FC2ブログ
美味しい映画
【其の二】

「かもめ食堂」手掛けた製作チームの真骨頂
マザーウォーター 2010日本

マザー01

 京都に暮らす3人の女たち。ウィスキーしか置いていないバーを営むセツコ。疎水沿いで喫茶店を開くタカコ。この街にやって来て、念願の豆腐づくりを始めたハツミ。それぞれに、自分らしい生き方を送っていました…。そして同じ街に住む、家具職人のヤマノハ、銭湯の主人オトメ、その下で働くジン、いつも散歩している謎のおばさんマコト。この街で出会った彼らは、互いにちょっとずつ影響しあいながら、おだやかに日々を重ねていく…(後は映画を観てください)

たをごと02
「かもめ食堂」「めがね」「プール」を手掛けた製作チームが、今度は京都を舞台に描く癒しのスローライフ・ムービー。街の中を流れる川の水に引き寄せられるように京都に暮らし始めた3人の女性を中心に、ゆったりと流れていく男女7人の日々の営みを美味しそうな料理の数々とともに映し出していく。主演は小林聡美、小泉今日子、市川実日子、共演に加瀬亮、もたいまさこ。監督は新人の松本佳奈。
この映画は、はっきり言って あまり面白くない!
しかし、映画の持つ空気感と料理は、大好きです。この映画の「食」のキーワードは、カツサンド・豆腐・水割り とってもに美味しそう…。

カツサンド02
カツサンドって大人になるとそれ以上に美味しい。

豆腐
作り立ての豆腐に醤油をかけて食べる…。
一度食べてみたい。この映画のお店で、出来立て豆腐を食べたい!

豆腐屋
映画に登場する豆腐屋さん

水割り

「水割り」ってワタシたちの年代には、あまり良いイメージがない。正直、美味しい水割りを飲んだ事がない、大抵が、世の中が分かってないお店の女の子が、とっても質の高いウィスキーを適当に水で割ってくれる。なおかつ、チョコレートポッキー等で適当に混ぜてくれて…、とっても美味しいものではない。
実は、この映画を観て本当に美味しい大人の水割りを飲みたくなり、地元の老舗BARに飲みに行きました。人生を経験したマスターのしっかりと思い入れの入った水割りは、新鮮で美味しかった…。 初めて美味しい水割り いただきました。

5点
スポンサーサイト