2012.11.30 JAWS / ジョーズ
いつかみた映画
【其の十一】

当時27歳、映画の申し子スピルバーグの出世作 !
JAWS / ジョーズ 1975年アメリカ

ジョーズ01

 それは、6月のある夜に始まった。小さな海水浴場アミティの浜辺には、気の早い若者のグループが焚火を囲んでビールを飲んだりギターをかき鳴らしてたわむれていました。その中にの女子大生が、波打際めがけて走り出し、一糸まとわぬ姿でなまぬるい夜の海に飛び込んだ。どんどん沖へ出る。やがて彼女何かが自分の足をひっぱっているような衝撃に襲われた。次の瞬間、水面から身体が浮き上がった。恐怖で声が凍って、彼女の身体はかき消すように海面から消えた。彼女が最初の犠牲者だった。翌朝、アミティの警察署長ブロディの家に電話がかかり、溺死者が出たとの報告が…(後は映画を観て下さい)

ジョーズ02

たをごと02
 今さら説明の必要の無い大ヒット映画で、何かと話題先行に受け取られがちだが、映画自体の完成度の高さは素晴らしい ! スピルバーグが当時まだ27歳だったというのは未だに信じ難い。3人の男たちのキャラクターの対比や鮫との死闘を描いた後半の面白さに見られるように、パニック映画と言うよりは海洋冒険映画と呼ぶ方がふさわしい。原作ピーター・ベンチリー(本人もレポーター役で出演しているらしい)音楽はワタシの大好きな、ジョン・ウィリアムズ。

ジョーズ03

 この「JAWS」が上映されたのは、もう35年以上も前の事です。それだけの年月が経っても色あせることなく、今も語り継がれる、名作はこの世にいったいどれだけあるのだろうか…、そして、これからどれだけめぐり合う事が出来るのだろうか…。
 ワタシが劇場で観たのは、確か中1の時、当時もかなり話題となり、悪友達と商店街の映画館へと足を運んだのが、ついこの前のようです。丁度その頃ぐらいから、外国映画、いわゆる洋画に興味を持ち始め、怪獣や漫画映画から大人の映画へと背伸びし始めた、映画的思春期 でした。
 ワタシ達の世代にとっては、洋画は大人への入り口だったのかもしれません。

9点訂正

スポンサーサイト
カッパのみなソン
Selection vol.24

私はワタシと旅に出る…、アニメの枠を超えたジブリの名作。
おもひでぽろぽろ 1991年日本

おもいで01

 1982年夏。会社から10日間の休暇をもらったタエ子は姉のナナ子の亭主の実家である山形の片田舎・高瀬へ旅をする。東京生まれの東京育ちだったタエ子には、小学校5年生の時、田舎がなくてとてもさみしい思いをした記憶がありました。それが姉の結婚によって自分にも田舎が持てたのでした! そんな旅の途中にふとそのころの数々の出来事を思い出すタエ子。そして、彼女は小学校5年生の自分を連れたまま高瀬に到着…。明け方に着いたタエ子を駅まで迎えに来ていたのは、親せきの青年トシオだった。年はタエ子より2歳下だったが、頼りになる好青年で、彼によってタエ子はいろんな田舎の表情を知る。そして自然と調和しながら生きている農家の人々の姿に、タエ子は地に足の着いた生活の魅力を発見するのでした…。

おもひで02

 岡本蛍作、刀根夕子画による同名コミックをもとにした劇場用長編アニメーション。自分の少女時代を振り返りながら、精神的に自立してゆく平凡なOLの姿を描く。原作にある60年代のノスタルジックな風景と、高畑勲監督オリジナルによる有機農業を語る現代のエピソードが交差します。ノスタルジィ気分に浸れる、回想シーンが印象的的です。宮崎駿製作。声の出演に今井美樹、柳葉敏郎。

おもひで03

タエ子とトシオの会話の中で、田舎の風景についての会話が好きです。
「田舎の風景は、人が創った景色だから懐かしい」
 
ワタシ的な好みですが、自然の雄大な景色よりも、人が創った生活感がある景色が何故か落ち着きます。ですから、このアニメの決して派手でもなく、奇抜でもない…。しかし、何故か懐かしく落ち着きます。当時としては、何故アニメで製作しなければ…、実写の方が…、等々の声があったはずです。しかし、アニメだからこそ、描く事ができる風景(映画)なのです。

カッパ採点7点 


カッパのみなソン
Selection vol.23

スティーヴン・キングの非ホラー短編集を見事な映画化 !
スタンド・バイ・ミー 1986年アメリカ

スタンド01

 ある日バーンは、兄たちの会話を盗み聞きしてしまいます。ここ数日行方不明になっている少年が、30キロ先の森の奥で列車にはねられ、野ざらしになっている場所を知ったバーンは、仲の良いゴーディたちに話します…「死体を見つければ英雄になれる」と考えた4人は、線路づたいを歩いて死体探しの旅に出かけ…(後は映画を観て下さい)

たをごと02

スタンド02

スタンド・バイ・ミーをみることが青春だった。 
 モダン・ホラーの帝王スティーヴン・キングの非ホラー短編を基に、R・ライナーが少年時代の想い出をさわやかに描き上げた名編。些細な事で笑い、些細な事で怒り、突然不安に襲われたりする、少年期特有の心情がつぶさに描かれており、少年時代の原風景とでも呼べる山や森を見事に捉えた映像と相俟って、かつて少年だったワタシ達の琴線に触れる逸品である。そして、タイトルにもなっているベン・E・キングのスタンダード・ナンバーは、何にもましてこの作品の切なさを代弁している。

子供の頃は、毎日が冒険だった !
 私事ですが、つい先日「小学校の同窓会」に行きました。ワタシの校区は、幼稚園〜中学校3年生まで、ずっと同じメンバーでした。転校生以外は、他の地域からも合流する事もなく、約160人の顔なじみの子供達が限られた世界観の中で、学園生活を楽しんでいました。同窓会で久しぶりに顔を合わすと、風貌は、オッサンですが、心は未だ子供のままでした。お酒を飲むと、子どもの時の仕草やしゃべり方…。40年たっても変わってません。特に互いに思い出すのは、たわいもない徒と道草…。そんな同窓会で、ふとこの映画を連想してしまいました…。
ただ、リバー・フェニックスのような同級生 は、居ませんでした。

カッパ採点7点


2012.11.27 火の魚
ドラマのツボ
part.03

原作、室生犀星。各テレビ賞を総なめにした名作 !
火の魚 2009年NHK広島放送局

火の魚01

 島に住む老作家の村田省三(原田芳雄)のもとに、原稿を受け取るため東京の出版社から女性編集者の折見とち子(尾野真千子)が通ってきます…。小説家と編集者は、歳は違うがプロ同士。互いに一歩も譲らず、丁々発止のバトルが繰り広げられます。あるとき小説の装丁を、燃えるような金魚の「魚拓」にしたいと思いついた村田は、折見に魚拓を作ることを命じる。魚拓をとるには、金魚を殺さなければならない。小さな命を巡って、二人の間にさざなみが…、そして村田は、折見の秘密を知ることになります…。(後はドラマを観て下さい)

たをごと02
広島の小さな島から届けられる物語…
テーマは「命の輝き」。

 ぶつかりあい、いたわりあい、笑いあう。世間から取り残された孤独な老人と、時間を慈しむように生きる女性がすごすひと夏。命が輝くユーモラスでほろ苦い物語を、ワタシの大好きな、瀬戸内(大崎下島)を舞台に…、切なく、美しく、描かれます。

火の魚02

映画派なワタシですが、決してTVも嫌いではない…。
 映画は、どちらかと言えば「私的」なモノです。例えば、世界的超大作「スター・ウォーズ」は、やはりルーカスの作品であり、「アバター」は、キャメロンの作品です。つまり彼らの「想い」で作られた私的な物語です。その一方、テレビは、どちらかと言えば製作者のモノであり、監督よりもプロデューサーが中心のシゴトです。しかし、この「火の魚」は、広島のNHKがテレビを映画的に製作した、ローカル発のテレビ映画です。あの室生犀星の原作をもとに、スタッフたちの「想い」を込めて製作した心の作品です。平成21年度(第64回)文化庁芸術祭・大賞(テレビ部門・ドラマの部)や第36回放送文化基金賞優秀賞、第50回モンテカルロ・テレビ祭・ゴールドニンフ賞(テレビ映画部門)など各賞を総なめにした名作中の名作です。
再放送をチェックし、必ず観て下さい !

火の魚04

9点訂正


2012.11.26 ツーリスト
映画的旅情
【其の三】

華麗な旅人には、危険な謎がある…
ツーリスト 2010年アメリカ・フランス

ツーリスト01

 傷心を癒そうと、ひとり旅でアメリカからヨーロッパへとやって来たフランク…、ヴェネチアへ向かう列車の中、突然彼の前に見知らぬ美女エリーズが現われます。その妖艶な魅力に一瞬で引き込まれたフランク。しかし、そんな彼女の行動は逐一警察に監視されていました。警察は、ある重要人物がエリーズと接触する機会を待っていたのだ。ところがエリーズは、ニセの男と接触することで捜査の攪乱を狙っていました。そんなこととはつゆ知らず、そのまま正体不明の美女と行動を共にしてしまうフランク…(後は映画を観て下さい)

たをごと02

ツーリスト02

 アンジェリーナ・ジョリーとジョニー・デップの豪華競演が実現したロマンティック・ミステリー。フランス映画「アントニー・ジマー」のリメイクです。イタリアで妖艶な美女と出逢ったアメリカ人旅行者が、謎めいた彼女に翻弄されるがまま恐ろしい陰謀へと巻き込まれていくさまをミステリアスかつユーモラスに描き出す。監督は、善き人のためのソナタ のフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク。
※善き人のためのソナタは、超名作です !

映画は、さておき… フレンツェを堪能。
 フレンツェを舞台にした映画は、いっぱいあります。名作「旅情」はじめ、羊たちの沈黙の続編の「ハンニバル」やマギー・スミス主演のイギリス映画「眺めのいい部屋」等々、数えきれない程の名作の舞台です。この「ツーリスト」は、超豪華に大スターによるフレンツェ映画です。こんな 豪華な観光映画 も素敵だと思います。

ツーリスト04

ヴェネツィア共和国の象徴サン・マルコ寺院や、同じく国会や裁判所があった行政の中心ドゥカーレ宮殿がある広場。イタリア語で広場は「ピアッツァ」というが、ヴェネツィアに存在するピアッツァは唯一このサン・マルコ広場だけ。それだけ特別な存在という意味でもある。カフェやガラス製品を売る店も多く並んでいるそうです…

ツーリスト03

ヴェネツィアで最も有名な大理石の橋。19世紀末までは大運河にかかる唯一の橋で、二つの地区を結んでいた。ヴェネツィア発祥の地であることから古来から商業の中心地であり、現在も魚市場や数々の商店が軒を連ねています。橋を飾る装飾は16世紀のレリーフであり、欄干からは大運河の素晴らしい眺めを望むことが出来るそうです…

映画も良いが、フレンツェに行きたい !

肝心の映画は…、
5点



美味しい映画
【其の五】

監督第三作目のL・ベッソンが海の持つ神秘性を見事に描く名作 !
グラン・ブルー 1988年 フランス・イタリア

グラン01

 1965年、ギリシャのキクラーデス諸島で八歳のジャックはエンゾと出会います。そこで二人は初めて潜りを競い、翌日、ダイバーであるジャックの父の死を目撃し、大きな衝撃を受ける事になります。12年後の1987年、いまや一流ダイバーとなったエンゾ(ジャン・レノ)は、稼いだ金をつぎ込んでジャック(ジャン・マルク・バール)の行方を探していました。ジャックとダイビング選手権に出場して勝利すること、それがエンゾの夢でした…。しかし、ジャックは水族館のイルカだけを友として静かに暮らしていました…(後は映画を観て下さい)

たをごと02
映画も良いが…やたらパスタが食べたくなる!
 もちろん、映画は、L・ベッソン監督の中では、一番好きな作品ですが…、この映画を観ると、やたらパスタが食べたくなる。エンゾ(ジャン・レノ)のお母ちゃんが作るシチリアのパスタ。まさに彼にとってのソウルフードであり、活力の源でもある。

ボンゴレ

シチリアのソウルフード ボンゴレ・ビアンコ明日食べよう!

グラン03  この映画で、主役のジャン・マルク   バールよりも存在感を魅せたのは、   ドラえもんジャン・レノ。彼にとって  も「美味しい映画」だっただろう…。


追 伸

ワイン02   あのジャン・レノも堪能した世界 で最も有名な白ワインがこれらし い…「グラン・ブルー」。ワタシ の大好きな「ニュー・シネマ・パ ラダイス」など有名映画にも登場 する知る人ぞ知る白ワインらしい


9点訂正


カッパのみなソン
Selection vol.22

SFアニメの金字塔「宇宙戦艦ヤマト」第三章 !
宇宙戦艦ヤマト 2199 
第三章「果てしなき航海」
 2012年日本

ヤマト3

 太陽圏を抜け、いよいよ外宇宙への航海へと乗り出すヤマト。一方、冥王星基地を破壊されたシュルツはヤマトを執拗に追跡していました…。デスラー自らが立てた作戦により絶体絶命の危機に追い込まれるヤマト。果たして窮地を脱する方策はあるのだろうか…(後は各メディアを観て下さい)

第07話  「太陽圏に別れを告げて」
第08話  「星に願いを」
第09話  「時計仕掛けの虜囚」
第10話  「大宇宙の墓場」

ヤマト001

たをごと02
 昨日、Amazonからブルーレイソフトが届きました…。さすがに3枚目(第三章)になると、注文した事も正直忘れていました。ワタシ事ですが、約6年間使っていたプロジェクターを新しいプロジェクターに設置した矢先の事で、忙しかった事も事実です…。そんなこんなで、新プロジェクターの記念すべき一作目は、ヤマトとなりました。
 ところで、記念すべき「ヤマト」感想は…、
ヤマトファンのワタシのひいき目な偏見を差し引いても、素晴らしい作品です。今回は、前作の二作と違って、ヤマトの節目となるエピソードではなく、どちらかと言えば、サイドストーリー的なエピソードです。しかし、ヤマトは、このサイドストーリーの出来映えの良さで、成り立っています。数々の繊細なエピソードが、ヤマトの厚みと深い旅情を醸し出していきます。この第三章では、特に「第7話 太陽圏に別れを告げて」は、ヤマトをスペースロードムービーとしての位置づけを明確にした名作だと思います。

そして、真っ赤なスカーフ…
 この新シリーズで「真っ赤なスカーフ」が使われるのはこれが初めて。劇中のミサキさんのDJによる艦内ラジオで流れたのは、驚きましたが、この第三章には、アニメの名曲「真っ赤なスカーフ」がよく似合う。第一章、第二章ともに使用しなかったのは、太陽圏に別れをつげるこの時まで、大切に閉まっておいたのでしょうか ?

真っ赤な
日本人として誰もが、心に残る名曲です

ちょっと一言 !
 ささきいさお氏が唄うご存知「宇宙戦艦ヤマト」オープニングテーマも、今までは、スローテンポバージョンを使用していましたが、今回の「第10話 大宇宙の墓場」からアップテンポバージョンへと変更してます。この繊細な演出が、製作者たちの「ヤマト愛」を感じます。

カッパ採点01






カッパのみなソン
Selection vol.21

SF小説の名作「宇宙の戦士」を最新のSFXで映像化 !
スターシップ・トゥルーパーズ 1997年アメリカ

スターシップ01

 ブエノスアイレスで高校生活を送っていたジョニー・リコは両親の反対を押し切って軍隊に入る事を決意します。軍役に就けば市民権が得られる事もあるのですが、恋人であるカルメン・イバネスがパイロットになるべく宇宙海軍アカデミーに入学する事も動機のひとつでした。折しも地球は“アラクニド種”と呼ばれる昆虫型異星生物(バグズ)の襲撃を受けており、機動歩兵隊に配属されたジョニーにも過酷な訓練が待ち受け、実弾訓練中の事故の責任を取って一度は軍を離れようとしたジョニーでしたが、遂に始まったバグスの母星クレンダス星からの攻撃によって故郷が壊滅した事が彼の闘志に火を点け、そしてついに機動歩兵としてバグズの本星へ突撃。しかし、彼がそこで見た物は敵の圧倒的戦力の前に簡単に殲滅していく地球軍の姿…(後は映画を観てください)

たをごと02
  ロバート・A・ハインラインが1959年に書き上げたSF小説の名作「宇宙の戦士」を最新SFXを駆使して映像化したアション・スペクタクル。

スターシップ02

ここに出てくる「パワード・スーツ」を発展させたのが、ご存知 機動戦士ガンダム のモビルスーツです。「クラッシャージョウ」シリーズの原作者・高千穂遥氏が富野監督に小説を勧めたそうです…。この映画も、所々にガンダムの世界観を感じることができます。しすし、このPART1では、名匠ポール・バーホーベンはパワード・スーツ抜きで、SF戦争大作を創り上げました。

モビル01 パワードスーツは、PART3で登場しま  す。しかし、このPART1以外は、製作予 算等の関係だと思いますが、映画として の完成度は低いと思います。



カッパ採点7点


いつかみた映画
【其の十】

東映まんがまつりの記念すべき第1作!
長靴をはいた猫 1969年日本

長靴01

 長靴を履いた猫ペロは、ネズミを助けたことから“ねずみを仕留めない罪”でボス猫に死刑を宣告されてしまいます。それ以来、ペロはちょっとマヌケな3匹の殺し屋猫に追い回されていました。そんなある日、ぺロは二人の兄にいじめられている少年ピエールと出会います。家を出て町まで来た二人は、お城のローザ姫がおムコさんを捜しているという貼り紙を見つける。ペロは心やさしいピエールとローザ姫を結婚させるため、いろいろな作戦を計画。ピエールの真心がローザ姫の心をとらえ、あと一歩というところでお姫さまが、ライバルの魔王ルシファにさらわれてしまいます…(後は映画を観て下さい)

たをごと02
 フランスのシャルル・ペローの同名童話が原作。脚本に井上ひさしが参加。石川進、藤田淑子がそれぞれぺロ、ピエールの声を演じている。全編にあふれるユーモアとギャグが光り、「びっくりしたニャ」 の主題歌も印象的。

東映まんがまつり
 子供の頃、街の商店街は映画館が多数ありました。ゴジラの東宝、まんが祭りの「東映」、寅さんの「松竹」等々、夏休みや冬休みには、家族そろって映画を観るのが、娯楽の定番でした。しかし、今現在は、アニメ制作会社と自治体が運営するミニシアターが一軒、なんとも寂しい時代です。
 この「長靴をはいた猫」は、「東映まんがまつり」の記念すべき第一作目です。日本を代表するアニメーター、宮崎駿氏も製作に加わった、日本アニメの原点的長編アニメです。あの名作「カリオストロの城」の原点とも言える映画が、大阪万博以前に創られていました。

長靴02 子供の頃、まんが祭りは、楽し  かった映画館には、手作りのイベ ントスペースがあったり、映画の 前に「塗り絵」の公募キャンペー ンがあったり…映画がまさに、お 祭りでした。


ちょっと一言 !

空飛ぶ 当時の東映まんがまつりは、名作 が多い、石ノ森氏の「空飛ぶ幽霊 船」「海底3万マイル」等々、子 供心ながらワクワクしました。



カッパ採点7点


カッパのみなソン
Selection vol.20

映画の歴史を変えた、SWシリーズの最高峰!
スター・ウォーズ 帝国の逆襲 1980年アメリカ

帝国01

 前作で勝利を治めた反乱軍ですが、帝国の奇襲によって雪の惑星ホスからの撤退を余儀なくされます…。ルークは戦列を離れ、ジェダイの騎士としての修行を積むべく惑星ダゴバへ。ハン・ソロとレイア達は雲の惑星ベスピンへ逃れるのですが、そこにもダース・ベイダーの罠が待ち受けていました…。(後は映画を観てください)

たをごと02
 「スター・ウォーズ サーガ」第2部の中編(エピソード5)にあたるため、続編でありながら次のエピソードへも続くという作りがどうしても一つの作品として完結しない宿命になるのが辛いのですが、それでも次々と舞台を変えて見せるアクションやSFXシーンは凄い。特にジェダイの師として初登場するヨーダの存在感は驚異的ですらあり、これまた後のSFファンタジー作品に影響を与える事になります。
 
 エピソード1は、確かに超大作ですが、一作だけを観ると、よくあるSF冒険活劇です。しかし、エピソード2で全てが覆ります。前作のハッピーエンドではなく、これからとこれまでの世界観をより明確に表し、これまでの映画としては珍しい、1話完結からシリーズへの転換。作品の善し悪しとは別に、新たなる映画ビジネスの基盤を作りました。

帝国02
決して、美人とは言えないレイア姫(キャリー・フィッシャー)ですが、
世界中SWファンが恋の行方を我が子のように見守りました。

 何よりも驚いたのは、ルークとレイア姫。普通なら前作を引き継ぎ、よくあるお姫様と訳ありヒーローの恋愛ストーリー…、と描かず、人気急上昇のハン・ソロ(ハリソン・フォード)とのラブストーリーへと意外な展開。そして、主人公ルーク(マーク・ハミル)は、絶対ヒーローではなく、悩める弱い、普通の人間。その世界観が、今後のSWを創世していくことになる。
映画史に残る記念すべき一本 です。

帝国03
ご存知、ヨーダー。最初に登場した時は、なんじゃこれは…でした。

ちょっと一言 !
 SWシーズの成功の一つとして、旧シリーズの完成度の高さだと思います。このエピソード2と自作エピソード3は、製作者としても監督としても大成功をおさめた、ジョージ・ルーカスが自らメガホンをとらず、当時の才能或る新人監督を起用した事だと思う。それにより、子供視線のテーマが、大人視線の映画へと進化し、その後のスーウォーズ産業へと大きく躍進していきました。

追 伸
この映画の好きな所は、何と言っても映画音楽の巨匠ジョン・ウイリアムスのオープニングです。あのオープニングテーマを聞くだけで、映画を観るワクワク感で溢れます。これぞ映画 !

カッパ採点01



カッパのみなソン
Selection vol.19

「ロミオとジュリエット」の舞台、イタリア・ヴェローナでのもう一つの恋物語
ジュリエットからの手紙 2010年アメリカ

ジュリエット01

 ニューヨークで雑誌の調査員として働くソフィは、婚約者のヴィクターとイタリアのヴェローナに婚前旅行でやって来ます。ところが、レストランの開店を予定しているヴィクターはソフィそっちのけで食材探しに夢中。仕方なく、一人で“ジュリエットの家”を訪れたソフィ。偶然にも、壁の中にあった一通の“ジュリエット・レター”を見つけます。それは、50年前にイタリアを訪れ、そこで出会った青年ロレンツォと恋に落ちた英国人女性クレアが書いたもでした…。その手紙にソフィが返事を書いたところ、それを受け取ったクレアが孫のチャーリーを伴ってはるばるイタリアまでやって来ました。ソフィはクレアの話を聞くと、ロレンツォを捜し出そうと提案、こうして3人で50年前の初恋の相手を捜す旅が始まります…(後は映画を観て下さい)

たをごと02
 「ロミオとジュリエット」の舞台としてして知られるイタリア、ヴェローナ。有名な観光スポットであるジュリエットの生家には、世界中からジュリエット宛に恋の悩みを綴った手紙が届くようになり、いつしかジュリエットになりきった“ジュリエットの秘書”と呼ばれる有志の人々によって心のこもった返信が届けられるようになったそうです。
 本作はそんな “ジュリエット・レター” と呼ばれる手紙をモチーフに描くラブ・ストーリー。アメリカからやって来たヒロインが、50年前のジュリエット・レターを偶然見つけ、その50年越しの初恋を取り持とうと奔走する中で自らの恋を見つめ直していく姿を、イタリアの美しい風景とともにロマンティックに綴られます。主演は「マンマ・ミーア!」のアマンダ・セイフライド。共演に「ジュリア」「いつか眠りにつく前に」のヴァネッサ・レッドグレーヴ。監督は「シャーロットのおくりもの」のゲイリー・ウィニック、お勧めの逸品です。

ジュリエット03
世界中からジュリエット宛に今も届く手紙…
手紙の数は、映画が公開されてから一挙に4万通になったとか…

WOWOW「W座からの招待状」
ジュリエット02
イラスト 安西水丸

 この映画は、WOWOWシネマ日曜9時からの「W座からの招待状」で観ました。番組の冒頭に紹介される「W座からの招待状作品」小山薫堂さんの紡ぐ言葉に安西水丸さんのイラストが色を添え、これから放映する作品へと誘ってくれるます。そちらで紹介される映画のチョイス凄く良い。それまでに、不思議と興味がなかった作品もちょっと観たくなってしまうのです。ぜひ一度ご覧下さい。

W座からの招待状
http://www.wowow.co.jp/movie/wza/


肝心な映画は…
カッパ採点7点




2012.11.19 見知らぬ乗客
カッパのみなソン
Selection vol.18

サスペンスの歴史的巨匠、ヒッチコック通が選ぶベスト1作品
見知らぬ乗客 1951年アメリカ

見知らぬ001

 列車の中で、テニス選手のガイは見知らぬ男に声をかけられます。その男ブルーノは、ガイが悪妻ミリアムと別れたがって果たせないでいるのを知っていました。そして、一方的に、口うるさい自分の父との交換殺人を持ちかけ、勝手に計画を実行に移してしまう。ガイは国会議員モートンの娘アンと一緒になりたいと思っていました。確かに動機は存在する…。そして、ブルーノは列車内でくすねた彼のライターを“物証”として握っています…(後は映画を観てください)

たをごと02
 テーマ的にも手法的にもヒッチコックの絶頂を示すスリラーの傑作です。開巻の視覚的な、2人の男の“接近遭遇”を示すショットの連なりからして、大胆で素晴らしい効果をあげている。有名な遊園地を舞台にした二つの殺害現場をクライマックスや、全員が首を左右に振って見入るテニスの試合でただブルーノの首だけが動かずガイを見つめている、といった何気ないショットの計算の確かさにも目をみはらされます。

靴
見知らぬ二人のウイングチップが偶然 ? クロスするお気に入りシーン

全てのサスペンス映画の教科書
 ヒッチコックは、ワタシたち映画ファンも最も尊敬すべき監督の独りです。しかし、彼を愛するのは、見る側の人間よりも、作る側の人間に、それ以上に愛された巨匠です。映画づくりの虎の巻的な映画です。
しかし、そんな彼が常にこだわる「殺人の定義」。今回のこの「見知らぬ乗客」では、殺人の動機を隠すための「交換殺人」…。常に殺人の定義が存在します。しかし、今の時代にどうなのだろう…。言い方は悪いのですが、犯罪に定義は存在するのでしょうか ? もし、今のこの時代に ヒッチコック監督が生きていたら、どんな殺人定義を考えたのだろう…。

ヒッチコック01
親愛なるアルフレッド・ヒッチコック様。あなたの映画は、映画のバイブルです !
まだ、ヒッチコック作品を観た事のない方、この機会にぜひ、ご覧下さい。絶対、期待を裏切りませんよ !


カッパ採点01


カッパのみなソン
Selection vol.17

言わずと知れたフランシス・フォード・コッポラの代表作 !
ゴッドファーザー 1972年アメリカ

ゴッド01

 夏の陽射しが眩しいコルレオーネの屋敷。そこで行われている彼の娘コニーの結婚式からこの物語の幕は上がる。華やかな音楽も届かない書斎では、ブラインドが降ろされ、その中でドン・ビトー・コルレオーネが友人たちの頼みごとを聞いていました。彼は相手が貧しく微力であっても助けを求めてくれば、親身になってどんな問題でも解決してやっていた。彼への報酬と言えば、ささやかな友情の証と、“ドン”あるいは“ゴッドファーザー”という尊称だけ。そしていつなりとも彼の呼び出しに応じ、恩を返せばよかった。これが彼らの世界であり、その掟であった。そんなある日、麻薬を商売にしている危険な男ソロッツォが仕事の話を持ちかけてきました。政界や警察に顔のきくコルレオーネのコネを必要とした判断からだった。しかしドンはその話を丁重に断ります。彼はドンさえ殺せばこの取り引きは成功すると鋭く見てとり、その日以来機会を狙っていた。そして早い冬の夕暮れ、一族の経営しているオリーブ・オイル社から出てきたドンは、街頭でソロッツォの手下に襲われた…(後は映画を観てください)

たをごと02
 冒頭の圧倒的な実在感で繰り広げられる結婚式のシーン、映画のプロデューサーを脅す為に彼の愛馬の首がベッドから現れるショッキングなシーン、ビトーが果物屋の店先で撃たれるシーン、マイケルが深夜に重体の父が入院中の病院を見舞って警察とグルになった対抗組織の襲撃計画を間一髪でかわすスリリング、マイケルがレストランで対抗組織のボスとそれと結ぶ警部を射殺するまでのくだり、ソニーが有料道路の料金所で蜂の巣になる壮絶なシーン、ラスト近くの洗礼と殺戮の見事なカットバック、緻密な人間描写、そして重厚な人間関係……等々この映画の魅力は語っても語り尽くせない。この映画が製作されたのは70年代だが、PART 2・3…、今に至ってもこれを越えるギャング映画はまだない。
この映画を観ないと、絶対ソンします !
誰にも文句を言わせない名作です。

ゴッド02
後継者と思われていた長男ソニーも殺され、
堅気になってたマイケルが仇を討ち、シチリア島へ逃れます…

ちょっと一言 !

デニーロ
ワタシ的には、PART2の若き日のドン、デ・ニーロが大好きです。


良い映画は、音楽も素晴らしい。

アンディ01 故アンディ・ウィリアムスさ んは「ゴッドファーザー愛の テーマ」「ムーン・リバー」 「ある愛の詩」などでも知ら れる伝説的シンガー。映画主 題歌も数多く録音。これまで に18枚のゴールドアルバム、 3枚のプラチナアルバムを記 録してます。紅白歌合戦にも 出場するなど、日本ともなじ みが深いアーティストです。


10点


カッパのみなソン
Selection vol.16

原田知世の純粋さが眩しい「時かけ」の原点。
時をかける少女 1983年日本

時かれ01

 高校三年の芳山和子は、ある日の放課後、誰もいないはずの理科実験室で何かが割れるような音を耳にします。見つけたのは床に落ちて割れた試験管。流れ出た液体からは、甘い匂いが漂っていました…。そのかおりを彼女は知って、なつかしいかおり。いつか、どこかで…。意識が薄れ、倒れてしまう和子。その日を境に、彼女に特殊な能力が発現しました。(後は映画を観てください)

たをごと02

尾美

吾朗ちゃんの気持ちが切ないです…
 この映画で、芳山和子(知世ちゃん)は、理科室で倒れて顔を汚した時に吾朗ちゃんのハンカチを借り、ハンカチを返しに吾朗ちゃんの実家の醤油屋の店に行きます。ぶっきらぼうに「ありがとう」と言って、ハンカチをポケットに突っ込む吾朗ちゃん…(青春です)。そして、芳山くんが帰った後、屋上に上がり、独りでハンカチを顔にかぶる吾朗ちゃん。分かりますよねこの感覚。芳山くんとの記憶を持っていかれ(本人は知りませんが)、本当は芳山くんが好きなのにぶっきらぼうにしかできない思春期の少年の気持ちがよく表された名シーンです。

芳山和子…、原田知世への想い。

時かけ02 この映画で原田知世は国民的 なアイドルとなり、角川映画 の看板女優としその後も多く の作品に主演されました。


或る小さな町での小さな映画祭
 徳島の小さな町でに、今もなお経営している古い映画館で、町おこし事業の一環として「映画祭」を過去に何度か開催していました。山田洋次監督をはじめ、佐藤監督、高畑監督…、素晴らしい方々を招いての映画祭でした。そして、ワタシの大好きな大林映画祭も企画され、もちろんワタシも実行委員として当時の町の青年部の方々と汗を流して映画祭を運営しました。

監督

 開催日の前日に監督と恭子夫人が会場にお越し下さり、その前夜に簡単な懇親会を催し、その会場で直接監督ご夫妻と知世ちゃんの事をお聞きする事ができました。(記憶が間違っていたらゴメンナサイ)
 角川春樹氏から、角川映画期待の新人アイドルとして任され、いきなりの主演。そして役者としもアイドルとしても十分な経験と絶大な人気の薬師丸ひろ子さん主演映画との併映。そんな中、彼女は、彼女が出来る事をと…、
なんと「お弁当を美味しそうに精一杯食べた」 そうです。
 知世ちゃんがスタッフ弁当を食べるのを見ていた、当時のスタッフたちは、何気なく「知世ちゃんは、小さいのによく食べるね !」って声をかけられ、彼女は、あの満面の笑顔で「はい」と応え…。何とその後は、「知世ちゃんは、小さいのによく食べる…?? 」。そう彼女がお弁当を美味しそうに食べる事で、撮影現場の張りつめた緊張感が和らぐ、新人原田知世が今出来る事でした。
 しかし、誰もいなくなった真夜中の撮影現場で、彼女はひとりで食べ過ぎたお腹を減らすために、セッセと運動をしていたことは、スタッフは知っていました…。ベテランのスタッフと先輩の役者さんたちも、そんな彼女のために、自分たちの今出来る事を精一杯発揮し、少しでも良い映画をと…。それ以上に一丸となって撮影に取り組んだらしいです。

 時かけ03
 
 この映画のエンディングは、松任谷由実の大ヒット曲をバックに原田知世がカメラ目線で登場します。どちらかと言えば映画としては、御法度てきな手法です。しかし、このエンディングにこの映画では、許せます。記憶に残る素晴らしいエンディングです。製作者たちの優しいキモチが溢れています。

カッパ採点7点


2012.11.16 龍馬伝
ドラマのツボ
part.02

社会現象を巻き起こした、福山龍馬 !
龍馬伝 2010年NHK大河ドラマ

龍馬01

「幕末史の奇跡」と呼ばれた風雲児・坂本龍馬33年の生涯を、幕末屈指の経済人・岩崎弥太郎の視線から描くオリジナル作品。土佐から江戸、そして世界へ。龍馬の行くところ、時代が怒濤のように動き始める。いつも自分の先を歩く同郷の天才龍馬への憧れ、妬みは師・吉田東洋暗殺を機に憎しみへと変わり、若き弥太郎を苛む。長崎で再会した二人は衝突を繰り返す中で急接近。「世界の海援隊を作る」龍馬の志は龍馬暗殺の後、弥太郎に引き継がれていく。そして、龍馬の妻お龍や志士たちのパトロン・大浦慶など変革の時代を力強く生き抜いた女性たち、一攫千金を夢見て黄金の国ジパングに乗り込んだ英国商人グラバーなど、魅力溢れる登場人物が新しい龍馬の伝説を彩る。名も無き若者が世界を動かす「龍」へと成長していく姿を、壮大なスケールで描く青春群像劇「龍馬伝」…(見逃していた方は、お近くのレンタルショップへ)  

たをごと02
 この「龍馬伝」は、NHK大河の古い形式を打ち破った数少ない作品だと思う。企画が先攻するテレビドラマと言うより、私的な想いが詰まった映画的な大河だったと思います。国民的歌手で俳優である福山雅治を起用し「ハゲタカ」の大友啓史監督に製作依頼…。頭の固いNHKとは思えない企画。従来の大河ドラマとは、全く異なるエンターテイメント大河の誕生でした。
 私事ですが、ワタシの奥様が、熱狂的な「福山ファン」は、我が家は日曜ごとに異常な盛り上がり…。そして、非活動的な奥様が、「龍馬を巡る旅」企画を決行。京都、高知、愛媛(大洲)、福山(鞆の浦)、そして、極めつけは、長崎…。当時は、民主党の政策「高速道路100円」。なんと、クルマで徳島〜長崎まで遥々旅立ちました。まさか、亀山社中に行ける…。ワタシもそれなりに楽しみました。福山雅治様々でした。そんなこんなで、この大河ドラマは忘れられない作品となりました。

ねこ
長崎の「風頭公園」は、風光明媚はもちろん、猫さんたちがたくさんいました。
この天下太平猫は、結構有名です。

非常に私的な大河ドラマだから…、の成功

監督大友啓史監督
1966年岩手県生まれ。
慶應義塾大学法学部法律学科卒業後、90年NHK入局。秋田放送局を経て、97年から2年間LAに留学。ハリウッドにて脚本や映像演出に関わることを学ぶ。帰国後、連続テレビ小説「ちゅらさん」シリーズ、「ハゲタカ」「白洲次郎」「龍馬伝」等の演出、映画「ハゲタカ」監督を務める。イタリア賞、放送文化基金賞、ギャラクシー賞ほか国内外の賞を多数受賞。


武田鉄矢原作「お〜い !竜馬」
 この「龍馬伝」は、司馬遼太郎の「竜馬がゆく」とは、全く異なり、どちらかと言えば、武田鉄矢原作・小山ゆう作画の漫画「おーい!竜馬」から影響を受けている。例えば、上士の邸宅に呼びつけられて殺されそうになった龍馬を、龍馬の母が身を挺して助けたが、それがきっかけで病弱だった母が死んでしまったというエピソードを見た時に確信しました。福山雅治さんの風貌も、小山ゆうが描く龍馬でした。

龍馬02

龍馬と竜馬…?
 坂本龍馬が正しいです。本人や当時の人がは「竜馬」と表記したことはないそうです。坂本「竜馬」が有名なのは、司馬遼太郎が「竜馬がゆく」の執筆に当たり、歴史上の人物である「坂本龍馬」と区別し、「坂本竜馬」というヒーローを描くために敢えて「竜馬」と明記したそうです。その「竜馬がゆく」が大ベストセラーになったため、世間一般で「竜馬」表記が一般化しまったそうです。

カッパ採点7点




2012.11.15 UDON
美味しい映画
【其の四】

【うどん県】讃岐で、製作されたソウルムービー
UDON 2006年日本

うどん01

 讃岐うどんの本場、香川県でうどん職人の息子として生まれた松井香助は、ビッグになると言って家を飛び出しニューヨークへ…。しかし、夢半ばで挫折し、借金を背負って帰郷することになります。そして、親友の紹介で地元のタウン誌で働き始めた香助は、そこで編集部員の宮川恭子と2人でうどんをテーマにしたコラムを開始する事となります。すると、これが意外にも大反響を呼び、ついには日本中を巻き込む一大うどんブームへと… (後は映画を観てください)


たをごと02
 「踊る大捜査線」シリーズの亀山千広プロデューサーと本広克行監督が、「讃岐うどん」をめぐって繰り広げられる様々な人生模様を描いたハートフル・ムービー。主演は「交渉人真下正義」のユースケ・サンタマリア。

実はワタシは、うどんヲタクでした !
 もちろん映画は、三度の飯より大好きですが、三度の飯を3回とも「うどん」でも良いと真剣に考える程のうどん大好き親父でした。そんなワタシが「讃岐うどん」にハマったのは、今ほどにまだ、うどんブームでない時でした。お隣、香川県のソウルフード…。もちろん興味がありましたが、しかし、当時のワタシは、どちらかと言えば、「そば派」でした。讃岐うどんは、「堅くて、太い」だけのイメージで…。しかし、しかし! 本場の本物(製麺所など)の「讃岐うどん」を食べた時は、「旨い !」そのシンプルな一言で、胃袋に電撃がはしりました。そして、それから、讃岐の製麺所を巡るツアーを多々開催し、ますます讃岐うどん好きになってしまいました。
 
踊るうどん監督、本広克行監督の熱い想い…
 この映画は、空前のうどんブームの真っ最中に製作されました。讃岐うどんをこよなく愛する県民の皆様が、香川県出身の本広克行監督を迎え、心の郷土料理(ソウルフード)「讃岐うどん」を、ブームや流行ではなく、香川の食文化としての地位を固めようと熱い気持ちで製作されたモノです。失礼ですが、映画としての出来映えは、評価するには、物足りませんが。この映画を観たら間違えなく、本場の「讃岐うどん」が食べたくなります。

まつい
実の弟さんは、脱サラして三豊市でうどん店(松井うどん)を開業している

村上春樹氏もうどんが大好き!?
 さぬきうどんブームの火付け役と言われてい「恐るべきさぬきうどん」。しかし、ワタシの知るブームの火付けは、あの村上春樹氏である。彼の著書「辺境・近況」で、讃岐うどんが紹介されている。安西氏の味のあるイラストと春樹氏のうどんに対する想い…。その影響力は多大でした。当時、単行本を片手に、うどん巡りをする「ハルキスト」の方とよく遭遇しました。有名店「がもう」には、春樹氏のサインもありました。

辺境02この単行本では、小縣家・中村うどん・がもうなどかなりデュープなうどん屋さんが描かれています。


ワタシの私的なうどん論です !
 数ある讃岐うどん店で、どの店が美味しい? と言われても、それは大変です。人それぞれの好みもあるし、老舗店、ますます増殖する新手のうどん店。甲乙付けがたいレベルの高い戦いです。
ワタシなりの勝手な名店の結論は「長田うどんにはじまり、長田へ還る」です。長田うどんは、かつて「ふるさとの歌自慢」等のNHKの名司会者、宮田輝氏が、メディアで紹介した。超老舗の名店です。讃岐うどんのバイブルとも言える名店です。原点も戻り、ぜひご賞味ください

長田
モチモチの麺と、いりこ出汁の元祖釜揚げうどんは絶品


最近人気No1は、うどん屋 須崎…らしい。

須崎

三豊にある製麺所「須崎」が、かなり凄いらしい。ワタシもまだ食した事がない…。思うに、ご当地「伊吹のいりこ」のお膝元、三豊市。侮れない…このブログを更新しながらお腹が鳴ってます。

いりこ

瀬戸内海のおだやかな海で育ったイワシでつくる伊吹島のイリコは、濃厚でうま味が強いのが特徴。本場さぬきうどんのダシにも使われ、家庭料理でも数多く登場します。


肝心の映画は…
5点



2012.11.14 炎のランナー
いつかみた映画
【其の九】

ヴァンゲリスの流麗なメロディに乗せて感動的に描くふたつの生き方。
炎のランナー 1981年イギリス

炎のランナー01

 第1次大戦後の1924年、パリ・オリンピックにイギリスの代表で出場した2人のランナーがいました。一人は学生のハロルド・エイブラハム。ユダヤ人の彼は、民族的な偏見を持つすべての人を自分の前に跪かせるために走ります。もう一人は宣教師のエリック・リデル。オリンピックに出るために伝道を一時中断し、神の御業を称えるために走ろうとトレーニングに励みますが、予選が安息の日曜日だということを知って…(後は映画を観て下さい)

たをごと02
 CMやドキュメンタリーを手がけ、数々の賞に輝いたヒュー・ハドソン監督が、1980年代の新しいイギリス映画の存在を世界に知らしめた作品です。片や人種偏見への抵抗のために、一方は神のために走る彼らの姿を通して、人生そのものを謳いあげた感動のスポーツ映画。アカデミー賞では、作品賞・脚本賞・作曲賞・衣装デザイン賞を受賞した名作です。

ロンドンオリンピック、そして再熱 !
 その最大の要因は、のオープニング曲「Chariots of Fair」がロンドン五輪プロモーションの公式テーマ曲として採用されたことにあります。これによって映画自体を知らない若い世代も含めて人気が再熱。さらに「Chariots of Fair」は、ロンドン五輪の開会式や表彰式でも使われ、そのブームは世界的な広がりをみせています。日本でも、この夏ロンドン五輪での選手団の歴史的活躍で、メダルの授与式では、常に、この曲が流れていた。

炎のランナーo2 ヴァンゲリスの流麗なメロディのテーマ
 曲に乗せて駈け抜けるランナーのシーン はとても心に残ります。



ちょっと一言ー!
 この映画は、映像・音楽。そして、もう一つのブームとなったのが、ファッション。いわゆる「スポーツトラディショナル」です。カンカン帽にネイビーブレイザー・チルデンセーターにレジメンタルのネクタイ、英国の伝統的なファッションに憧れました。今改めてみてもカッコいいです。

炎のランナー03

カッパ採点01




美味しい映画
【其の三】

レミー001


その出会いは、おいしい奇跡の始まり…。
レミーの
おいしい
レストラン
 2007年アメリカ


 天才的な料理の才能を持ち、いつか一流レストランのシェフになるという叶わぬ夢を持つドブネズミのレミー。ある日、彼は嵐で家族とはぐれてしまい、パリのとある一軒のレストランに辿り着きます。なんとそこは、レミーが尊敬する今は亡き名シェフ、グストーの店だった。一方その厨房内では、見習いシェフのリングイニがスープを台無しにする失態を演じてしまう。すると、レミーはこっそりとそのスープを作り直し、最高の味に仕上げるのでした…。それを目撃していたリングイニは、自分に料理の才能がないことからレミーの力を借りることを提案。こうして彼らは秘かにコンビを組み、パリ一番のシェフを目指すことに…(後は映画を観て下さい)

レミー03

たをごと02
 「トイ・ストーリー」「ファインディング・ニモ」のディズニー・ピクサーが贈るコメディ・アニメ。グルメの都パリを舞台に、シェフを夢見るドブネズミと料理の苦手な見習いシェフが巻き起こす奇跡をハートウォーミングに描く。監督は、ミッションインポッシブル ゴースト・プロトコル のブラッド・バード ! 改めてこの作品を鑑賞すると、随所にミッションインポッシブルと共通するアクションシーンが書き込まれている。しかし、その才能を見抜き、起用する…。まさにアメリカンドリーム…!? アニメ大国日本も見習わなければならいのでは…!

レミー04

ちょっと一言!
 ワタシが常に思うに、日本人とアメリカ人のアニメの違いは、人物の描写だと思う。このブログの頭に配置したメインキャラの感覚はよく分かるし、よく出来ている。しかし、人物のディフォルメは…。好き嫌いの問題なのだが…、どうしても好きになれないのは、ワタシだけだろうか? 

ラタトゥーユ

 最後に出てくるフランス料理の”ラタトゥイユ。因みにラタトゥイユ、ラタトゥユ(仏: Ratatouille)とはフランス南部プロヴァンス地方ニースの野菜煮込み料理。ナス、ピーマン、ズッキーニといった夏野菜、香草などをオリーブ油で炒め、トマトを加えてワインで煮て作るそうです…。食べてみたい!?

カッパ採点01



カッパのみなソン
Selection vol.15

往年の人気TVシリーズを映画化した大ヒットシリーズパート4
ミッション:インポッシブル
ゴースト・プロトコル
 2011年アメリカ

ミッション01

 ある罪状でモスクワの刑務所に収監されていたイーサン・ハントはIMF(米国極秘諜報機関)チームの手引きで脱獄を果たし、新たな任務に就きます。それは、核テロを目論むコードネーム“コバルト”という人物の情報を入手すること。そして、ロシアの中枢クレムリンへ侵入するイーサンたちだったが、突然爆破事件が発生、何者かの陰謀によってその容疑がイーサンのチームにかけられてしまいます。さらに、米国大統領は政府の関与を否定するべく“ゴースト・プロトコル”を発令、イーサンらはIMFから登録を抹消されてしまいます。政府に見捨てられたイーサンたちは、孤立無援の中で事件の黒幕を追い、さらなる核によるテロを未然に防ぐという過酷なミッションの遂行を余儀なくされ…(後は映画を観てください)

たをごと02
 往年の人気TVシリーズをトム・クルーズ主演で映画化した大ヒット・アクション「ミッション:インポッシブル」のシリーズの第4弾。爆弾テロ犯の濡れ衣を着せられたイーサン・ハントとそのチームが、組織の後ろ盾を失いながらも事件の黒幕を突き止めるべく世界を股に過酷なミッションに挑む姿を圧倒的なスケールで描き出す。共演は「ハート・ロッカー」のジェレミー・レナー、「ショーン・オブ・ザ・デッド」のサイモン・ペッグ、「プレシャス」のポーラ・パットン。
何と監督はこれまで「Mr.インクレディブル」「レミーのおいしいレストラン」などアニメ作品を手がけ これが実写初挑戦となるブラッド・バード。アニメ監督が世界戦略企画の超大作の監督を勤める…。まさに、これこそがアメリカである、日本では考えられない映画的な出来事 です!

ミッション02
ジェレミー・レナーがなかなかいい味を出してます

このパート4は、今までのシリーズとは、少し異なる点がある…。今までは、「スパイ大作戦」の根底でもある「裏切り」であったと思う。しかし、今回は日本人的な解釈を用いると、いわゆる「絆」である。様々な過去を持ちながらもチームとして一つにまとまる。このシリーズで初めてスカッとした作品です。

ちょっと一言!
ワタシの個人的な好みだけれど、シーリーズ唯一の駄作と言われる、ジョン・ウー監督のパート2の会話が大好きです。変装するシーンで…「お前のマネで難しいのは、15分ごとにする アホっぽい笑顔だ つて悪役が言うんだけど、的を得すぎてて笑えます。(トム・クルーズファンの皆様ゴメンナサイ)


トム この笑顔は、彼の映画づくりへの
 照れ隠しなのかも…
 


カッパ採点7点


いつかみた映画
【其の八】

第1回 日本アカデミー賞最優秀作品賞
幸福の黄色いハンカチ 1977年日本

幸福01

 北海道網走…。夢だった新車を買って北海道をドライブする欽也は、途中女の子をナンパし、ふたりで旅を続ける。ある時、ひょんなことから出所したばかりの中年男・勇作と出会います。そして旅をともにすることになります。やがて、ふたりは勇作から「自分を待っていてくれるなら、家の前に黄色いハンカチを下げておいてくれ」と妻と約束したことを打ち明けられる…(ラストは分かっていますが感動します、映画を観てください)

たをごと02
 結末が分かっていても、あの「黄色いハンカチ」を見たら、号泣してしまう。この映画は日本人がもっとも好む作品である。日本映画を背負う高倉健と倍賞千恵子。そして、当時の「ヤング」と言われた若者の象徴、武田鉄矢と桃井かおり。全ての役者が演技と人生をオーバーラップさせ、日本人の琴線にふれる昭和の名作です。
 ワタシも高校時代に観ました。部活動帰りのナイトショーを独りで観て、号泣したのを覚えています。そして、その後もTVの映画劇場とか、各メディアで何度か観て、その度に何度も涙を流しています。これからもこの名作を何度観るのだろう…。そして、その時、その時代に…、どんな涙を流す事になるのでしょ。
名作は、時代と共に艶を増す。
この機会に、分かりきった感動に浸りましょう。

幸福02

ちょっと一言!
北海道の大地を真っ赤なファミリアで横断するロードムービーですが、今は流行のご当地映画とは異なります。あくまでも、どこにでもあるような普通の田舎町の風景で、夕張の炭鉱住宅の描写といい、地に足の着いた気持の良い映画です。最近では、アメリカ版の「イエローハンカチーフ」、阿部寛主演のTV版「幸福の黄色いハンカチ」是非とも、見比べて下さい!

10点




カッパのみなソン
Selection vol.14

真の姿が現れる、新EVA伝説の第2ステージ
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 2009年日本

ヱヴァンゲリヲン01
Photo ヱヴァンゲリヲン:序

 第3使徒がネルフの北極施設に出現、真希波・マリ・イラストリアスの搭乗したエヴァンゲリオン仮設5号機が迎え撃ちます。一方、日本では、母の墓参りを終えたシンジがミサトの車での帰途、第7使徒に遭遇、そこへエヴァンゲリオン2号機が出撃し、鮮やかに殲滅。そして、2号機の搭乗者、式波・アスカ・ラングレーはシンジたちの中学校に転入し、シンジが暮らすミサトのマンションの新たな同居人として…。やがて、ネルフ本部へ直接落下を企む第8使徒が襲来。エヴァ零号機、初号機、2号機は連係して落下を食い止め、殲滅を成功させました…(後は映画を観てください)

たをごと02
 オリジナルのTVシリーズをリビルド(再構築)し、新劇場版として生まれ変わった全4部作の第2弾。本作は完全新作をベースに制作、新たなヒロインや新型エヴァの登場などデザインと設定が大幅に刷新され、「使徒」とEVAシリーズの戦いがさらにスケールアップした形でスペクタクルに展開していきます! 

ヱヴァンゲリヲン02

今のワタシでは、ヱヴァは語れない… 
 かれこれ15年程前に、社会現象とも言われたエヴァブーム。確かにその頃は、ワタシもハマりました。攻略本はもちろん、旧約聖書まで読みあさり、エヴァの謎についてを勉強しました。受験勉強さえも真剣にしなかったのに…こんな事には、真剣に取り組みました。「リリス」「ロンギヌスの槍」「アダルトチルドレン」…etc。そんなキーワドを自分なりに解読していきました。
 そして極めつけは、その謎解きをラジオ番組に…そんな大胆な企画を立ち上げ、地元(徳島)FM局(エフエム徳島807)と一緒に企画し実行しました。壮大な企画書を制作し、シナリオを作り、協賛スポンサーを集め…。番組は何とか進行し、「FM徳島オリジナル特別番組 エヴァンゲリオンの謎 〜番組よ神話になれ!〜」という30分特番を放送する事になりました。パーソナリティは地元タウン誌から迎え、コメンテーターは、なんと企画した自分たち(有志)。何日も前から打ち合わせを重ね、いざ本番へと…。
 しかし、ワタシ(カッパ)は、本番前に疲労から悪性の流感にかかり、全く声が出ない状態に…。なんとも無惨、なんとも情けない。テレビならともかく、ラジオですから座っているだけ、うなづくだけ…あんたバカぁ!? …てんやわんやな番組でした。(今だから笑えます)

ヱヴァンゲリヲン01


11月17日〈土〉ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 公開 !
なんと「巨神兵東京に現わる」を同時上映 !

 ワタシも東京で観てきました!「巨神兵東京に現わる」は、今年7~10月に東京都現代美術館で開催された展覧会「館長庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」で上映。庵野監督とスタジオジブリの鈴木敏夫さんがプロデューサーを務め、「平成ガメラ」の樋口監督がメガホンをとり、脚本は庵野監督と作家の舞城王太郎さんが担当。巨神兵の造形はフィギュア造形作家の竹谷隆之さんが手がけ、ナレーションは、アニメ「エヴァンゲリオン」の綾波レイ役などで知られる声優の林原めぐみさんが勤めました。今回は、鈴木プロデューサーからの提案で同時上映が決定。映像、音声ともに新たな調整を加え、10分7秒の「劇場版」として公開されるそうです。

巨神兵
Photo 巨神兵東京に現わる

これだけは、語りたい…「A.T.フィールド」
 正式な訳語は「絶対恐怖領域」略して「絶対領域」と表記される事もあります。監督の庵野秀明は書籍「スキゾ・エヴァンゲリオン」の対談で「A.T.フィールドは、心の壁 のようなものと語っており、実際に劇中でも渚カヲルがA.T.フィールドのことを「心の壁」と称しています。原動力はリビドー(生、性の欲望)であるとされます。
 現社会で「心の壁」ほど、身近で厄なものはないです。例えば、「私は、知りませんてせした」「私には関係ない」「興味がない」など、今の若者を中心の自己中心的な考えです。使途には、心の壁があり、ヱヴァだけが、それを中和させる事ができます。世の中から「心の壁」取り除けばどうなるのでしょうか? サードインパクトが起こる のでしょうか ??(間違っていたらゴメンナサイ)

ちょっと一言!
「新世紀エヴァンゲリオン」「機動戦士ガンダム」「宇宙戦艦ヤマト」は、世代を超えて今も愛されているアニメ…総称して「超世代アニメ」と呼ばれています。ワタシなりの解釈ですが、「ヤマト」は、祖国の命運をかけたスペクタル戦争ドラマ。「ガンダム」は、人類の核心と戦争の愚かさを詠う反戦ドラマ。そして「エヴァ」は、SF文学 である!

カッパ採点01





いつかみた映画
【其の七】

ダンズームの社会現象をおこした、トラヴォルタの出世作!
サタデー・ナイト・フィーバー 1997年アメリカ

サタデーナイト01

 ニューヨークのブルックリンで生まれ育った若者トニー(ジョン・トラヴォルタ)は、住みなれたベイ・リッジの町のペンキ屋で働いていました。若いエネルギーがいっぱいのトニーは、毎日が同じことのくり返しであるこの職場に、うんざりしていました。しかし…、そのトニーにも、このうっ積したエネルギーを爆発させる場所がありました。それは、華やかなディスコテック。踊りがずばぬけてうまいトニーは、ディスコの王者でした。毎週土曜日、一週間の仕事が終って、夕やみがせまると、派手な花柄のシャツに脚にピッタリついたギャバジンのズボンといういでたちで、さっそうと夜の町へ…(後は映画を観てください)

たをごと02

トラヴォルタ スターになった。その後も、 「グリース」「アーバン・カウ   ボーイ」のヒットでさらに人気を 高めた。しかしその後、1983年 の「ステイン・アライブ」や「セ カンド・チャンス」などが興行的 に失敗し、一時期役に恵まれな  かったが、彼の大ファンだったク エンティン・タランティーノ監督 の「パルプ・フィクション」の  ヴィンセント役で復活し、再び大 スターの地位を安泰なものにしま した。

 公開当時ダンス・ブームという社会現象を起こし、“フィーバー”なる言葉を定着させた、ジョン・トラヴォルタの出世作。派手なダンス・シーンばかりが話題になった作品だですが、単なるダンス映画ではなく、友人の死、異性や友人との人間関係を通して、ある一人の若者の成長を描いた青春映画傑作です。
ワタシたちの世代は、どうしてもあのトラヴォルタの白いスーツと奇抜なダンス…流行りまし! 少し大人への憧れと後ろめたさが後押しして、クラス中が、毎週サタデーナイトしていました。小さな田舎町(徳島)の数少ないディスコでフィーバーした青春でもありました。確かに今みたいに娯楽が少なかった時代に映画での影響力は大きかった…。ブルース・リーが流行ったときは、クラスの男子は、みんなヌンチャクを振っていたし、ロッキーが流行ったの時は、あのテーマ曲を流しながらせっせと腕立て伏せをしていた…。映画に学んで、映画を真似ていた。

ビージーズ

 この映画は、トラヴォルタのダンスだけでなく、ビー・ジーズの音楽が素晴らしい。1977年に公開され、翌78年のグラミー賞アルバム・オブ・ジ・イヤーを獲得したジョン・トラボルタ主演映画のサウンドトラック「サタデー・ナイト・フィーバー」は、「ステイン・アライヴ」をはじめとしたビー・ジーズのヒット曲を中心に当時のディスコな楽曲が詰まっています。今聴いても新鮮ですよ!

カッパ採点7点


カッパのみなソン
Selection vol.13

映画史の神話「猿の惑星」の起源に迫る!
猿の惑星 創世記 2011年アメリカ

猿01

 アメリカ、サンフランシスコ。製薬会社の研究所でアルツハイマー治療の研究をする神経科学者、ウィル・ロッドマンは、開発中の新薬を投与したチンパンジーの知能が驚異的に発達したことを確認し、その成果を発表します。しかし、そのチンパンジーは突然暴れ出し警備員によって射殺されてしまう…。事態を重く見た所長によってプロジェクトは中止を余儀なくされるが、射殺されたチンパンジーは妊娠中だったことから、ウィルは生まれたばかりの赤ん坊を秘かに引き取るとシーザーと名付け、自ら育てることとなります。そして、次第にウィルとシーザーのあいだに人間の親子のような絆が芽生えていくのでかが…(後は映画を観てください)

たをごと02
 ピエール・ブール原作のSF映画の金字塔「猿の惑星」を基に、その起源となる人類文明崩壊への道のりを明らかにしていくSFアクション大作。現代のサンフランシスコを舞台に、最新の生体実験によって脳が飛躍的に発達した一頭のチンパンジーが、やがて自我に目覚めて人類に反旗を翻すさまを、シリーズ初のパフォーマンス・キャプチャー技術を駆使したリアルなVFX映像で描き出す。主演は「スパイダーマンシリーズ」のジェームズ・フランコ、共演に「スラムドッグ$ミリオネア」のフリーダ・ピント。また、猿のメインキャラクター“シーザー”役には「ロード・オブ・ザ・リング」のゴラムや「キング・コング」などで高い評価を受けたパフォーマンス・キャプチャー演技の第一人者アンディ・サーキス。監督はハリウッド期待の新鋭ルパート・ワイアット。
 映画ファンには、避けては通れない超大作「猿の惑星」シリーズは、全部で5作ある(ティム・バートン作品は除く)、この新シリーズ「創世記」全シリーズの続き…でもない、しかし、全く別ものでもない。シリーズ第4作目、実質の最終話でもある「猿の惑星 征服」のリメイク的な位置づけであろう。脚本自体は繋がりませんが、その志は共通する部分があります。そう「猿」による「革命」。非常に明確なコンセプトです。

猿02
懸命な猿たちに感情移入し、つい応援してしまいます

ちょっと一言 !
 旧作「猿の惑星」は日本でも大ヒットしました。原作者ピエール・ブールは「作中の猿人と人間は、有色人種と白人の関係を模したもの」という解釈があります。シリーズ1・2の猿は日本人だそうです。そして、第4話「征服」の猿は、黒人を表したそうです。その猿が最終的に革命を成功させ、アメリカの新大統領に黒人が就く、それって…時として映画は時代を先取りする
「猿の惑星」は、SF映画を手段として、人種問題の大きな壁に挑んでいます!

猿03
旧シリーズ、パート1の有名なラストシーン

追 伸
旧作の中で、人間として学ばなければいけない、非常にシンプルで大切な言葉があります。「猿は、猿を殺さない!」


カッパ採点7点


いつかみた映画
【其の六】

ノーベル賞作家ヘミングウェイ 文学の完璧な映画化! 
誰が為に鐘は鳴る 1943年アメリカ

誰がために01

 スペイン動乱を舞台に、ゲリラ活動に参加したアメリカ人の心情を描いた悲恋ドラマ。政府の軍事輸送を阻止するため、鉄橋の爆破計画が練られた。作戦に参加したアメリカ人ロバートは、ジプシーのゲリラに協力を求める。そこでロバートは、美しい娘マリアと出会い、二人は激しく惹かれ合うす…(後は映画を観てください)

たをごと02
 ヘミングウェイの同名小説を映画化。スペクタクルとロマンス--映画の魅力が最大限に発揮された傑作。ゲーリー・クーパーは凛々しく、イングリット・バーグマンは、驚く程に美しい…。

バーグマン01 イングリッド・バーグマン 
 Ingrid Bergman
 1915年8月29日
 出身国:スウェーデン
  代表作:
 『カサブランカ』(42)『ガス燈』(44)
 『追想』(56)
  …等世界の名作に出演

 『別離』を観たヘミングウェイ自ら主人公
 のマリア役としてバーグマンを指名した。

ひとかけらの青春の想い出… 
 この映画も地元の名画館(アタック平和劇場)で観ました。正直、映画の感想…。もちろん映画史に残る名作でした。映画の思い出よりも…、別のエピソードがあります。それは、遠い昔の高校2年生の少年時代思い出です。ある夏の日の「退屈な古典」の授業。実業高校のワタシたちは、勉強よりもクラブ活動中心の青春…、授業に身が入らないのも当たり前でした。教わる方も、教える方も、退屈だったはずです。そんな退屈で、眠い古典の授業、金八先生とはほど遠い、地味な古典の先生(ゴメンナサイ)の身の入らない授業で、たまたま「誰が為」の古文単語の意味を説明が始まりました…。その時、あの退屈な古典の先生が、今までみた事のないキラキラした眼差しで「誰が為に鐘が鳴る」のクーパーとバーグマンの有名なキスシーンを語り始めました。
もちろん 「鼻がぶつからない?」 の名シーンの事です…。ワタシは、その瞬間この先生の想い出と若き日の青春が、映画のワーシーンのように目に浮かびました。先生の大切に閉まっておいた想い出…。何となく先生の事が身近に感じることができた瞬間でした…。
しかし、そんな清らかな想いも、古典の成績とは全く正比例はしませんでした…(辛い)

誰のため02
映画史の残るキスシーン

カッパ採点7点


2012.11.06 耳をすませば
カッパのみなソン
Selection vol.12

故.近藤善文監督が奏でる初恋青春アニメ!
耳をすませば 1995年日本

耳を01

 夏休みのある日、雫は市立図書館に勤めているお父さんにお弁当を届けようと、電車に乗ります。電車には、怪しげな猫(ムーン)が乗っていて、雫のおりる駅でいっしょに電車をおりて図書館のほうに向かいます。雫は、猫を追いかけていくうちに、いつのまにか丘の上のロータリーに来ていました。猫は「地球屋」というお店に入っていき、雫もそれに続きます…(後は映画を観てくださいニャン)

たをごと02

耳をすませば02
不思議な猫さんムーンが導いてくれる

近藤監督 素晴らしい作品、ありがとうございました
 この日本アニメの名作「耳をすませば」は、宮崎さん…ましてスタジオジブリのアニメでありながら、若くして逝ってしまった天才アニメーター近藤喜文さんの最初で最後の魂の作品だ。製作者とオーバーラップし、主人公たちの眩しいぐらいの純粋が心に染みる。大人になってしまったワタシたちが大切な何かを想い出させてくれる作品だ。

そして、挿入歌「カントリーロード」これが映画の歌詞です…

カントリー・ロード
この道 ずっとゆけば
あの街に つづいてる
気がする カントリー・ロード

ひとりぼっち おそれずに
生きようと 夢見てた
さみしさ 押し込めて
強い自分を 守っていこ

カントリー・ロード
この道 ずっとゆけば
あの街に つづいてる
気がする カントリー・ロード

歩き疲れ たたずむと
浮かんで来る 故郷の街
丘をまく 坂の道
そんな僕を 叱っている

カントリー・ロード
この道 ずっとゆけば
あの街に つづいてる
気がする カントリー・ロード
 
どんな挫けそうな時だって
決して 涙は見せないで
心なしか 歩調が速くなっていく
思い出 消すため

カントリー・ロード
この道 故郷へつづいても
僕は 行かないさ
行けない カントリー・ロード
カントリー・ロード
明日は いつもの僕さ
帰りたい 帰れない
さよなら カントリー・ロード

 原曲は、ジョン・デンバー氏が1971年に製作した曲で(その後、オリビア・ニュートン=ジョンがカヴァー)この名曲に、プロデューサー鈴木敏夫さんの娘さんが日本語詞を付けて、声優・女優の本名陽子さんが歌いました。出だしの無伴奏の中で響く本名陽子さんの透きとおった歌声に心惹かれた人は数多く、映画のヒットも相まって大変な人気曲になりました。

耳をすませば03

 この映画は、お子様ではなく お父さんとお母さんに観直して頂きたい ! すてきな初恋の香りがする作品です。

カッパ採点01


カッパのみなソン
Selection vol.11

名匠ロマン・ポランスキー監督最新作!
ゴーストライター 2010年フランス・ドイツ・イギリス

ゴーストライター001

 英国の元首相アダム・ラングの自叙伝執筆を依頼された一人のゴーストライター…。政治に興味のない彼は気乗りしないままに、ラングが滞在するアメリカ東海岸の孤島へと…、そこでラングへの取材をしながら、フェリーから転落死したという前任者の仕事を引き継ぎ、原稿を書き進めていきます。しかし次第に、ラングの過去に対する疑問がわき上がって…。そして、いつしか真相に迫ろうと深追いしてしまうゴーストライター…(後は是非、映画を観てください)


たをごと02
 
 「チャイナタウン」「戦場のピアニスト」の名匠ロマン・ポランスキー監督が、ロバート・ハリスの同名ベストセラーを「トレインスポッティング」「ムーラン・ルージュ」のユアン・マクレガー主演で映画化したサスペンス・ミステリー。自叙伝を発表する元英国首相にゴーストライターとして雇われた主人公が、国家を揺るがす危険な秘密に迫ったばかりに、恐るべき陰謀に巻き込まれていくさまを、円熟のサスペンス演出でスリリングに描き出す。共演はピアース・ブロスナン、キム・キャトラル、オリヴィア・ウィリアムズ。

レンタルビデオ屋さんで何を借りようか…?
迷わず、手に取ってください !

 
 映画の評価は人それぞれです、好き・嫌いは、その人の主観であり、このブログのコンセプトでもある「私的」な事です。しかし、この作品は、映画として間違いなく優れています! 好き・嫌いではなく、良い映画 なのです。名匠ロマン・ポランスキー監督を筆頭に、映画の職人達が最高のシゴトをしている珠玉の逸品です。 ぜひ、秋の夜長に鑑賞してみて下さい !

ポランスキー
 名作を多々生み出した
 世界的名匠
 ロマン・ポランスキー
 監督


 
 本名はRoman Liebling。36年にポーランドへ家族で移るが、第二次世界大戦中、両親が収容所に入れられ、自らもユダヤ人狩りの対象とされて逃亡生活を送ります。大戦後に映画に興味を抱くようになり、ラジオ番組、舞台などの出演を経て54年にウージの国立映画学校へ入学。短編の監督や映画への出演などを続け、62年に長編第1作「水の中のナイフ」を撮ります。「反發」、「袋小路」、「吸血鬼」などクセのある異色作を送りし、68年の「ローズマリーの赤ちゃん」が大ヒット! 「戦場のピアニスト」で自身の体験を活かしたリアルは演出が評価されアカデミー監督賞を受賞。


10点


2012.11.04 卒業
いつかみた映画
【其の五】

言わずと知れたアメリカンニューシネマ青春の代表作!
卒 業 1967年アメリカ

卒業01

 大学を卒業し前途洋々のベンジャミン。彼は、祝賀パーティの席で誘惑をかけてきた中年女性ロビンソン夫人と密会を重ねることになってしまう…。だが彼女の娘エレインが現れた事で、その関係は崩れていく。親の勧めで不承不承エレインと付き合うことになるベンジャミンは、彼女に惹かれていったのだ。一方、そんな若い2人に嫉妬するロビンソン夫人。やがて、彼女とベンジャミンの関係がエレインの知るところとなる…(後は映画を観てください)

卒業02

たをごと02
 ニューシネマ全盛の時代に製作された名作。リアルな肌触りを持った青春映画。その生々しさはストーリーだけでなく、各キャラクターにも及んでいる。ホフマン、ロスの若い二人も好演だが、中でも、有閑マダムのロビンソン夫人に扮したA・バンクロフトの存在感は強烈。アメリカンニューシネマ「卒業」は、これからも世代を超えて語られる名作です。
 この映画も思春期時に「月曜ロードショー」で初めて観ました。映画評論家の荻昌弘氏の知的な語りとあまり視聴率を意識してない映画のチョイスが好きでした。当時、彼がこの「卒業」冒頭で解説した、あの彼の熱い想いが忘れられません。実は、しゃべりの内容はさすがに忘れましたが、あの輝いた眼差しと熱い想いは、映画をそれ以上のモノにしました。本当に彼は、この映画を愛している…と当時の薄っぺらいワタシにも感じる事ができました。
荻昌弘さんあなたの映画論大好きでした!

サイモン
 この映画とこの音楽、
 そのモノが青春だった!


 そして、この映画で何よりも素晴らしいのが、言わずと知れた『サウンド・オブ・サイレンス』、『ミセス・ロビンソン』などを唄うサイモン&ガーファンクル。世界中の青春を過ごした人間にはバイブルのような音楽と映像である!

カッパ採点01


映画的旅情
【其の二】

いつかみた風景、いつかみた尾道。

尾道01

 毎年11日3日(文化の日)は、尾道の日 と勝手に決めている…。
尾道では、毎年の「ベッチー祭り」が開催され、町は観光客と地元の方々が交わるふれあい行事でもある。

ベッチャー祭りとは…
 ベッチャーとは、尾道の「ベッチャー祭り」に登場する「ベタ(武悪)」「ソバ(蛇面)」「ショーキ(天狗)」と呼ばれる神鬼のことです。祭りでは、それぞれの面をつけた若者たちと獅子が、街を走り回り、子どもたちを追いかけまわします。そして、手に持ったササラや祝い棒で頭をたたいたり、体を突いたり。そうされると1年間の無病息災が約束されるといわれ、小さな子どもを抱いた親などは、嫌がる子どもを無理やり連れ出します。しかし、子どもたちにとっては、祭りのあとも夢に出てくるほど、怖くて、怖くてしかたないものだそうです。

ベッチャー
ベッチーは、NHK朝ドラ「てっぱん」主演の田中初音(富司純子)
のあだ名でもありました。

ご当地ラーメン発祥の店!? 朱華園

ラーメン02

朱華園
休日は、1時間、2時間待ち…

 この「朱華園」は、最後の無頼派と呼ばれた作家、壇一雄(女優 檀ふみのお父さん)の「旅の一駒」に綴られています。こちらのお店の美味しさについての一節です。

内海の魚に食傷気味の私は、久方ぶりに「朱」と言うラーメン屋に入りこんでいって、ラーメンを喰い、そのうまさにびっくりした。尾道では、「暁」と言う、世界万国の洋酒をよせ集めた居酒屋と、この「朱」と言うラーメン屋に、おそれ入ったようなものだ。
※「暁」は、日本最古のBARとして有名

そんなこんなで、何となく、この名作を想い出しました…
さびしんぼう 1985年日本

さびしんぼう


「転校生」「時をかける少女」に続く“尾道三部作”の最終作。大林宣彦監督が故郷尾道市を舞台に、ノスタルジックにつづった甘く切ない青春ファンタジーの感動作。寺の住職の一人息子・ヒロキはカメラ好きの高校2年生。さえない毎日を送るヒロキは、隣の女子校で放課後になるとショパンの『別れの曲』を弾く少女に恋心を抱いていた。彼女を勝手に“さびしんぼう”と呼んでいたヒロキの前に、ある日、ピエロのような格好をして“さびしんぼう”と名乗る謎の女の子が現れた…(後は映画と尾道の街並をみてください)

たをごと02
 この作品は、世界の黒澤監督も愛した作品です。この作品を高く評価した巨匠は、いわゆる「黒澤組」スタッフに強制的に鑑賞させたらしいです。また、その後の彼の作品づくりにかなりの影響を及ぼしたようで、「夢」は、大林色を体感させられる映画となっている。また、メイキングを大林監督が密着で撮影したのも有名なエピソードです。

ちょっと一言!
 昨今、ご当地映画が増えてきました。いわゆる「まちづくり」活動の一環とて、行政とボランティアの皆様が一体となって映画製作(FC)に取り組む。
ワタシの町、徳島も、ついこの前、人生、いろどり が製作され全国公開されました。
 尾道が、「観光尾道」となったFC(フィルムコミッション)…。最近のFCとは、異なる点は、「物語」が存在することだと思います。なんとなく、「まちづくり」が目的になりすぎて、なぜ、映画…。その一番重要な部分が欠けているような気がする。

9点




美味しい映画
【其の二】

「かもめ食堂」手掛けた製作チームの真骨頂
マザーウォーター 2010日本

マザー01

 京都に暮らす3人の女たち。ウィスキーしか置いていないバーを営むセツコ。疎水沿いで喫茶店を開くタカコ。この街にやって来て、念願の豆腐づくりを始めたハツミ。それぞれに、自分らしい生き方を送っていました…。そして同じ街に住む、家具職人のヤマノハ、銭湯の主人オトメ、その下で働くジン、いつも散歩している謎のおばさんマコト。この街で出会った彼らは、互いにちょっとずつ影響しあいながら、おだやかに日々を重ねていく…(後は映画を観てください)

たをごと02
「かもめ食堂」「めがね」「プール」を手掛けた製作チームが、今度は京都を舞台に描く癒しのスローライフ・ムービー。街の中を流れる川の水に引き寄せられるように京都に暮らし始めた3人の女性を中心に、ゆったりと流れていく男女7人の日々の営みを美味しそうな料理の数々とともに映し出していく。主演は小林聡美、小泉今日子、市川実日子、共演に加瀬亮、もたいまさこ。監督は新人の松本佳奈。
この映画は、はっきり言って あまり面白くない!
しかし、映画の持つ空気感と料理は、大好きです。この映画の「食」のキーワードは、カツサンド・豆腐・水割り とってもに美味しそう…。

カツサンド02
カツサンドって大人になるとそれ以上に美味しい。

豆腐
作り立ての豆腐に醤油をかけて食べる…。
一度食べてみたい。この映画のお店で、出来立て豆腐を食べたい!

豆腐屋
映画に登場する豆腐屋さん

水割り

「水割り」ってワタシたちの年代には、あまり良いイメージがない。正直、美味しい水割りを飲んだ事がない、大抵が、世の中が分かってないお店の女の子が、とっても質の高いウィスキーを適当に水で割ってくれる。なおかつ、チョコレートポッキー等で適当に混ぜてくれて…、とっても美味しいものではない。
実は、この映画を観て本当に美味しい大人の水割りを飲みたくなり、地元の老舗BARに飲みに行きました。人生を経験したマスターのしっかりと思い入れの入った水割りは、新鮮で美味しかった…。 初めて美味しい水割り いただきました。

5点
2012.11.01 ベン・ハー
いつかみた映画
【其の四】

映画史上、最高のスケールと最高の感動!
ベン・ハー 1959年アメリカ

ベンハー01

 些細な出来事から旧友メッサラの裏切りにあい、奴隷船送りとなったベン・ハーはそこで命を救ったローマの将軍の養子となる。束の間の安住の後再び故郷へ戻った彼は、別れた家族が獄中死したと聞かされ戦車競技に出場する事を決意する。そこではメッサラとの宿命の対決が待っていた…(ストーリーは文章で表現できません。必ず映画を観てください)

たをごと02
 ユダヤの豪族の息子、ベン・ハーの数奇な運命を通してローマの圧政とキリストの最期を6年半の製作期間と54億円の巨費を投じて描いた一大スペクタクです。作品、監督、主演男優、撮影等アカデミー賞史上最多の11部門受賞。あまりにも有名な戦車競技のシーンは4人の監督が演出した素材を僅かな時間に凝縮させた編集の妙に尽きる大迫力で迫る。これぞ映画、これがエンターテイメント!

水曜ロードショー

 ワタシがこの映画を観たのは、もちろん公開当時である分けがない、中学校の頃、テレビ映画番組「水曜ロードショー」で観たと思います。ご存知、水野晴郎氏の巧みな解説と郷愁たっぷりのテーマ音楽。当時は、まだビデオもDVDも、勿論ブルーレイもない時代、映画をテレビ番組で観る事が当たり前でした。この「ベン・ハー」は、前編と後編を二回に分けて放送した気がします。当時まだ、子供のワタシは、このベン・ハーは大人の映画のはず…、しかし、その一寸大人の映画が、当時の少年には刺激的でした。何となく、歴史に触れた瞬間でもあった…。 映画が大人への近道 そんな想いがある、個人的にも世界的もずば抜けた名作です。

ブルーレイ
この名作が、Amazonでなんと
1,500円程度(2枚で3,000円)
で購入できる。
なんとも嬉しい時代です。


10点