カッパのみなソン
Selection vol.1016



愛するひとが…
世界一キライなあなたに 
2016年 アメリカ



世界01

 イギリスの田舎町に暮らす天真爛漫でおしゃれが大好きな26歳の女性ルー。ある日、働いていたカフェの閉店で失業してしまう。ようやく見つけた仕事は交通事故で車椅子生活を余儀なくされたイケメン大富豪ウィル・トレイナーのお世話係というもの。それは6ヵ月の期間限定という条件付きだった。生きる意欲を失い、すっかり心を閉ざしていたウィルだったがルーは持ち前の明るさで少しずつ彼との距離を縮めていく。そしていつしか恋に落ちるルーとウィルだったが…。(後は映画を観てください)



世界02

 ジョジョ・モイーズのベストセラー「ミー・ビフォア・ユーきみと選んだ明日」を「ゲーム・オブ・スローンズ」のエミリア・クラークと「ハンガー・ゲーム」シリーズのサム・クラフリン共演で映画化したラブ・ストーリーです。不慮の事故で四肢麻痺となり生きる希望を失った元実業家の青年と彼の介護師として雇われたヒロインの切ない恋の行方を描きます。監督は長編デビューのテア・シャーロック。



世界05


たわごと03
命と真剣に向き合う、真実の愛。 
 以前から「観たいなぁリスト?」に入っていたのですが、なぜか見逃していた1本です。スミマセンでした、もっと早くみるべきでした、これ、凄く良いです。ワタシの大好きな、「最強のふたり」のラブストーリー版と言ってしまえば簡単なのですが、実はこのラブストーリーは、かなり深いテーマなのです、「愛するひとが、半年後に永遠の旅立ちを選ぼうとしていたら…」。富豪でハンサムな上、スポーツ万能。そして美しい恋人と仕事。そんな非の打ち所がないの彼が、突然の自動車事故で四肢を動かせない車椅子生活になってしまう…。そして期間限定6ヵ月、この6ヵ月の意味…。もちろんラブストーリーなのですが、「どう生きれば良いのか?」を映画を観ながら考えさせられます。そして彼が選んだ結末は?本当にそれで良いのか!もちろん答えが有るわけではなく、それは感じるものなのでしょうね?



世界04


※カッパの勝手な採点は…、
車椅子でのダンスシーンが、ステキです!

8点




スポンサーサイト
カッパのみなソン
Selection vol.1015



ご近所にスパイ夫婦が引っ越してきた!
Mr.&Mrs. スパイ 
2017年 アメリカ



スパイ01

 郊外の住宅地で妻のカレンと子供たちとともに暮らすジェフの隣に、ティムとナタリーのジョーンズ夫妻が引っ越してくる。ジェフは夫妻を歓迎するが、カレンは近所のパーティーでのティムの挙動を不審に思い、あまりにもゴージャスでパーフェクトな彼らに疑念を抱く。偶然、ティムからの贈り物の中に盗聴器を見つけたジェフとカレンは夫妻の留守中にジョーンズ宅に忍び込むが、そこで驚愕の事実を知るのでした…。(後は映画を観てください)



スパイ02

 隣に引っ越してきた完璧すぎる夫婦に、普通の夫婦が最高に危険なミッションに巻き込まれる痛快アクション・エンターテイメントです。「ワンダーウーマン」や「ワイルド・スピード」に出演し兵役経験もあるガル・ガドットのほか、「ハングオーバー」シリーズで大ブレイクしたザック・ガリフィアナキス、大人気TVシリーズ「MAD MEN マッドメン」の主役を演じたジョン・ハムが出演。監督は、「宇宙人ポール」のグレッグ・モットーラ。



スパイ03


たわごと03
もしかして、ワタシ…、これ大好きです! 
 スミマセン、ほとんど期待してませんでした。でもでも、最近よくあることですが、これ好きです!ごく普通のよくある、住宅街に越してきた完璧なカップルのジョーンズ夫妻。見た目もゴージャスだし、完璧すぎるカップル…。どうみてもよくある、田舎の町内会には、場違いの美しさ。その夫婦に興味津々のお隣さんは、ごくごく平凡な我が街に大勢いる(我が家のその代表)、普通の夫婦ジェフとカレン。その2組の相反する夫婦のヘンテコ関係が、サイコーに楽しいです。テンポのいいドタバタ・スパイアクションなのですが、テーマは夫婦愛。そして、どこかで見た美しすぎる奥様スパイは、なんと「ワンダーウーマン」なのでした。そう、今大注目のガル・ガドットさんは、1985年生まれのイスラエル出身のハリウッド女優さんで、なんと世界で最も美しい顔第2位だそうです!(1位は誰なんだ?)そんな彼女の魅力がたっぷりの見て、感じて、楽しい、新感覚のスパイ映画です!!



スパイ04



※カッパの勝手な採点は…、
やっばり、彼女は天然系?

七点半





カッパのみなソン
Selection vol.1014



伝説の殺し屋、復活。
ジョン・ウィック:チャプター2 
2017年 アメリカ



ジョン01

 ロシアン・マフィア相手に壮絶な復讐を成し遂げた伝説の殺し屋ジョン・ウィック。無事に愛車を取り戻し再び平穏な生活に戻ろうとしていた彼のもとに、今度はイタリアン・マフィアのサンティーノから殺しの依頼が舞い込む。一度は断るも裏社会から足を洗うときにサンティーノと交わした血の契約を反故にはできず、渋々これを引き受ける。しかしその後ジョンの首には、彼の復讐を恐れたサンティーノによって700万ドルの賞金が…。(後は映画を観てください)



ジョン02

 「マトリックス」シリーズのキアヌ・リーヴスが復讐の鬼と化した伝説の元殺し屋を演じ、世界的大ヒットとなったクライムアクションの続編です。ロシアンマフィアを返り討ちにした主人公ジョン・ウィックが、今度はイタリアンマフィアを敵に回し、世界中の殺し屋と激闘を繰り広げるさまを、さらなるスケールアップしたアクションで描き出します。共演はコモン、ローレンス・フィッシュバーン、リッカルド・スカマルチョ、イアン・マクシェーン。監督は引き続きチャド・スタエルスキ。



ジョン03


たわごと03
伝説の殺し屋 vs 世界中の殺し屋 
 前作 「ジョン・ウィック」 が結構好きで、この続編を劇場鑑賞させて頂きました。ただ、観に行く前に、もう一度前作を見なかったことを少々後悔してます。非常にシンプルなストーリーなのですが、殺し屋の世界の不思議なローカルルールを思い出すまでに多少無駄なヤキモキ感が…。それでも何とか、その世界に入り込み十分に楽しませて頂きました。前作と比べると感情的なシーンは少なくなってて、その分超満腹感のド派手なアクションが…。きっと賛否両論なのでしょうが、ワタシ的には全てに楯つく、ジョン・ウィックがすごく格好良いです。



ジョン04


※カッパの勝手な採点は…、
パート3は、もっと凄いのでしょうね!

七点半





カッパのみなソン
Selection vol.1013



この島で、人類は最弱。
キングコング 髑髏島の巨神 
2017年 アメリカ



コング01

 泥沼のベトナム戦争が終結を迎えつつある70年代前半。南太平洋上に未知の孤島が発見され、米国政府特務機関“モナーク”によって編成された調査隊が派遣される。リーダーを務めるのは、ジャングルでのサバイバルに精通した英国陸軍特殊空挺部隊の元兵士コンラッド。メンバーはほかに研究者にカメラマン、ベトナム帰りの米軍ヘリ部隊を率いるパッカード大佐といった面々。しかし調査のために爆破を繰り返す一行の前に突如、あまりにも巨大な生物キングコングが現われヘリコプターを次々と破壊し始める…。(後は映画を観てください)



コング02

 「GODZILLAゴジラ」を手がけたレジェンダリー・ピクチャーズがハリウッドを代表する巨大モンスター“キングコング”を壮大なスケールでリブートしたアクション・アドベンチャー大作です。太平洋に浮かぶ謎の孤島を訪れた調査隊が想像を絶する巨大生物たちと遭遇し、決死のサバイバルを繰り広げるさまを迫力のアクション満載に描き出します。主演は「マイティ・ソー」のトム・ヒドルストン、共演にサミュエル・L・ジャクソン、ジョン・グッドマン、ブリー・ラーソン、ジン・ティエン。監督はTVを中心に活躍し本作が長編2作目のジョーダン・ヴォート=ロバーツ。なおレジェンダリー・ピクチャーズでは以降もモンスター映画をシリーズとして製作していく計画で、2020年にはキングコングとゴジラの激突が予定されている!!



コング03


たわごと03
どっちが、コングなんだ!? 
 2020年には、ゴジラと戦う予定のアメリカの象徴「キングコング」。最新の技術をふんだんに使った、迫力ある映像とスピーディーな演出。ただ圧倒的な映像とは裏腹に少々薄っぺらい脚本。「地獄の黙示録」にモチーフにしているのだろうが、それにしても意味不明なキャスティング。「殺されるキャラ」と「生き残るキャラ」の役割分担が少々曖昧。次回のゴジラとの絡みを意識したキャストもあまり意味を持たない…。結局これって、サミュエルvsキングコングなんだ?まぁ、それは兎も角として早く、その後を診てみたい!!



コング04


※カッパの勝手な採点は…、
最後まで、観ないとダメですよ!

カッパ採点7点




カッパのみなソン
Selection vol.1012



戦い続けた一人の男がいた。
パシフィック・ウォー 
2016年 アメリカ



パシフィック01

 太平洋戦争末期の1945年。アメリカ軍の巡洋艦インディアナポリスを率いるマクベイ艦長は、ある極秘任務を受ける。それは、長きに渡る大戦に終止符を打つ最終兵器・原子爆弾の輸送だった。危険極まりない戦地へ向かったマクベイと兵士たちは、日本軍との激しい戦闘を掻い潜りながら、なんとか目的地テニアン島にたどり着く。任務を終え、安堵に包まれながら次の目的地へ出発するインディアナポリス。しかしその時、艦内に爆音が鳴り響く。橋本少佐率いる日本軍の潜水艦から発射された魚雷が、直撃したのだ…。(後は映画を観てください)



パシフィック02

 ニコラス・ケイジが、太平洋戦争で米軍の巡洋艦を率いて戦った艦長に扮した戦争映画です。共演は「プライベート・ライアン」のトム・サイズモア、「ミスト」のトーマス・ジェーン。「ワイルド・スピード SKY MISSION」で故ポール・ウォーカーの代役を務めた弟コディ・ウォーカーが、本格的なスクリーンデビューを飾った。監督は「レッド・スカイ」のマリオ・ヴァン・ピーブルズ。



パシフィック04


たわごと03
多面的に描いた、戦争映画の力作。 
 日本人なら消すことのできない記憶。1945年8月、広島と長崎に、落とされた原子爆弾…。その人類史上最悪の出来事の裏側に、こんなにも悲惨な、「もう一つの物語」が存在したなんて…。日本軍潜水艦から魚雷攻撃を受け爆発炎上し乗組員の多くは、鮫と約4日間も死闘を繰り広げていたなどの歴史的事実は全く知りませんでした。そんな惨劇をそれぞれの立場と視線から多面的に描いた、超真面目な戦争映画です。日本軍もアメリカ巡洋艦の置かれた立場も公平に描かれ、生き残ってしまったマクベイ艦長の苦悩も、痛々しく描かれています。そして、我らのニコラス・ケイジが、久々に、素晴らしく!想定外に、良いんです?



パシフィック05


※カッパの勝手な採点は…、
彼が竹内豊だとは…、気づかなかった?

七点半