2012.12.31 宇宙兄弟
カッパのみなソン
Selection vol.44

夢の続きを、始めよう。
宇宙兄弟 2012年日本

宇宙01

 宇宙が大好きな兄弟、モジャモジャ頭の兄・南波六太(ムッタ)とつんつんヘアの弟・日々人(ヒビト)は、ある夜、月に向かうUFOを目撃します。その時2人は、一緒に宇宙に行こうと約束…。それから19年。約束通りに宇宙飛行士となったヒビトは、月面ミッション・クルーに日本人として初めて選ばれ、世界中の注目を集めていました。一方、上司に頭突きを食らわして自動車会社をクビになり、再就職もままならないムッタ…。ちょうどそこに、宇宙航空研究開発機構(JAXA)から宇宙飛行士選抜試験の書類選考合格の通知が…(後は映画を観て下さい)

たをごと02
 小山宙哉の大人気コミックスを「岳ガク」の小栗旬と「アントキノイノチ」の岡田将生主演で実写映画化した夢と絆の感動ドラマ。幼い頃に宇宙飛行士になることを誓い合った対照的な2人の兄弟を主人公に、彼らが夢を実現させるまでの長き道のりと固い絆を描く。共演に麻生久美子、堤真一。監督は「ひゃくはち」の森義隆。

宇宙003

判っていても、あの頃の夢を思い出す。
 子供の頃、必ず将来の夢を問われた…。あの時、その頃、はたして明確に答えていたのだろうか…? 正直今は、その事さえも思い出せない…。しかし、それなりに物心付いた時には、何となく今のシゴトをする、「したい」と思った時期があった。そして、今の自分が…。世界観は余りにも差がありますが、ワタシもそれなりに「宇宙兄弟」の想いとオーバーラップするのかも知れません…。

そう夢には、引力がある! お楽しみはこれからだ。
 2013年、ますます映画的な年になりそうです。


肝心な映画は…
6点



スポンサーサイト
カッパのみなソン
Selection vol.43

サメに片腕を奪われた13歳の天才サーファー、ベサニー。
勇気と感動の実話を完全映画化。
ソウル・サーファー 2012年アメリカ

ソウル03

 カウアイ島で両親と2人の兄、そして幼なじみの親友アラナに囲まれ、幸せな日々を送る13歳の少女、ベサニー・ハミルトン。プロサーファーを夢見て練習に明け暮れる勝ち気な少女は、出場した地方大会でも活躍し、将来を嘱望される存在でした。そんな矢先、彼女はサメに襲われ、一命は取り留めたものの左腕を失う悲劇に見舞われます…。それでも、ショックと不安を乗り越え、すぐサーフィンを再開したベサニー。しかし、かつてのように思い通りに波に乗ることが出来ず、大会でも結果を出せずに…(後は映画を観て下さい)

たをごと02
 天才少女サーファー、ベサニー・ハミルトンの奇跡の実話を基に、サーフィン中にサメに襲われ片腕を失った13歳の少女が様々な葛藤を乗り越え、再びプロサーファーへの夢に向かって歩み始める姿を描いた勇気と感動の青春ドラマ。主演は「チャーリーとチョコレート工場」「テラビシアにかける橋」のアナソフィア・ロブ、共演にヘレン・ハント、デニス・クエイド。監督は「スペース・ミッション宇宙への挑戦」のショーン・マクナマラ。

ソウル01

こんなに凄い実話があったんだ!
 何の前知識もなく観ました…。最初はよくある実話を映画的に誇張した…など失礼ですが、そんなキモチで観ていました…。よくあるサーフシーンも通常のコマーシャル映像よりも迫力もなく、飾り気も無く…。そうなんです、まさに実話なのです。本当にごく最近のごく普通の女の子とその家族が、死ぬ物狂いで勝ち取った「絆」なのです。家族とか友情とかスポーツだけでなく、人間としての「絆」を固く握った作品です。

ソウル06
片腕のサーファー「ベサニー・ハミルトン」と
彼女を演じた「アナソフィア・ロブ」。

ソウル02

爽やかに熱い、少女の友情。
 バティを負った少女の「お涙頂戴」の物語ではなく、思春期の少女達をしっかりと描いている。希望、青春、挫折、目覚め、友情、家族、悟り…もっと、もっと多くの素晴らしい言葉が描かれています。


8点


美味しい映画
【其の七】

わけあうたびに、わかりあえる気がする…
しあわせのパン 2011年 日本

パン001

 東京から洞爺湖のほとりの月浦に移り住み、パンカフェ“マーニ”を開店した夫婦、水縞尚とりえ…。夫がパンを焼き、妻がそれに合うコーヒーを淹れ、料理をつくる。そんな小さなお店を、少しだけ悩みを抱えたいろいろなお客たちがやって来ます。そしていつしか、心に小さなしあわせをみつけて帰ってゆくのでした…(後は映画を観て下さい)

パン06

 北海道出身の大泉洋を主演に迎え、北海道を舞台に贈るハートウォーミング・ストーリー。洞爺湖のほとりで小さなパンカフェを営む一組の夫婦と、そこを訪れる人々の心温まる人生模様が、四季折々の美しい風景とともに綴られてゆく。共演に「時をかける少女」の原田知世。監督は「刺青匂ひ月のごとく」の三島有紀子。

たをごと02

原他知世の透明な存在感。

パン08

 決して個人的な依怙贔屓ではなく、女優原田知世は変わらない。いつか見た映画のあの時である。限りなく透明に近い透明感と眩い純粋さは今も変わらない。そう彼女はまだ、時をかけている。この映画も素晴らしい自然と美味しいパンと料理で心を癒されるが、本当は知世ちゃんのあの横顔「ふぅ〜」が全てのような気がする。(ブレンディか…)

パン05

本当の主役は、美味しいパン…。
 北海道の自然とナチュラルなパンと気の利いた料理。今更、語る事でもないのですが…。お腹が空いている時に観ると、間違いなくパン屋さんに行きますよ!

パン04

あなただけの「しあわせのパン」見つけて下さい。

カッパ採点7点



カッパのみなソン
Selection vol.42

お前は、悪魔と逃げている…
デンジャラス・ラン 2012年アメリカ

デンジャラス01

 南アフリカの米国領事館に、一人の男が出頭した。彼はかつてCIAの中でも屈指の腕を持つ伝説のエージェントでありながら敵国に機密情報を流したとされる、36ヵ月国で指名手配を受けた世界的犯罪者トビン・フロスト(デンゼル・ワシントン)。CIAの隠れ家に連行された途端、鉄壁のはずの隠れ家が何者かにより襲撃される。壊滅状態にまで追い込まれる中、隠れ家を管理している新米CIAのマットは、フロストから選択を迫られ、やむなく隠れ家から脱出します。敵の正体も目的もわからないまま、マットは危険すぎる男フロストの身柄を守るために彼とともに逃走を繰り広げる事に…(後は映画を観て下さい)

たをごと02
 またまた、ワタクシ事ですが…昨夜も風邪が再発し高熱が…またも映画日記が書けませんでした。(残念)

デンジャラス02

 ノンストップ・アクション・サスペンス。主演は「アンストッパブル」のデンゼル・ワシントンと「リミット」のライアン・レイノルズ。監督はスウェーデン出身で本作が記念すべきハリウッド・デビューとなる期待の新鋭、ダニエル・エスピノーサ。

デンジャラス03

余りにも普通の秀作。
 デンゼル・ワシントン主演と聞けば、ハズレが無い…。或る意味、保証付き映画。しかし、それ故に興味も半減するの事実である。余りにも普通のタイトル、メディアのパッケージも何時もとおなじデンゼル・ワシントンデザイン…。殆ど「アンストッパブル」と変わらない。
 しかし、是事も観て下さい。ストーリーも演出も、もつろん演技も最高です。そして、地味ではなく結構ハデなアクションも見応え十分。観てソンしない…まさにその一言です!

8点



カッパのみなソン
Selection vol.41

一度目、あなたを欺く。二度目、真実が見える。
裏切りのサーカス 2011年イギリス・フランス・ドイツ

裏切り01

 英国のMI6とソ連のKGBが熾烈な情報戦を繰り広げていた東西冷戦時代。英国諜報部(サーカス)のリーダー、コントロールは、長年組織に潜んでいるソ連の二重スパイ“もぐら”の情報を掴むも独断で作戦を実行して失敗してしまいます。そして、責任をとってサーカス退任。コントロールの右腕で彼とともに引退した老スパイ、スマイリー。ある日、英国政府のレイコン次官から“もぐら”を突き止めろという極秘の指令が下ります。(後は映画を観て下さい)

たをごと02
ワタクし事ですが、昨夜は風邪での高熱のため映画日記が書けませんでした。(残念)

裏切り05

 1979年に英国でドラマ化されたジョン・ル・カレの傑作スパイ小説『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』を「ぼくのエリ200歳の少女」のトーマス・アルフレッドソン監督で映画化したサスペンス・ドラマです。東西冷戦下の英国諜報部(サーカス)を舞台に、ソ連の二重スパイをあぶり出すべく繰り広げられる緊迫の頭脳戦とスパイの世界に身を置く男たちの過酷な生き様を、ゲイリー・オールドマン、コリン・ファース、ジョン・ハートら英国が誇る実力派俳優陣の豪華競演とストイックな演出でスリリングかつ緊張感いっぱいに描き出します。

前評判どおりの秀作。
「一度目、あなたを欺く。二度目、真実が見える」
 この映画の宣伝コピーが全てです。この映画を一回観て、真の内容は、理解できないでしょう。ワタシも頑張って観ました。淡々と進む物語とスリリングだが、何となく喉に何かが引っかかっているモヤモヤ感。しかし、見終わった後の達成感。そう、理解できないので正解なのです。今後何度か観る事で、真実が見えてくる…それがこの映画のキーワードなのです。

裏切り06

究極の大人のスパイ映画。
 どうしてもスパイと聞くと、「007」や「ミッション〜」の派手なアクションを連想します。しかし、このスパイ映画は、アクションどころか、明確な敵さえも現れない…。見えない敵と真実と疑惑の戦い。観ている方も見えない敵と見えてこない真実と狭間で、追いつめられる。確かに、或る程度、知識を高めてから観る方が良いのかもしれない…、しかし、予備知識なしで観て、ハマる事も、とっても良いのかも…!

裏切り04

ちょっと一言!
 この種の映画を観るときは、最近「日本語吹き替え」バージョンに切り替えてよく鑑賞します。最近の吹き替えはよく出来ており、日本語で観る方が、よりストーリーに集中できます。しかし、ブルーレイソフトの中には、英語版は、ロスレス(解凍時に劣化しない高音質)収録で、吹き替え版は、そうではい、DVD時代の収録方式を使用している場合が多いです。大量にデータを書き込めるのに、音声は全てロスレスにして欲しいものです。もちろん、画質も重要ですが…!

8点





2012.12.24 ダイ・ハード
カッパのみなソン
Selection vol.40

たったひとりの刑事の戦いを描いた超娯楽傑作!
ダイ・ハード 1988年アメリカ

ダイハード01

 ニューヨークの刑事ジョン・マックレーンは、クリスマス休暇を妻ホリーと2人の子供たちと過ごすためロサンゼルスへやってきます。ホリーは日本商社に勤務し、夫と離れこの地に住んでいました。ジョンは、クリスマス・イヴの今日、社長タカギの開いている慰労パーティに出席している妻を訪ね、現代ハイテク技術の粋を極めた34階建ての超高層ナカトミビルに向かうのでした。ホリーは単身赴任によって、結婚と仕事の両立に苦しんでいたが、再会したジョンを目にすると改めて彼への愛を確認、ところがパーティも盛りあがりをみせた頃、13人のテロリストがビルを襲い、事態は混乱を極めます…(後は映画を観て下さい)

たわごとクリスマス

 クリスマス。武装テロリストに占拠された日本企業のハイテク高層ビルを舞台に、たった一人の刑事の戦いを描いた超娯楽作。練りに練られた脚本、絵空事ではない描写に最大限の効果を発揮したSFXねそれらを手際良くまとめた演出で素晴らしいアクション映画の傑作です。スーパー・ヒーロー然としていない人間臭い主人公に扮したブルース・ウィリスは素晴らしい。

ダイハード02

もっとも運の悪いクリスマスイヴ!?
 せっかくの三連休のクリスマスイヴ…。もう少しクリスマスらしいロマンチックな作品の日記を書きたかったのですが、何日か前に「ラブ・アクチュアリー」を書いてしまったので、正直ネタにちょっとだけ困ってしまいました…。しかし、ありました! クリスマスらしくないクリスマス映画、誰もが知っているブルース・ウィリスの大出世作。当時、この映画を劇場で観た時、本当に一言「映画は面白い!」と心から痛感しました。

そして、ダイ・ハード ラスト・デイ…

ラスト

 いよいよ、最終話のPART5が公開されるらしい…。なんと今回は、仲の悪い息子が登場し、またまた奇想天外なアクションを繰り広げるのでしょう。回を追うごとに派手になるアクション、その一方で雑になる脚本…。よくあるアクションシリーズ作品の行く末の姿。製作者皆さんもわかっている事だろうが、もう一度、原点回帰してほしい。

9点訂正


2012.12.23 動乱
いつかみた映画
【其の十五】

昭和史の起点となった515事件から226事件を男と女の視点で描く。
動 乱 1980年日本

動乱002

 わずか千円の借金のために芸者に売られようとする姉の薫を救おうと、初年兵の溝口が脱走するが故郷で逮捕され、揉み合った上司を誤って殺害したため射殺されてしまいます。隊長の宮城は父に金を用立ててもらい、香典として千円を薫に渡します。東京では515事件が発生し、部下から脱走兵を出した宮城は罰として朝鮮の前線に送られた。現地で宴に招待された宮城は、そこで芸者となった薫と再会…(後は映画を観て下さい)

たをごと02
 山田信夫の脚本を森谷司郎氏が監督した歴史ドラマ。高倉健と吉永小百合の共演が話題を呼んだ。本編は「海峡を渡る愛」と「雪降り止まず」の二部構成で出来ています。

合成

SONGS
 昨夜の「SONGS」で、小椋佳さんとや吉永小百合さんの対談が、すごく良かった! 永遠のマドンナと歌人小椋さんの会話は、刺激的で新鮮でした。当時、小椋佳は、ご存知銀行員。社会現象ともなったNHKホールでのコンサート(遠ざかる風景)から…、二度目。人前(吉永小百合さんの為に)で歌いました。ファンの中でも評価の高い「流れるなら」…。ワタシも大好きな一曲です。憧憬の吉永さんへの贈り物だったらしいです。また、新作「北のカナリアたち」にも楽曲提供してます。
 元々、小椋佳さんは、森谷司郎監督とは深い関係です。ワタシが初めて聴いて、感銘した「しおさいの詩」は、森谷司郎監督の「初めての旅」の挿入歌。あの名盤「彷徨」です。

彷徨02小椋佳の名盤「彷徨」。この白いアルバムは今でも新鮮です。
※このアルバムには「流れるなら」は入っていません。挿入アルバムは「瞬間」です。


カッパ採点01

映画人02
episode.02

生きて帰れたら、言いたいことがあるんだ。
アンストッパブル 2010年アメリカ

アン001

 ペンシルヴェニア州ブリュースターのミンゴ操車場…。この日、初めてコンビを組むことになった勤続28年のベテラン機関士フランクと、職務経験4ヵ月の新米車掌ウィル。始めからソリが合わず、それぞれ私生活でも問題を抱える2人は、険悪な雰囲気で旧式機関車1206号に乗り込むことに。その頃、同州のフラー操車場では、運転士によるブレーキ操作のミスが原因で、最新鋭の貨物列車777号が無人のまま走り出してしまう。39両の大編成で全長約800mを誇るそれは、極めて危険性の高い化学物質とディーゼル燃料を大量に積んでいるため、その先に待ち受ける急カーブで転覆すれば大惨事に発展することは必至だった…(後は映画を観て下さい)

たをごと02
 無人貨物列車が突然暴走を始め、人々を未曾有の恐怖に陥れる戦慄のタイムリミット・サスペンス・アクション。ベテラン機関士と新米車掌が、化学物質を大量に積んだまま暴走する列車が引き起こしかねない大惨事の未然防止に命懸けで挑む姿とその運命の行方をスリリングに描きます。主演は、オスカー俳優デンゼル・ワシントンと「スター・トレック」のクリス・パイン。監督は「トップガン」のトニー・スコット。

アン02

映画の事より、なぜ死んでしまった…!?
 「トップガン」「トゥルー・ロマンス」「サブウェイ123」などを手掛けた英国出身の映画監督トニー・スコット監督は、12年8月19日、米ロサンゼルスの橋から飛び降り、死亡しました。68歳の若さでした…。近くに駐車されていたスコットさんの愛車から遺書が見つかったことから、地元警察当局は自殺とみています…

アン04

職人トニー・スコット監督
 5年間画家として過ごし、サンダー・アート・スクール芸術科、リーズ・カレッジ・オブ・アートの大学院を経て、兄リドリー・スコット監督 のCM製作会社であるRSAに就職。カンヌ国際映画祭のテレビ・映画コマーシャル・フェスティバルで金賞と銀賞を受賞。ロンドン王立美術学校で教鞭をとっていた時期もあった。72年の短編“One of the Missing”で映画界に活躍の場を移し、83年の「ハンガー」で長編監督デビュー、 86年、トム・クルーズの出世作「トップガン」が大ヒットし、人気監督の仲間入りを果たしました。
 テンポの良い 音楽とシンクロさせたキレのあるスピーディな描写 を特徴として「ビバリーヒルズ・コップ2」「トゥルー・ロマンス」「クリムゾン・タイド」とヒット作を連発…。
 このところの、アメリカ映画は、彼ら兄弟で何れだけの収益を挙げただろうか? もちろん興行収入だけでなく、映画としての出来映えも申し分無く、兄リドリー・スコット監督の芸術性、弟トニー・スコット監督は、新感覚の映像と音楽。相反する表現方法が多くの映画ファンを魅了している。これだけのヒットと実績…、なぜ自殺しなければならなかったのか…。どんな名監督でも自ら命を絶つ事は、NGです。
 結局彼の遺作は、リドリー・スコット監督、製作トニー・スコット…「プロメテウス」になってしまった…


カッパ採点01

2012.12.21 2012
カッパのみなソン
Selection vol.39

マヤの予言通り、世界は終わる。
2012 2009年アメリカ

2012-01

 ロサンゼルスでリムジン運転手をしている売れない作家ジャクソンは、別れた妻ケイトのもとに暮らす子供たちと久々に再会し、イエローストーン公園までキャンプにやって来てきました。彼はそこで怪しげな男チャーリーから奇妙な話を聞かされます。それは、“地球の滅亡”が目前に迫っており、その事実を隠している各国政府が密かに巨大船を製造、ごく一部の金持ちだけを乗せ脱出しようとしている、という俄には信じられない内容でした。しかし、その後ロサンゼルスをかつてない巨大地震が襲い、チャーリーの話が嘘ではないと悟ることに…(後は映画を観て下さい)


たをごと02

 「デイ・アフター・トゥモロー」「GODZILLA」のローランド・エメリッヒ監督が放つパニック・サスペンス巨編。2012年12月21日(今日)地球滅亡が訪れるというマヤ文明の暦にヒントを得た終末説を基に、世界中で怒濤のごとく発生した未曾有の天変地異に人類が為す術なく襲われていくさまを驚異のスペクタクル映像で描きます…。

2012-04

 世界中の今日の「映画ブログ」で、この映画を取り上げたブログは何れぐらいあるだろうか…。しかし、ワタシ=日本人は、安易に評価できない…。そう、今日2012年12月21日は、マヤ文明による「2012年人類滅亡説」で世界最後の日です。確かに「世界最後の日」は、映画的であり、あのノストラダムスの大予言の再来でもある。
しかし、世界は滅びない、滅びてたまるか !
  そう、映画の表現手段だけに負けず、映画の希望と可能性 を問うこも、映画の使命なのです。


2012-03ローランドエメリッヒ
 84年に卒業製作として長編SF「スペースノア」を完成。この作品がベルリン映画祭を筆頭に、各国のSF映画祭で上映されて話題となる。「ムーン44」で才能を認められ、ハリウッドに招かれて「ユニバーサル・ソルジャー」の監督に大抜擢。大作SFを撮れる監督として評価され、「スターゲイト」を経ての「インデペンデンス・デイ」を任され、期待通りの大ヒットを成し遂げた。その後鳴り物入りで製作された「GODZILLA」で失敗。00年の「パトリオット」で壮大な戦争ドラマを造り上げ、その力量を再認識させた。


あなたは…何度、世界を滅ぼすのか!?
 ローランド・エメリッヒ監督の映像は、確かに素晴らしい。特撮ではなく、CGを多様化した超リアルな映像である。そして彼は、映像の中で幾度もの破壊を繰り返している…。「インデペンデンス・デイ」では、エイリアンによる世界侵略。「GODZILLA」では、訳の分からないトカゲゴジラによる破壊。「デイ・アフター・トゥモロー」では、竜巻と津波による世界の崩壊…。しかし、ワタシ達は負けない、何がおころうと映画に学び、「今出来る事」を精一杯勤める ! ローランド・エメリッヒには決して負けない !

6点

2012.12.20 人間の証明
いつかみた映画
【其の十四】

角川映画第2弾 ! 母さん、僕のあの帽子どうしたでしょうね
人間の証明 1977年日本

人間01

 東京の高級ホテルのエレベーターで黒人男性が「ストーハ」という言葉と、西条八十の詩集を残して殺された…。捜査線上に見え隠れするファッションデザイナー八杉恭子とその息子。黒人男性の過去を追って渡米する棟寄刑事。八杉と黒人男性の意外な関係、そしてアメリカの刑事と棟寄刑事の関係が明らかになっていきます…(後は映画を観て下さい)

たをごと02

「犬神家の一族」に次ぐ角川春樹事務所製作第2弾作品。日本とアメリカを舞台に、戦後30年という歳月に刻まれたさまざまな人間の生きざまを描くサスペンス・ドラマです。

人間03
日本でも、なじみ深いジョージ・ケネディ氏も出演

読んでから見るか、見てから読むか!?
 ワタシ達と同じ世代なら、当時の角川映画のインパクトの強烈さは、判るはずです。それまでの映画は、映画会社、いわゆる東宝や東映、松竹などが製作し、配給する(もちろん少数の独立プロダションも存在)のが当たり前で、それが映画だと思っていました。しかし、この角川映画は、ご存知の通り出版社が映画を製作し、映画会社から配給するシステムを完全に確立し、それまでの映画にかけていた、広告宣伝の部門を完全強化した、当時としては画期的な商業手法の戦略的商業映画でした。

人間004「人間の証明」は、森村誠一の長編推理小説。森村の代表作「棟居刑事シリーズ」の主人公・棟居弘一良の初登場作品です。約770万部を売り、森村誠一のベストセラーで、新刊雑誌への連載を前提に角川春樹から依頼されて執筆した作品です。


名作、駄作、珍作…、それが角川映画。
 角川映画は、角川書店・角川春樹事務所によって1976年より製作された一連の映画の通称です。当時としては珍しい、メディアと映画をコラボレーションした、いわゆる「メディアミックス」を商業映画として成功させた功績は日本映画に多大な功績を残しました。ただ、映画宣伝と映画の質とは中々、正比例せずトンでもない駄作も排出したのも確かです。しかし、若手新人監督を起用し(根岸・森田・池田監督等々)日本映画に新しい風を巻き起こしたのは素晴らしい功績です。

人間005 公開当時、ジョー山中の歌う主題歌  と、“母さん、僕のあの帽子どうした でしょうね?”という西条八十の詩の一 節がCMで強い印象を残し一世風靡し ました。




カッパのみなソン
Selection vol.38

代理殺人の契約から始まる、危険な罠。
ハングリー・ラビット 2011年アメリカ

ハングリー01

 ニューオーリンズの高校教師ウィルは、愛する妻ローラと平凡ながらも幸せな毎日を送っていました。そんなある日、ローラが何者かに暴行され、重傷を負って病院に運ばれます…。突然の悲劇に激しく動揺するウィル…、するとそこへ謎の男サイモンが近づき、代わりに犯人を殺してやると代理殺人の契約を持ちかけてくる。代金は不要で、後で簡単な頼みを引き受けてくれればいいというものでした…(後は映画を観て下さい)


たをごと02
 「ゴーストライダー」のニコラス・ケイジ主演で贈るサスペンス・アクション。平凡な高校教師が、見知らぬ男から代理殺人を持ちかけられ、思いもよらぬ窮地に陥るさまをスリリングに描く。共演はジャニュアリー・ジョーンズ、ガイ・ピアース。監督は「世界最速のインディアン」のロジャー・ドナルドソン。

思わぬ拾い物…?
 非常に失礼な発言ですが、ニコケイ(ニコラス・ケイジ )の最近の映画は、ハチャメチャでした。ニコケイ作品は、ワタシ的には駄目な映画の紋章でした。しかし、これは違います。正直全く期待してなく、ワタシが利用させて頂いている「TSUTAYA DISCAS」の新作リリースまでのつなぎとしてエントリーし、全く前知識なく観ました。

ハングリー02
ニコケイの奥様ジャニュアリー・ジョーンズも熱演。

良い意味で期待を裏切られました…!
 これは、あのヒッチコックの名作「見知らぬ乗客」をベースにした現代風の良質のサスペンスです。「交換殺人」から「代行殺人」へテーマを再構築。テンポもよく大げさでなく、今の時代には納得いくストーリー。ニューオリンズの地域性はよくわかりませんが、こんな事がおこっても不思議ではない事件です。

ハングリー03
リアルな悪役をスマートに演じる、ガイ・ピアースがカッコいい。

カッパ採点01


2012.12.18 津軽百年食堂
美味しい映画
【其の六】

初代から四代目へ、受け継がれてゆく日本人の心と味。
津軽百年食堂 2011年 日本

津軽01

 明治42年、弘前。大森賢治が営む津軽蕎麦の屋台は、鰯の焼き干しからとる出汁が自慢でした。その焼き干しは、戦争で夫を失ったトヨが幼い娘とともに青森から運んでくるものでした。トヨに淡い恋心を抱き、自分たちの店を持つことを夢見る賢治…。やがて時は流れ、百年続く“大森食堂”の四代目にあたる青年、大森陽一。彼は、将来への道を決められないまま、東京でバルーンアーティストをしながらその日暮らしの日々でした。ある日、偶然知り合ったカメラマンの卵、筒井七海と同郷のよしみも手伝って、ひょんな成り行きからルームシェアすることに。そんな矢先、店を一人で切り盛りしていた父が交通事故で入院してしまい、店を手伝うためやむを得ず一時帰郷します…。(後は映画を観て下さい)


たをごと02
 人気お笑いコンビ“オリエンタルラジオ”の藤森慎吾と中田敦彦を主演に迎え、東京に暮らす青年が様々な葛藤を乗り越え、津軽で百年の歴史を持つ食堂の四代目になるまでの姿を、初代の人生とともに描くヒューマン・ドラマです。共演は「櫻の園 さくらのその」の福田沙紀。監督は「平成ゴジラ」の大森一樹。

津軽02

熟成させる幻の蕎麦「津軽そば」 まるごと青森からの引用です
 挽きたて、打ちたて、茹でたての三たてがおいしいと言われる蕎麦ですが、津軽にはそうでない蕎麦があります。江戸時代に生まれたと伝わる「津軽そば」です。この「津軽そば」が他と異なるのは、つなぎに大豆をすりつぶした呉汁を使うこと。藩政時代、収穫の少ない米は大事な年貢米でした。このため、庶民は普段からそばを食べる機会が多かったと言いますが、そばだけでは栄養がかたよってしまうので、タンパク質が豊富な大豆を使う独特の製法が生まれたのだと言います。

津軽03

 「津軽そば」は完成までとても手間がかかります。一昼夜水に浸しておいた大豆を丹念にすりつぶし、その呉汁をそばがきに混ぜ合わせて生地をつくります。その生地を半日ほどねかせ、熟成させてから、そばを打つそうです。

食べてみたい…、津軽の蕎麦。
 麺好きのワタシですが、さすがに青森までは行けません…。食べれないとなると、食べたい欲望と想像力が、それ以上になります。関連のブログを拝見させて頂き、この手の感想が多いです…

一口食べてみた感想は…、何か初めての味だと思った。
二口食べてみた感想は…、何か物足りない。
三口食べてみた感想は…、何かこういう味わいも良いのではないかと思った。
この物足りなささが、ソウルフード !

ちょっと一言 !

津軽o4
この昭和を思わすノスタルジックな食堂が、
「百年食堂」のモデルになった「三忠食堂本店」です。
グルメ漫画の先駆者「美味しんぼ」でも登場します…

6点


カッパのみなソン
Selection vol.37

恐れるな ! 自ら選んだ、この運命を。
アメイジング・スパイダーマン 2011年アメリカ

スパイダー005

 幼いときに両親が失踪し、心に傷を抱えたまま伯父夫婦のもとで育った内気な高校生、ピーター・パーカー。彼は、NY市警警部を父に持つ同級生グウェン・ステイシーに秘かな想いを寄せる日々でした。そんなある日、父の鞄を見つけたピーターは、父のことを知るオズコープ社のコナーズ博士を訪ねます。しかしそこで、遺伝子実験中の蜘蛛に噛まれてしまう。翌日、ピーターの身体に異変が起こり、超人的なパワーとスピードを身につけることに。やがて彼はその能力を正義のために使うことを決意し、スーパーヒーロー“スパイダーマン”となって街の悪党退治に乗り出します…(後は映画を観て下さい)


たをごと02

 サム・ライミ監督、トビー・マグワイア主演による実写版3部作が世界的に大ヒットしたマーヴェル・コミックスの人気キャラクターを、「500日のサマー」のマーク・ウェブ監督、「ソーシャル・ネットワーク」のアンドリュー・ガーフィールド主演で装いも新たに3Dで再映画化したアクション・アドベンチャー大作。両親の失踪の真相を追い求める悩み多き青年が、様々な葛藤を乗り越えスパイダーマンとしての運命を受け入れていく姿を、3D映像による迫力のアクションとフレッシュかつエモーショナルなストーリー展開で描き出す。共演はエマ・ストーン、リス・エヴァンス、マーティン・シーン、サリー・フィールド。

サム・ライミ監督のスパイダーマンも嫌いでない…
 サム・ライミ監督のスパイダーマンもよく出来ている。特にPART1は、当時思いがけない秀作で感動したのが、この前…。日本人でもなじみのスパイダーマン。今回は、前作をリスレッシュで、学園モノのスパイダーマンです。

スパイダーマンのキスシーン
 確かに新作は、テンポもよくアクションも派手で、よく出来ている。しかし「キスシーン」に至っては、旧作の勝ちだと思います。雨の中、マスクを中途半端に剥がしてのキスシーンは、結構感動ものです。

スパイダー007
ご存知、サム・ライミ・スパイダーマンのキスシーン。

スパイダー008
改めて観ると、新作も中々イケてました…。

追 伸
スパイダー006
何気なく応募したゲオの抽選でDVDが当たりました。ブルーレイで無いのが残念でした…



カッパ採点7点
映画的旅情
【其の四】

タヌキだってがんばってるんだよォ。
平成狸合戦ぽんぽこ 1994年日本

狸01

 東京・多摩丘陵。のんびりひそかに暮らしていたタヌキたちは、ある時、エサ場をめぐって縄張り争いを起こします。原因は人間による宅地造成のため、エサ場が減ってしまったから…。このままでは住む土地さえ失くなってしまうと、タヌキたちは開発阻止を目論み、科学の発達した人間たちに対抗するため先祖伝来の″化け学″を復興させることとなりました。化け学の特訓が始まる一方、四国(徳島)や佐渡に住むという伝説の長老たちへも援軍を頼む使者が向けられた…。(後は映画を観て下さい)

たをごと02

津田02 ワタシの町は、狸合戦 発祥の地。
 この映画の企画をはじめて知った ときは、ビックリした。ジブリの 新作が「狸合戦」。実はワタシが 住む町徳島市(津田地区)は、全 国多々在る狸伝説でももっとも有 名は「阿波の狸合戦」の町です。


阿波の狸合戦とは… 阿波の民話からの引用です
 徳島は「狸の国」。昔むかし、ず〜っと昔、眉山から城山・沖の洲にかけてあちこちに川が流れ湿地帯が多く葦やかやが繁り狸がたくさん住んでいた。この話は、そのころ津田山、勝浦川をはさんで小松島の日の峰山麓に掛けての勝浦川河川敷きが舞台となっている。四国の総大将と自負している「六衛門狸」は、徳島市津田町の津田山の洞穴に娘狸「鹿の子」息子の「千住太郎」と住んでいた。一方、小松島では、頭角をあらわしていた「金長狸」は、自分ももっともっと強くなろうと修業のため総大将の「六衛門狸」の門下に弟子入りした。厳しい修業であった特に「金長」には無理難題の特別の修業が与えられた。修業を終えた金長に六右衛門は、才能を見込んで、娘の「鹿の子」の養子にと考えた。金長は育ててくれた紺屋大和屋茂右衛門の恩義を思いだし辞退したが…。
 金長に反逆心があるとして「阿波の狸合戦」が始まった。ころは天保時代、勝浦川下流千代が丸付近から大神子(カゴ)にかけてが古戦場といわれている。狸のほえる声、引き裂くような声、青白い目の光が闇夜のなかで花火の様に飛び交いけたたましい泣き声、うめき声、ぶっつかる音、葦原を突っ走る音、三日三晩続いたといわれた戦いは東の空がしらみかけるころ川を挟んだ両岸は狸の死体で山になるほどだったという。その中でひときわ太く大きい「六衛門」の無残な姿が横たわっていた。「金長」が勝った。「六衛門」の戦いは、すざましく、ものすごいものであった。総大将の強さを見せつけた烈しい戦いであった。金長側も犠牲が多かった、金長も深く手負いを受け、それがもとで命を失う事になる。この戦いで金長は、正一位を授かる。今も小松島市中田町で大切に『金長大明神』として祭られている。

狸03
右端の狸さんが「六代目金長狸」です

 映画の中で、登場する六代目金長狸は、ワタシの隣町の出身です? 全国狸の総大将「六右衛門」の子分だったそうです。その総大将、六右衛門の祠(洞窟)の裏口は、ワタシの事務所の目の前です。津田の穴観音という洞窟があり、全国の狸の総本山だったそうです。

津田01
もし、狸伝説に興味があったらワタシの町に来て下さい。

ちょっと一言 !
 今日、小・中学校時代の友人たちとの忘年会でした…、気のせいでしょうが、不思議と皆、狸顔でした。さすがに狸の町だと実感しました。(ゴメンね)

追 伸
 有名な「徳島ラーメン」の中でも、かなりデュープなラーメン屋さんもあります。徳島ラーメンの中でも老舗のお店で、ワタシたち町のソウルフードです。

多家良や
徳島ラーメンの老舗、多家良家。

肝心な映画は、
6点


カッパのみなソン
Selection vol.36

真夜中のパリに魔法がかかる…
ミッドナイト・イン・パリ 
2011年スペイン・フランス

ミッド00

 ハリウッドでの成功を手にした売れっ子脚本家のギル。しかし、脚本の仕事はお金にはなるが満足感は得られず…、本格的な小説家に転身したいと処女小説の執筆に悪戦苦闘中でした。そんな彼は、婚約者イネズの父親の出張旅行に便乗して憧れの地パリを訪れ、胸躍らせます。ところが、イネズの男友達ポールが出現…、ひとり真夜中のパリを彷徨うことに。するとそこに一台のクラシック・プジョーが現われ、誘われるままに乗り込みます。そして辿り着いたのは、パーティで盛り上がる古めかしい社交クラブ。彼はそこでフィッツジェラルド夫妻やジャン・コクトー、ヘミングウェイといった今は亡き偉人たちを紹介され、自分が1920年代のパリに迷い込んでしまったことを…(後は映画を観て下さい)

たをごと02
 アメリカでウディ・アレン監督作としては最大ヒットとなったファンタジー・コメディ。作家志望のアメリカ人男性が、ひょんなことからヘミングウェイやフィッツジェラルド、ピカソといった伝説の作家や芸術家たちが集う憧れの1920年代パリに迷い込み、幻想的で魅惑的な時間を過ごすさまを、ノスタルジックかつロマンティックに綴ります。主演は「マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと」のオーウェン・ウィルソン。共演にレイチェル・マクアダムス、マリオン・コティヤール、キャシー・ベイツ。また、フランス大統領夫人カーラ・ブルーニの出演。アカデミー賞では作品賞を含む4部門にノミネートされ、みごと オリジナル脚本賞を受賞

ミッド02

ウディ・アレンが捧げるパリと芸術へのラブレター
 何と言ってもパリの美しい風景にうっとり。ああ、行ってみたい…。それだけでもこの映画を観る価値がある。(ブルーレイでなくDVD鑑賞が残念)フィッツジェラルド、ヘミングウェイ、ピカソ、ダリ…、主人公が出会う芸術家たちは偉人ばかりです。彼らから芸術の助言を受けるギルの姿は、ウディ・アレン監督自身の夢と憧れだと思います。「カイロの紫のバラ」では映画ファンの夢を描き、この作品では、芸術への夢を描き、その一方で彼らしく風刺的な要素も見受けられます。

ミッド03
ウッディ・アレンのパリへの想いが心地良いです。

カッパ採点7点



カッパのみなソン
Selection vol.35

19人が織り成すそれぞれの愛のカタチ、それはあなたの物語。
ラブ・アクチュアリー 2003年イギリス・アメリカ

ラブ02

 12月のロンドン。クリスマスを目前に控え、誰もが愛を求め、愛をカタチにしようと浮き足立つ季節。新たに英国の首相となったデヴィッドは、国民の熱い期待とは裏腹に、ひと目惚れした秘書のナタリーのことで頭がいっぱいです。一方街では、最愛の妻を亡くした男が、初恋が原因とも知らず元気をなくした義理の息子に気を揉み、恋人に裏切られ傷心の作家は言葉の通じないポルトガル人家政婦に恋をしてしまい、夫の不審な行動に妻の疑惑が芽生え、内気なOLの2年7ヵ月の片想いは新たな展開を迎えようとしていました…(後は映画を観て下さい)


たわごとクリスマス

クリスマスに欠かせないラブストーリー。
 「ノッティングヒルの恋人」「ブリジット・ジョーンズの日記」の製作スタッフが、クリスマスを目前にしたロンドンを舞台に、男女19人が織りなすさまざまな恋愛模様を同時進行で描く心暖まる群像ラブ・コメディ。「ノッティング~」「ブリジット~」などの脚本を手掛けたリチャード・カーティスが本作では脚本のみならず監督デビューも果たす。ヒュー・グラント、リーアム・ニーソン、エマ・トンプソンをはじめ、新旧の人気英国人スターを中心に豪華共演。

ラブ03

それぞれの恋、それぞれの物語。
 総勢19人の男女が織りなす様々な「恋と愛」を綴った物語。人を愛することの素晴らしさが描かれた、ハートフルな映画です。それぞれの小さな恋愛を描きながら、大きな人間愛を描いた物語。

ラブ04

必ずクリスマスに、大切な人と一緒に観て下さい。


カッパ採点01

いつかみた映画
【其の十三】

長谷川和彦監督の幻の名作 !
太陽を盗んだ男 1979年日本

太陽01

 中学校の理科教師、城戸誠。東海村の原子力発電所からプルトニウムを盗み出し、自宅のアパートで原子爆弾の製造に成功します。城戸は原爆を武器に、警察に対してプロ野球のTV中継を最後まで見せろと要求…、続いて城戸は、ローリング・ストーンズの日本公演をラジオ番組を通じて要求する…。(後は映画を観て下さい)

たをごと02

太陽03

今、観るのは余りにも不謹慎…? それとも…。
 原発に侵入して、プルトニウムを盗み。アパートで原子爆弾を作り、日本国政府を脅迫する…。こんな馬鹿げたテーマを真剣に映画化したゴジこと長谷川和彦監督。ATG配給映画の名作「青春の殺人者」と並ぶ日本映画の名作であり、宝でもある。今、この時期にこの映画を観る事は、不謹慎であり、非常に大切な事かもしれません。映画は、決して文部省推選の教科書ではなく、アンダーな部分を見せる、反面教師の要素を持ったメディアだと思う。しっかりと観て、しっかりと自分なりに判断し考える。これも映画の使命だと思います。

長谷川和彦監督に今を撮って欲しい !
 彼の映画は、何より今の日本映画には、無い熱い想いや、力強いメッセージ性があると思います。そして娯楽映画としてのクオリティも素晴らしい。とにかくこの「太陽を盗んだ男」は、見逃してはいけない傑作です。そして、長谷川和彦監督、今の混迷とした現代を映画にして下さい。あなたならどんな「切り口」で製作するのか観てみたいです。

青春名作、青春の殺人者
この映画的日記を書きながら、ATG配給映画のの名作「青春の殺人者」がたまらなく観たくなりました。


9点訂正

2012.12.12 バトルシップ
カッパのみなソン
Selection vol.34

戦いは、海から始まる。
バトルシップ 2012年アメリカ

バトルシップ01

 ある日、ハワイ沖にアメリカや日本をはじめ各国の軍艦が集結し、大規模な合同軍事演習が行われようとしていました。血気盛んな米海軍の新人将校アレックスは、日本から参加した自衛艦艦長のナガタに激しいライバル心をむき出しにします。そんな中、演習海域に正体不明の巨大な物体が出現 ! さっそくアレックスの乗る駆逐艦とナガタの自衛艦、それにアレックスの兄ストーンが艦長を務めるサンプソン号の3隻が偵察に向かいます。ところがその正体は、地球に飛来したエイリアンの母船でした…(後は映画を観て下さい)

バトルシップ04

たをごと02
 海軍マニアの父の影響で幼い頃から戦艦などに強い興味を抱いていたという「キングダム見えざる敵」「ハンコック」のピーター・バーグ監督が、エイリアンの襲撃に立ち向かう日米軍艦乗組員たちの決死の戦いを描く洋上バトル・アクション大作。主演は「ジョン・カーター」のテイラー・キッチュ、共演には日本を代表する俳優、浅野忠信氏がハリウッド出演第二作目。

バトルシップ02
ハワイ沖で、アメリカ海軍とともに戦う浅野君。

 先々日の「山本五十六〜」と、この「バトルシップ」。なんとも因縁のハワイ沖真珠湾で、アメリカ海軍と日本海軍が、競いながらも共に戦う…。非常に複雑キモチである。互いのウヤムヤをエイリアンを絶対悪にし祖国攻防戦を展開。本当にアメリカ映画はしたたかである。それにしても、このエイリアン大げさに地球に押し掛けてきた割に 意外にも弱い… あれだけの風貌で、せっかく地球までに押し掛けて来たのに、第二次世界大戦時の戦艦ミズーリと年寄り達兵士にあっさりと始末されてしまう…。もっと頑張れと思ってしまう。

バトルシップ03
一番強力な円盤形の破壊兵器は、機動戦士ガンダムF91
の破壊兵器のパクリ?

バトルシップ05

ちょっと一言 !
 ミズーリはアメリカ海軍の戦艦。アイオワ級戦艦の3番艦。艦名はミズーリ州に因んで命名された。その名を持つ艦としては4隻目。太平洋戦争での日本の降伏調印式場となりました。当時の大統領トルーマンの出身州に因んで同艦が選定された。1999年からは、ハワイ州パールハーバーで記念艦として保存されています。

5点


カッパのみなソン
Selection vol.33

顔で笑って、心に殺意…。
おとなのけんか 2012年フランス・ドイツ・ポーランド

おとなのけんか01

 ニューヨーク、ブルックリン。11歳の子ども同士が喧嘩し、片方が前歯を折るケガを負ってしまいます。ケガを負わせてしまった側のカウアン夫妻がロングストリート夫妻の家に謝罪に訪れ、和解の話し合いが行われ、お互いに社交的に振る舞い、話し合いは冷静かつ友好的な形で淡々と進んでいくかに思われますが…(後は映画を観て下さい)

たをごと02

 「戦場のピアニスト」「ゴーストライター」の巨匠ロマン・ポランスキー監督が、ヤスミナ・レザの大ヒット舞台劇を、4人のオスカー受賞&ノミネート俳優の豪華共演で映画化したコメディ・ドラマです。子ども同士の喧嘩を穏便に解決するべく親同士が和解の席を設けるが、平和的だったはずの話し合いが、いつしか本音が飛び交う混沌と狂騒の場と化していくさまをリアルタイムの進行で、ユーモラスかつシニカルに描き出します。

おとなのけんか02
左からジョディ・フォスター、ジョン・C・ライリー、ケイト・ウィンスレット、クリストフ・ヴァルツ

これこそ、観なければソンします !
 はっきり言って、この映画はタイトル等の印象以上、はるかに面白い ! 登場人物は上記の4人だけ…。一部屋だけで行われる舞台的な会話劇。最初は、みなさん大人の会話で話し合って、それなりに感心します。そんな中、クリストフさんがまずちょっと非常識で感じが良くない…。(ネタバレ注意)
 そんなこんなで、良識派に見えた人々のバトルロワイヤルが始まります。4人だけで映画として成り立っています。演出の素晴らしさと出演者たちの演技力。舞台演出が、あのヒッチコックの名作「ロープ」を彷彿させられます。
 大人の必見映画です !

9点訂正

カッパのみなソン
Selection vol.32

ノーラン・バットマン三部作、ついに終結…?
ダークナイト ライジング 2012年アメリカ

ライジング01

 人々の尊敬を集めた地方検事ハービー・デントの罪を一身に被り、ゴッサム・シティから姿を消したダークナイト。それから8年、ゴードン市警本部長は真実を心におさめ、街の平和のために尽力していました。そんな束の間の平和を享受していたゴッサムシティでしたが、鋼のような肉体をまとった巨漢のテロリストベインの登場で一変してしまいます。街は次々と破壊され、無法地帯と化し、人々の心が恐怖と絶望に支配される中、ついにブルース・ウェインは自らの封印を解き、再びマスクを身に纏います…(後は映画を観て下さい)

たをごと02
 アメリカン・コミックを原作としながらも、正義と悪を巡る根源的なテーマにも迫るリアルかつ重厚な世界観で世界中に衝撃を与えたアクション映画の金字塔ダークナイトの続編。クリストファー・ノーラン監督「バットマン三部作」の完結編。ジョーカー、そしてトゥーフェイスとの壮絶な死闘の果てに深い喪失と絶望に打ちのめされ、8年にわたり沈黙を守り続けたバットマンが、狂気のテロリストベインによって蹂躙される故郷ゴッサム・シティを目の当たりにしてついに自らの封印を解き、最強の敵との最終決戦に臨む姿を描きます。

ライジング3

 ベインが圧倒的なカリスマ性と野蛮さを曝す…。ベインの拳がバットマンををつぶす音、骨を砕く音。過去2作でもこれほどバットマンが命の危機に直面したことはなかった…。それでも彼は、まだ自分には残された使命があると確信している。クリストファー・ノーラン監督の描くバットマンは常に悩み、苦悩する。そう彼は、現代のアメリカを象徴するダークヒーローなのです。バッドマンは、超人でもなく、経済的に恵まれた悩める愛国者なのです。

ライジング02

アン・ハサウェイ演じるキャット・ウーマン。
 「バットマン・リターンズ」では、ミッシェル・ファイファーの演じたセリーナ・カイルことキャット・ウーマンも中々良かった、しかし、今回のアン・ハサウェイ演じるセリーナ・カイルは魅力的。

ちょっと一言 !
 前作の「ダークナイト」は、IMAX作品。どうせならIMAXスタジオで観なければソンします。ワタシ(徳島)では、IMAXスタジオはなく、大阪の箕面の「119劇場」にまで行くしか無いです…。(距離あり過ぎ)そんな訳で、マイシアターで、ブルーレイでの鑑賞。ビスタサイズとスコープサイズに変化しますが、中々の映像と音声。このシリーズは、製作過程から魅せる映画を心がけています。可能な限り良い環境で鑑賞して下さい、存分に楽しめます。

カッパ採点7点


カッパのみなソン
Selection vol.31

誰よりも、戦争に反対した男がいた。
聯合艦隊司令長官 山本五十六 
太平洋戦争70年目の真実
 2011年日本

山本05
 
 1930年、夏。好戦ムードに盛り上がる世論を背景に陸軍が日独伊三国軍事同 盟の締結を強硬に主張する中、海軍次官の山本五十六は敢然と異を唱えます。ドイツと結べばアメリカとの戦争は必然であり、両国の国力の差を冷静に見極めていた五十六にとっては、それは絶対に避けなければならない戦いでした…。しかし、五十六の懸命の訴えで一旦は棚上げにされるも、三国同盟締結の流れを完全に断ち切ることは出来なかった。そんな中、五十六は聯合艦隊司令長官に就任する。そして、五十六が予想したとおり、アメリカとの戦争は日に日に現実味を帯びてきます…。

山本03

たをごと02
 アメリカとの戦争に強く反対しながらも連合艦隊長官としてその端緒となる真珠湾攻撃を指揮することになった軍人・山本五十六の知られざる実像を、半藤一利の監修の下、映画化した戦争ドラマ。主演は、今や日本を代表する役者、役所広司。監督は「孤高のメス」「八日目の蝉」の成島出。

戦争を知らないボク達だから…
■昨日、12月8日は太平洋戦争開戦記念日…
 1941年(昭和16)12月8日午前3時19分。日本軍がハワイ・オアフ島・真珠湾のアメリカ軍基地を奇襲攻撃し、3年6ヵ月に及ぶ大東亜戦争対米英戦(太平洋戦争)が勃発しました。「12月8日午前零時を期して戦闘行動を開始せよ」という意味の暗号電報「ニイタカヤマノボレ1208」が船橋海軍無線電信所から送信され、戦艦アリゾナ等戦艦11隻を撃沈、400機近くの航空機を破壊して、攻撃の成功を告げる「トラトラトラ」という暗号文が打電された。
 元々は、ワシントンで交渉していた野村・来栖両大使がアメリカ側に最後通牒を手渡してから攻撃を開始することになっていたが、最後通牒の文書の作成に時間がかかったため、事実上奇襲攻撃となってしまった…。

山本06

戦争映画の責任と義務。
 太平洋戦争を描いた映画は常に様々な論議を巻き起こしてきました。民族・思想的立場により解釈が分かれる問題ゆえ、「戦争映画」どうしても批判の対象になりやすいようです。自国を一方的に被害者とする偏った考証のアメリカの娯楽大作「パール・ハーバー」はその典型作品だと言えます。その一方、真珠湾攻撃を描いた作品中でも、きわめて中立的な視点による「トラ・トラ・トラ!」。しかし、時が過ぎ戦争経験者が減るにつれ、主観的な戦争映画が増えてきたのも事実です。
 そんな流れの中で、この「聯合艦隊司令長官 山本五十六 太平洋戦争70年目の真実」は、エンターテナーとして派手さは無いが、最近の邦画の戦争映画の中ではもっとも誠実かつ冷静な歴史映画に仕上がっています。混迷な今を生きる日本人として、今こそ、観るべき映画 なのかも知れない。

カッパ採点7点
カッパのみなソン
Selection vol.30

生きては還れぬ謎の古城でついにめぐり逢った最強の敵 !
ルパン三世 カリオストロの城 1979年日本

ルパン01

 ヨーロッパの小国カリオストロ公国。ニセ札の噂が絶えないこの国へやって来たルパンは、悪漢に追われるひとりの少女クラリスを助けます。しかし、彼女は再び連れ去られてしまいます…。実はカリオストロ公国・大公家のひとり娘であったクラリスは、強引に結婚を迫るカリオストロ伯爵によって城に幽閉されていたのでした。ルパンは既に城内に忍び込んでいた不二子の手引きで城に潜入するしますが…(後は映画を観て下さい)


たをごと02

宮崎アニメの「魂」が、注がれている…
 モンキーパンチオリジナルのルパン像とは、一線を画すルパン。それまでのルパンファンの間では賛否の分かれる作品ではあるが、印象的な道具立てに畳み掛けるアクション、気の利いたセリフやほどよいユーモアなどひとつの作品としては超一級のエンタテインメントに仕上がっているのは間違いない。そして何よりも、可憐で健気な美少女クラリスにオタクファンの心は奪われました。

ルパン03

自分の中の少年を確かめる。
 ワタシ的には、宮崎アニメの中で一番好きな作品です。確かにテレビアニメの名作「ルパン三世」の鋭角的な世界観とは、だいぶ異なり当時高校三年生の少年期のワタシには、許せなかった。第一作の劇場版「ルパン三世 ルパンvs複製人間」は、もちろんモンキーパンチのテレビルパンでした。そして、それの続編を期待したワタシ達は、当然違和感を覚えました。アルプスの少女のようなルパンは…、これはルパンではない !と偏見を持っていました。しかし、時が過ぎ、こころが和むとこの作品の素晴らしさがわかってきます。そう、大人になればなる程、大切にすべき作品なのです。
 社会人になると、どうでもいい出来事や、自ら挑んだはずの戦いを投げ出したくなってしまう時が多々あります…。そんな時、このカリオストロの城を観るとあの時の自分に戻れて、もう少しだけ頑張ってみるか…。そんな元気がでる映画です。

ルパン02
カリオストロの遺産が、ローマ遺跡とは、なんともロマンチック。

遺跡

モン・サン・ミッシェル フランス
こちらは城ではなく修道院らしいですが、当時は要塞としても使われていたそうです。実はここは、カリオストロの城のモデルだと言われています。

ちょっと一言 !

テレビ

1997年〜1980年に放送された赤ジャケルパンことアニメ『ルパン三世』のセカンドシリーズには、宮崎ルパンが存在します。ご存知、伝説のセカンドシリーズ最終回、第155話『さらば愛しきルパンよ』と“セル画枚数普段の2倍”作成した、超大作、第145話『死の翼アルバトロス』。どちらも30分のテレビ番組のはずなのに、まるで映画を見終えた気分になります。
・映画『天空の城ラピュタ』に登場するロボット兵にソックリなロボット兵(ラ ムダ)が登場
・ルパンの乗るクルマが映画『ルパン三世 カリオストロの城』と同じ「フィアッ ト500」
・BGMの効果が最高によく出来ている
 等々、宮崎監督の思い入れがいっぱい詰まった名作です。

9点訂正


2012.12.07 告白
カッパのみなソン
Selection vol.29

告白が、あなたの命につきささる。
告 白 2010年日本

告白01

 とある中学校の終業日。1年B組の担任・森口悠子は、ある告白を始める。数ヵ月前、シングルマザーの森口が学校に連れてきていた一人娘の愛美がプールで死亡した事件は、警察が断定した事故などではなく、このクラスの生徒、犯人Aと犯人Bによる殺人だったと…。そして、少年法に守られた彼らを警察に委ねるのではなく、自分の手で処罰すると宣言するでした。その後、森口は学校を辞め、事情を知らない熱血教師のウェルテルこと寺田良輝が新担任としてクラスにやってきます。そんな中、以前と変らぬ様子の犯人Aはクラスでイジメの標的となり、一方の犯人Bはひきこもりとなってしまいます…(後は映画を観て下さい)


たをごと02

本屋大賞は名作の宝庫 !?
 2009年の本屋大賞に輝いた湊かなえの同名ベストセラーを「嫌われ松子の一生」「パコと魔法の絵本」の中島哲也監督が映画化した戦慄のエンタテインメント復讐劇です。担任クラスの生徒に娘を殺された女性教師が繰り広げる復讐の顛末が、事件に関わった登場人物たちそれぞれの視点から緊張感あふれるタッチで綴られて行きます。主演はの松たか子は、役者としての新たな分野を開拓、共演の岡田将生、木村佳乃も素晴らしい!

告白03

2010年キネマ旬報
読者選出日本映画ベスト・テン 第1位 !
 2010年の日本映画は、珍しく名作揃いでした。ワタシが愛読している「キネマ旬報」の2010年日本映画ベスト・テンでは、この作品以外にも「悪人」「十三人の刺客」「キャタピー」など質の高い邦画が選出されていました。そして、何よりも放送局がプロデュースするテレビと映画の境界線がないテレビ映画が選出されてないことが、映画ファンのワタシとしては、嬉しい事です。


キネ順この「キネマ旬報」は、20歳の頃から愛読しています。日本の数ある映画祭で一番権威のある賞だと思います。特に某テレビ局が開催する、某アカデミー賞よりも権威があると思います


カッパ採点01


カッパのみなソン
Selection vol.28

砂よ…時間を巻き戻せ !
プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂 
2010年アメリカ

時の砂01

 史上空前の繁栄を極める古代ペルシャ。親のないスラムの少年ダスタンは、友人を救うための勇気ある行動が王の目に止まり、養子として王宮へ迎え入れられます。それから15年、第3王子として“ペルシャのライオン”と異名をとるほどの勇者に成長したダスタン。彼は兄や叔父ニザムと共に聖なる都アラムートを征服、ある1本の短剣を戦利品として手に入れます。しかし、父王に贈ったアラムートの法衣に毒が塗られていたことから王が絶命、暗殺の容疑者となってしまうことに…(後は映画を観て下さい)

たをごと02
 ジェリー・ブラッカイマー製作で放つ古代ペルシャ舞台のアクション・アドベンチャー。父王殺しの濡れ衣を着せられた王子が、その真相を解く鍵となる「時間の砂」を求め繰り広げる未知の冒険を壮大なスケールでファンタジックに描き出します。主演は「ブロークバック・マウンテン」のジェイク・ギレンホール。共演は「007 慰めの報酬」のジェマ・アータートン、オスカー俳優ベン・キングズレー。監督は「フォー・ウェディング」のマイク・ニューウェル。

HiVi01愛読書、HiVi 2010年11月号CINEMA ILLUSTRATIONコーナーで面白い記事が…

ワタシの愛読書は、二十歳の頃から購読している「キネマ旬報」そして、最近は、オーディオマガジン「HiVi」。この雑誌は、単にハードだけでなく、映画のことにしっかりと愛情を込めて紹介してくれています。


二つの映画を見比べる…
※HiVi 2010年10月号からの引用です
 「グリーン・ゾーン」を観た後、続けて「プリンス・オブ・ペルシャ」を観てずっこけた。アメリカがフセインの隠し持つ大量破壊兵器を見つけるという名目でイラク攻略を果したと同じようなことが、古代ペルシャ帝国でも行われていたという設定だったから。ペルシャ帝国は聖都アラムートの制圧を狙っていたが、アラムートが敵国の高性能武器を製造して売り渡しているという情報を得て、それを理由にいっきにアラムートに攻め込む。しかし、その情報はガセネタだった…(略)一方に「グリーン・ゾーン」のような直球型の責任追及映画があり、一方に「プリンス〜」のような変化球がありという所にアメリカ映画のしたたかさを感じずにいられない…(略)

グリーン
マット・デイモン主演「グリーン・ゾーン」

アメリカ映画のしたたかさ…
 アメリカ軍の「イラク攻略」…、真の真相はもちろんわかりませんが、映画を通じて考える事が可能です。この2つの映画は、全く違う作品なのですが、このように「切り口」を絞り込んで観ると非常に面白いです。それぞれの映画が、娯楽性だけではなく、社会的な意味とか…時代を反映します。
 映画は、時代を映し出す時の鏡 なのかも知れません。

6点

カッパのみなソン
Selection vol.27

勝った方が、人類最大の敵になる ! 平成ゴジラシリーズの秀作。
ゴジラ vs ビオランテ 1989年日本

ゴジラ01

 
 1984年、ゴジラが新宿を襲撃した際、その被災現場からゴジラ細胞(G細胞)を密かに盗み出した者がいた…。中東サラジア国のエージェントである。その国では遺伝子工学の権威・白神博士がG細胞の研究を行っていました。だが“バイオ・メジャー”と名乗る集団に研究所は破壊され、博士は一人娘の英理加を失ってしまいます。一方、ゴジラ襲来から5年後の現在、幼い子供たちがゴジラ復活を予言するような夢を見続けている事が判明。超能力者である三枝未希も三原山の火口の中で息づいているゴジラの存在を確認…。(後は映画を観て下さい)

たをごと02

ポスター平成ゴジラ誕生!
1984年ゴジラの続編にして、通称『平成ゴジラ”シリーズ』の第1弾。前作での設定を継承しつつ、新怪獣とのVSものという東宝娯楽怪獣映画の王道に挑んだ意欲作。

脚本は、なんと一般公募。
 一般公募されたストーリーの中から選ばれた小林晋一郎の原案を基に、大森一樹が脚色・監督を手がけた作品で、特技監督には川北紘一を迎え、真の意味での“新たなるゴジラ映画”となりました。すぎやまこういち氏による勇壮なテーマとともに、人気の高い対ゴジラ用兵器スーパーX2も活躍。
 政府の対応や科学設定など現実に即したリアルな描写と、女性とバラとゴジラ細胞の融合体であるビオランテというファンタジーの要素がうまく結合し、ドラマ・特撮共に見応えのある作品と言えます。特に川北特技監督の特撮のビジュアルは、生物として捉えたゴジラの新たなデザイン・造型を含めてハリウッドのSFXにひけをとらない素晴らしいものです。この後続く“平成ゴジラ”シリーズの基礎を成した作品と言ってもよく、超能力少女・三枝未希もこれが初登場。ただ興行的には今一つ奮わず、次作はかつての人気怪獣をフィーチャーした『ゴジラvsキングギドラ』となりました。

ゴジラ02

ちょっと一言 !
 一般公募で採用された、小林晋一郎は、帰ってきたウルトラマン第34話「許されざるいのち」のプロットも書いており、こちらも植物と動物の合成怪獣が芦ノ湖に出現するというものである。本作品との共通点を探るのもおもしろい…。

小林小林晋一郎氏
歯学博士、映画評論家。湘南短期大学客員教授。該博な知識と文化論的な考察に裏づけられたユニークな怪獣・特撮映画評論でも知られる。著書に「形態学的怪獣論」「バルタン星人はなぜ美しいか」などがある。


小林晋一郎氏は、ワタシの知り合いの友人でした…
 ワタシもビックリしました。小林晋一郎氏は、ワタシ達夫婦の知り合いの学生時代からの友人でした。こんなにも凄い人が身近に感じたのは、ゴジラを愛する一人として光栄でした。今後の活躍もご期待しております。


カッパ採点7点

いつかみた映画
【其の十二】

シリーズ第10作目、興行的にも大ヒット。007シリーズ大傑作 !
007 私を愛したスパイ 1977年イギリス

私を愛した01

 英ソの原潜が行方不明になるという事件が発生、にわかに東西の緊張が高まります…。事態を憂慮した英国情報部は、真相究明をボンドに命じた。一方同じ頃、ソ連でも自国の原子力潜水艦が消えたとの情報が入り、KGBの女スパイ、アニヤがその捜索にあたる事になります。そして2人は、それぞれ手掛かりを追う中で出会い、共同で捜査に奔走。するとやがて、地中海の海底に基地を持つ海運業のストロンバーグが潜水艦を悪用した世界征服を狙っているのでは、という疑惑が浮上…(後は映画を観て下さい)


たをごと02

原点回帰で大好評 ! 007 スカイフォール

スカイフォール

 自称007ファンのワタシですが、まだ最新作「スカイフォール」を観ていません…。(お恥ずかしい)それは、さておきワタシ達の世代にとっての「007」シリーズのオンタイムで印象深いのが、シリーズ10作目の記念映画「私を愛したスパイ」です。
 実はワタシ的にもかなり記念すべき映画です。当時(高校1年生)のワタシが初めて「試写会」で観た作品です。知人から試写会の招待状を頂き、歓楽街にある劇場に招待され観た作品です。そして、記念すべき映画日記のはじまりでもありました。当時の映画ファン必見の「ロードショー」のおまけでに付いていた「シネマレポート」に映画感想を記載した記念すべき第1作目です。


ポスター007シリーズの「らしさ」が発揮された痛快傑作 !
 007シリーズで名作と言えば、多くの方が「007 ロシアより愛を込めて」を揚げ、秀作と言えば、新シリーズの「007 カジノロワイヤル」を掲げる方が多いと思います。
しかし、ワタシ的の007の傑作は、この「私が愛したスパイ」だと確信しています。



なによりもオープニングが素晴らしい !
 山小屋での女スパイとの情事の最中に、MI6本部からの帰国命令の電文が腕時計(確かSEIKO製)から流れると、そそくさと身支度を整え、女を置き去りにするボンド。そして、お決まりのスリリングなスキーチェイス(かなり長尺)…。そして、そして、絶壁からの壮大なダイブ…。落ちてゆくボンド。ここで音は止まり、一瞬の静寂と映画の間…。次の瞬間、華やかな007のジングルとともにユニオンジャック柄のパラシュート(英国国旗)が色鮮やかに花開く。同時にピアノメロディで静かに始まるタイトル曲…。
このオープニングシーンだけで007の全てが集約されています。
 これぞ 007ジェームズボンド なのです。


カッパ採点7点


カッパのみなソン
Selection vol.26

ホラー小説の大家、スティーブン・キングの傑作
ショーシャンクの空に 1994年アメリカ

ショーシャンク00

 1947年、ショーシャンク刑務所。銀行の若き副頭取、アンディ・デュフレーンは、妻と間男を殺した罪で刑に服しました。誰とも話さなかった彼が1カ月後、“調達係 ”のレッドに、鉱物採集の趣味を復活させたいと言い、ロックハンマーを注文します。一方あらくれのボグズ一派に性的行為を強要され常に抵抗したアンディは、2年間生傷が耐えなかった。1949年、アンディは屋根の修理作業に駆り出された時、監視役のハドレー刑務主任が死んだ弟の遺産相続問題で愚痴をこぼしているのを聞き、解決策を助言します。彼は作業中の仲間たちへのビールを報酬に、必要な書類作成を申し出た。取り引きは成立して囚人たちはビールにありつき、彼らはアンディに一目置くようになります。(後は映画を観て下さい)

たをごと02
 「エルム街の悪夢3 惨劇の館」「ブロブ 宇宙からの不明物体」の脚本家F・ダラボンが、S・キングの短編小説『刑務所のリタ・ヘイワース』に惚れ抜いて作り上げた渾身の劇場監督デビュー作です。卓越した構成、隙の無い脚本、緩急自在の演出によって誕生した“刑務所”映画の新たなる傑作です。奇妙な友情を育んでいくT・ロビンスとM・フリーマンの二人の芝居も素晴らしく、観終わった後の清々しさは忘れ難い名作です。

ショーシャンク02

愛される映画の代表作 !
 好きな映画は…、問いに対して常に上位に入るのは、この「ショーシャンクの空に」です。ワタシも確かに大好きな作品の一つです。しかし、決して…。万人の方に好まれる映画ではない…ような気がします。(ファンの皆様ゴメンナサイ)。主役のT・ロビンスも個性的で、M・フリーマンもかなりマニア向けである。しかし、この映画には、素晴らしい名言が存在します。その一部をご紹介します。もし良ければ、感動して下さい。

・『誰にも奪えないものがある。 それは希望だ』
・『希望はいい、おそらく最高のものだ。 そして、いいものは決して滅びない』
・『罪を犯して後悔しているかって? 後悔しない日など一日もない』
・『当時の俺は、人の命を奪ったバカな若造だった。そいつと話がしたい。
  そいつに分別を言って聞かせたい』
・『必死に生きるか、必死に死ぬか…俺は生きるぞ』
・『確かに、救いはこの中に』

等々、この映画は、名言の宝庫です。ワタシも含めてもう一度、鑑賞する時は、 映画の言葉 を意識してみて下さい。

カッパ採点01



2012.12.02 野口 久光
映画人02
episode01

大人野口 久光
●1909.8.9 〜1994.6.13
日本の映画・ジャズ・ミュージカル等の評論家。画家、グラフィックデザイナー・翻訳家。
生涯に1000点を超える映 画ポスターを描いたと言われています。彼が描く映画ポスターは、多くの映画人を唸らせた。



野口久光

野口02 1909年、栃木県宇都宮市に生まれ。1933年、東京美術学校(東京大学の前身)を卒業。外国映画配給会社東和商事に入社し、特にヨーロッパ映画のボスターを数多く制作。現代ポスターの草分けの一人である。映画評論だけでなく音楽評論にも健筆をふるい、特にジャズ・ミュージカルについては第一人者として活躍されました。


トリュフォーからの手紙
 上記に記載したのは、ご存知ヌーヴェルバーグの巨匠フランソワ・トリュフォー監督の代表作「大人は判ってくれない」です。
 このポスターには、有名なエピソードがあります。当時は、映画も世界統一の宣伝材料(宣材)はなく、映画上映の貴重な告知手段のポスターも各国、各地域によって独自の製作でした。統一のデータもなく、ポスター職人(当時のグラフィックデザイナー)達に託されて製作されていたはずです。ですから、その製作者の作品に対する「思い入れ」がそのまま映画の品格を表現していたのかも知れません。
 そんな時代、野口氏が描いたこのポスターは、監督のフランソワ・トリュフォー氏が感銘し、野口氏本人に感謝の手紙を送ったそうです。そして、実現はされませんでしたが、次回作の本国での作品ポスターの依頼もした…。そんな感動的なエピソードを持つ映画ポスターの名作です。

ポスター
野口氏が描くポスターは、映画の心を理解した名作ぞろい !

たをごと02
 かれこれ、30年ぐらい前…。近所の書店でよくあるポストカード型の文庫本を手にしました…「懐かしき名画ポスター」と「アメリカ映画ポスター」…。二冊とも野口氏による映画ポスターをポストカードにした、当時流行った単行本でした。なんとなく買ったただの単行本…、しかし、意外にも当時のまだ若いワタシが、決してオシャレとは言いがたい野口氏のポスターに魅せられました…。
 そして、時が流れ…。大林映画に魅せられたワタシは、監督の作品のポスターをあの野口氏のような方に制作して欲しい…などと野口氏の事も深く知らないワタシが勝手に想ってました…。そして、「ふたり」が公開前に大好きな尾道の商店街で、あのポスターを目撃しました ! 

ふたり02好きな物には引力がある
尾道の「ジャズ喫茶TOW」の前で見つけた時は、まさかと思いました。
好きなモノは、その想いで繋がっている、そして引力で引かれる…(自分勝手に想い込みました)
そして、次作の「青春デンデケデケデケ」でも描かれました。


2012.12.01 なごり雪
カッパのみなソン
Selection vol.25

あの唄は、今、何を語り掛けるのか?
なごり雪 2002年日本

なごり雪01

 間もなく50歳を迎える梶村祐作は、長年連れ添った妻に逃げられ自殺志願を持つようになっていました。そんな祐作のもとへ1本の電話が掛かってきました。
かつての友、水田健一郎からでした。水田の妻・雪子が危篤状態だという。祐作は水田の帰郷の願いを聞き入れ、古里の臼杵へもどりました。祐作は雪子の瀕死の姿を見て、28年前の思い出が蘇ってきます。3人で過ごした青春の日々。雪子は祐作に恋していた。それに気付いていながらも応えられなかった祐作。雪子に恋をしていた水田。そして今、一つの結末を迎えようとしていました…。
(後は映画を観て下さい)

たをごと02

2man.jpg

三浦友和さん、紫綬褒章おめでとうございます
 ワタシ的におなじみの三浦友和さん。彼は、大林映画に欠かせない俳優さんで、監督の尾道三部作と新尾道三部作が、評価の高い、いわゆる尾道映画ですが、実は、彼は「裏尾道三部作」の貴重な俳優さんです。

これが「裏・尾道裏三部」
です。
・彼のオートバイ彼女の島
・野ゆき、山ゆき、海辺ゆき
・おかしなふたり
 通称「裏・尾道三部作」といわける、この作品は余り評価された作品ではないですが、大林ファンの中では、非常に貴重な作品です。そして、この三作には、三浦友和さんが、「三部作」の尾美としのりさんのようなポジションでの出演です。まさに友和三部作と言っても過言ではないです。ちなみに、「彼のオートバイ・彼女の島」は、あの金融道の竹内力さんのデビュー作です。非常に爽やかな好青年ですよ!

竹内

 当時大林監督が、三浦友和さんに対して、おっしゃっていました。『彼は、もう少し年をとる方が良い…』。
そして彼は、素晴らしく年を重ね、昨今では、あの爽やかで清純な友和さんでだけではなく、人生の厚味と持ち前の爽やかさで、数々の作品に出演されています。日本映画界に不可欠な役者さんとなられました。

なごり雪00


カッパ採点7点