、第60回ベルリン国際映画祭フォーラム部門に招待されました。現地での上映チケットは全て完売し、途中で席を立つ人もほとんどおらず、上映後に登壇した学生たちにはたくさんの温かい拍手が送られました。


たをごと02
これこそが、映画での街おこし活動。
 最近の地方発の映画は、よく耳にする「町おこし活動」の一環として行われています。県や市からそれなりの予算が割り当てられ、撮影時に町の人たちがいきなりボランティアに駆けつける…。失礼ですが、企画側も誘致側も本当に映画を愛しているのだろうか…。ある程度の予算で、町の人たちの暖かい心遣いと行政との連動、そして、コジンマリした興行…。これで日本映画は良いのだろうか? しかし、この映画は違います。日本映画の名匠山田洋次と大学生(映画製作の卵)と住民とが、協力し一緒に製作した珍しい作品です。映画の新たな息吹を感じます。

太秦05

ちょっと一言!
 ワタシも知らなかったのですが、太秦であの名作「羅生門」の撮影現場…? 
当時、太秦にあった大映京都撮影所に「羅生門」のオープンセットは造られたようです。今まで、何度も京都には行ってますが、太秦は、どうしても「映画村」のイメージがあって避けてきました。しかし、これを知ってしまうと映画ファンワタクしは、この映画の街を行かねばなりません!!


カッパ採点7点



2013.01.07 宇宙戦争
カッパのみなソン
Selection vol.50

彼らは、すでに地球(ここ)にいる…。
宇宙戦争 2005年アメリカ

宇宙戦争01

 アメリカ東部のニュージャージーに暮らすレイは労働者階級のごく平凡な市民です。別れた妻との間には息子のロビーと娘レイチェルがいました。そして子どもたちとの面会の日、その異変は何の前触れもなく唐突に訪れます。晴天だった空が突如不気味な黒い雲に覆われると、吹き荒れる強風の中、激しい稲光が地上に達し、地面に巨大な穴を空けました…(後は映画を観て下さい)


たをごと02
 スティーヴン・スピルバーグとトム・クルーズが「マイノリティ・リポート」に続いてコンビを組み、有名なH・Gウェルズの同名原作を53年に続き再映画化したSFスペクタクル超大作です。異星人による地球への侵略と壮絶な破壊、さらには思いもよらぬ事態に混乱しながらも家族の愛と絆を確かにしていく主人公の姿を壮大なスケールで描いてます。共演は「ハイド・アンド・シーク暗闇のかくれんぼ」の名子役ダコタ・ファニング。

宇宙戦争02

オリジナルには勝てない。
 何と言っても、子供の頃の再放送で見た「宇宙戦争 1953年版」のインパクトは凄いです。ストーリーもショッキングでしたが、あの宇宙船のデザインと光と闇の恐怖…、怖かったし凄かった。そしてラストのサプライズ。SF映画は、面白いと痛感した。しかし、このリメイクは…、スティーヴン・スピルバーグとトム・クルーズ。前作の「マイノリティ・リポート」の悪い所を引きずっている感がしました…。何となく居心地の悪い映画かも知れません。


宇宙戦争04ちょっと一言!
原作から離れて火星人のマシーンを円盤形に変えた事も成功。デザインは日系のアルバート・ノザキ。この円盤は、その後日本の少年SFマンガに多々登場します。素晴らしいデザインです。



6点




カッパのみなソン
Selection vol.49

日本アニメの金字塔ヤマトを完全実写版。
SPACE BATTLESHIP ヤマト 2010年日本

ヤマト00

 2194年、外宇宙に突如として出現した正体不明の敵・ガミラスが地球への侵攻を開始、人類は全戦力を注ぎ防衛に奮戦するも虚しく、滅亡の危機に追い込まれてしまいます…。それから5年後、地球はガミラス襲来時に投下された遊星爆弾の放射能で汚染され、わずかに生き残った人々は地下に逃れ暮らしていました。そんなある日、地球に未確認物体が落下。それは、はるか14万8千光年先の惑星イスカンダルからの通信カプセルでした…(後は映画を観て下さい)


たをごと02
 国民的アニメの金字塔「宇宙戦艦ヤマト」を豪華スタッフ・キャストで実写映画化したSFアドベンチャー。22世紀末、正体不明の敵によって人類滅亡の危機に瀕した地球を救うべく、わずかな希望を求め壮絶な戦いへ旅立つ宇宙戦艦ヤマトとその乗組員たちの決死の攻防を斬新な映像を駆使し壮大なスケールで描く。出演は、国民的タレント木村拓哉、黒木メイサ他超豪華キャスト。監督は山崎貴。

ヤマト02

ワタシ的には、マイナス100点満点。
 かってな想いですが、この企画が現実化し監督を依頼された山崎監督は、大変なプレッシャーだったことだろうと思います。絶対的なヤマトファンの期待と商業映画としての興行的な責任。(もしワタシが映画監督だったなら…この企画のオファーは受けません)山崎監督がそのプッシャーの中、出した答えが「SPACE BATTLESHIPヤマト」。
 宇宙戦艦ではなく、スペースバトルシップと改名。脚本も誰もがビックリしました。テレビシリーズ記念すべき名作、イスカンダル篇ではなく、続編「さらば宇宙戦艦ヤマト」を基盤に再構築…! 確かに、イスカンダル篇を2時間そこそこで映画化するには無理があります、「さらば〜」なら、基本は劇場規格。ある意味上手にふたつをミックスしました。しかし、それはそれて、どう考えても無理がありました。オープニングからわずか15〜20分過ぎで、ヤマトが発信し、ガミラスの巨大ミサイルをいきなり波動砲で迎撃。それぐらいの進行で行かないと地球は救えない。映画の時間枠では、ヤマト本来のロードムービは無理。まして、敵ガミラスの事も描くもとは出来ず、デスラーとガミラスを一緒にし、森雪を放射能除去装置に…。
 ヤマトの事を全く知らない人が見たら、この作品は成り立つのだろうか? それでも監督ほかスタッフ達は、頑張ったと思います。皆様のヤマト愛はしっかり伝わってきました。そんなこんなで、やっぱり駄目とヤマト愛で、マイナス100点満点です。

ヤマト01

ちょっと一言!
木村拓哉さんの古代進役も嫌いではない…。しかし、彼は映画俳優ではなくタレントだと思います。



肝心な映画は、
6点



2013.01.05 地獄の黙示録
いつかみた映画
【其の十六】

魂を揺さぶる2時間30分の旅
地獄の黙示録 1979年アメリカ

地獄01

 狂うような暑さのサイゴンの夏。ブラインドの降りたホテルの一室で、ウィラード大尉は空ろな視線を天井に向けていた。505大隊173空挺隊所属、特殊行動班員である彼に、それからまもなく、ナ・トランの情報指令本部への出頭命令が下がりした。本部では3人の男が彼を待ちうけており、そのうちのひとりがウィラードに、今回の出頭目的を説明…。それは第5特殊部隊の作戦将校であるウォルター・E・カーツを殺せという命令でした…(後は映画を観て下さい)


たをごと02
 ジャングル奥地に自分の王国を築いた、カーツ大佐の暗殺を命じられるウィラード大尉。道中、様々なベトナム戦争の惨状を目の当たりにしながら、ウィラードは4人の部下と共に哨戒艇で川を上っていく…。ジョセフ・コンラッドの『闇の奥』を基に、コッポラが私財をなげうってまで完成させた、ベトナム映画の集大成です。狂気と混乱を象徴させる幾多のエピソードの果てに迎える観念的終幕には賛否もあろうが、この映像と音による一大スペクタクルには圧倒されずにはいられません。映画史に残る不朽の名作です。

黙示録002

今見る、地獄絵巻。
 当時とんでもなく、話題となり映画ファンを魅了したコッポラの超意欲作です。当時見たのは、18歳の少年のワタシ…。もちろん、その時と今の自分…。そして時代背景。何もかもが違います。そう映画は、時を経てみる事も大切です。今見ると、コッポラの魂の声が痛い程に伝わってきます。映画は、時代を映し出す鏡なのです。


9点訂正


カッパのみなソン
Selection vol.48

ノーラン・バットマン第一話。
バットマン ビギンズ 2005年アメリカ

ビギンズ01

 大富豪の家庭に育ったブルース・ウェインは少年時代、井戸で遭遇したコウモリの大群に圧倒的な衝撃を受け、またさらには彼の両親が目の前で殺されて大きなショックを抱え込みます…。やがて父の遺した企業を受け継いだブルースだったが、強いトラウマと親の仇への復讐心は消えず、犯罪者の心理を知るため自ら罪人となります。そんな彼はある日、デュガードという男と運命的な出会いを果たし、不正と闘うことを決意。そして彼の薦めにより、ヒマラヤの奥地に潜む“影の同盟”なる自警団のもとで心身を鍛え、心の闇を解放します…(後は映画を観て下さい)

たをごと02
 DCコミックスの人気キャラクター“バットマン”を「バットマン&ロビンMr.フリーズの逆襲」以来8年ぶりに映画化したアクション大作。クリストファーノーランを監督に迎え、バットマン誕生に至る主人公ブルースウェインの秘められた過去を壮大なスケールで描く。主演は「アメリカン サイコ」のクリスチャン・ベイル。共演にマイケルケイン、リーアムニーソン。また、日本の渡辺謙もメインキャストに名を連ね話題となりました…。

ビギンズ02

第1作目にして、すでに完成型。
 ご存知、この後「ダークナイト」「ライジング」へと続く大ヒット作品。特に第2作目の「ダークナイト」は、日本での興行収入は低かったが、本国アメリカでは、作品の評価は勿論、興行的にも大ヒッを記録しました。しかし、ワタシ的には、この「ビギンズ」が一番好きです。バットマンとは、何なのか…。その全てがPART1で書き込まれています。「ダークナイト」は、物語の続きであり、「ライジング」は、コンセプトの続編である。

ビギンズ003ちょっと一言!
ワタシの中では、ノーランバットマンは、石ノ森章太郎の初期の「仮面ライダー」と重なり合う。シンプルな「悪」と複雑で繊細な「正義」。正義の中のダークな世界…。ライダーをノーラン監督が撮ったらどうなるのだろう…。


8点





カッパのみなソン
Selection vol.47

俺たちはつかんだ。人生を変える、一歩を。
風が強く吹いている 2009年日本

風01

 寛政大学の4年生ハイジは、新入生のカケルに声を掛けると半ば強引に自分が寮長を務める竹青荘に入居させます。まかない付で3万円という破格の家賃の裏には陸上部への入部という条件が付いていましたるカケルは、高校時代には将来を嘱望されていた天才ランナー…。そんなカケルとの出会いが、ハイジに無謀な夢への一歩を決意させます。(後は映画を観て下さい)

たをごと02
 直木賞作家、三浦しをんの同名ベストセラーを「僕の彼女はサイボーグ」の小出恵介と「バッテリー」の林遣都主演で映画化したスポーツ青春ドラマです。大学の弱小陸上部を舞台に、一人の天才ランナーと8人の個性溢れる素人ランナーが、挫折を味わったエリート・ランナーに率いられ、箱根駅伝出場という無謀な挑戦に心を一つにして立ち向かっていく姿を、臨場感溢れるレースシーン満載でさわやかに綴ります。監督は脚本家として活躍し、これが初メガフォンとなる大森寿美男。

風02

すみません、影響されました。
 ご想像通り、昨日からのテレビ中継を見ていると、どうしてもこの作品が観たくなりました…。何作かあるブルーレイのストックシネマから引っ張りだして早速鑑賞。決して今だからだけではなく、素晴らしい作品です。
 最近の邦画の傾向で、この手の映画は多々ありますが、この映画は「本物」です。内容もともかく、カケル(林遣都)君の走るフォームとその鍛えたカラダ。そして、寮のグータラ住民達も物語の進行と伴に体型が変化していきます。もちろんココロは、脚本と演技で表現できますが、カラダは自らが創るしかない…。本気でないと出来ません。スタッフと出演者、映画に関わる全ての人が、本気でタスキをつないだ青春の名作です。

風03

速いよりも、強いこと…
 ハイジとカケルの会話のシーンで、長距離ランナーにとっての最高の褒め言葉は…、ハイジは言います「速い」よりも「強い」事…。そして、なぜ走るか。…確かそうかもしれない、「上手」に生きるよりも「強く」生きることが人生なのかも知れない…。


8点






カッパのみなソン
Selection vol.46

団地の不良キッズ vs 謎の凶悪エイリアン
アタック・ザ・ブロック 2011年イギリス

アタック01

 南ロンドンの低所得者向け団地に暮らすモーゼス率いる少年5人組は、女性を 脅して金品を奪うのは朝飯前の筋金入りの不良キッズ。ある時、そんな彼らの前に隕石が落下しエイリアンが姿を現わします。驚きつつも、ひるむことなく反撃して叩き殺すモーゼスたち。死体を手に得意げに団地へと帰還する一同だったが、その直後、今度は隕石が次々と飛来し、最初の時よりも大きく凶暴なエイリアンが多数出現します。さすがに恐怖を感じて逃げ出すキッズたち。ところが、住み慣れた団地で惨劇が繰り広げられるのを目の当たりにし、もはや警察は信用も頼りにもできないと悟ったモーゼスたちは、ついに彼らは自分たちだけで町を守ると決意を固め、無数のエイリアンに反撃するべく勇気を振り絞って立ちあがります…。(後は映画を観て下さい)

たをごと02
 「スコットピルグリムVS. 邪悪な元カレ軍団」の製作陣が贈るティーンエイジSFアクション。ロンドンの低所得者向け公営団地を舞台に、少年ストリート・ギャングが凶暴なエイリアンと壮絶な死闘を繰り広げるさまを、リアルな社会問題を背景に、ユーモアと残酷描写を織り交ぜつつスピード感溢れるテンポと心打つストーリー展開でスリリングに描き出していく。監督は、これまでコメディアンとして活躍し本作で記念すべき長編デビューを飾った英国期待の新鋭ジョー・コーニッシュ。

アタック02

新感覚なB級映画。
 この映画が、特別観たかった訳でもなかったのですが…、体調もすぐれず、カラダを休めるためには、やはり映画が一番。近所のTSUTAYAに出動して、TSUTAYA限定のこの作品を借りてしまった…。正直馬鹿にしてました…、すみませんでした…。大変良く出来てます。これは、よくあるアメリカの二流エイリアン活劇ではなく、エイリアンで証言した現代の若者に対してのメッセージ映画でした。

アタック03

大人も子供もケジメが大切。
 この映画で、この団地で、エイリアンも不良少年も同じ。どちらも迷惑で怖い存在です。二つの悪が、激突し、殺し合う…。そして、自分たちの愚かさを知る少年。しかし、悪い事は悪い…。そして、彼らなりのケジメをつけて大人へと成長するのです。新しいSF映画の可能性を魅せて頂きました。


カッパ採点7点