FC2ブログ
2018.09.06 嘘を愛する女
カッパのみなソン
Selection vol.1112



あなたは誰?
嘘を愛する女 2018年日本



嘘01

 食品メーカーでキャリアウーマンとして活躍する川原由加利は、震災のときに運命的に出会った研究医の小出桔平と同棲5年目を迎えていた。ところがある日、突然現われた警察から、桔平がくも膜下出血で倒れたと告げられる。しかも、彼の運転免許証や医師免許証はすべて偽造されたもので、職業はおろか小出桔平という名前すらも嘘だったことが明らかとなる。ショックを受ける由加利だったが、肝心の桔平は意識を失ったまま病院のベッドで眠りつづけていた。彼は何者で、2人が愛し合った日々も嘘だったのか、由加利はその答えを知りたくて私立探偵の海原匠を頼ることに。やがて彼が書き残した未完の小説が見つかり、その内容を手がかりに、彼の秘密を追って瀬戸内海へと向かう由加利だったが…。(後は映画を観て下さいね)



嘘02

 長澤まさみと高橋一生の共演で贈るラブストーリーです。ある日突然、愛していた恋人の素性がすべて偽りだと知ってしまったヒロインが、絶望に打ちひしがれながらも恋人の真実を追い求めていく旅の行方を描きます。共演に吉田鋼太郎。監督は短編映画で数々の受賞歴を持つ人気CMディレクターの中江和仁。



嘘03


たわごと03
タイトルが少し…、違うかなぁ?
 実はこの作品は、オリジナルの映画企画を募集する、「TSUTAYA CREATORS PROGRAM」の第1回グランプリを受賞した企画だそうです。監督はCMディレクター中江和仁さん。いつもお世話になっているTSUTAYAさんの企画なので、「よっしゃ!」と気合い満々での鑑賞…。「くも膜下出血で倒れた同棲相手の名前も職業もウソで、ショックを受けつつ未完成原稿の小説をたどって真実に迫る」と言う、非常に興味をそそる切り口、そして巡る舞台は、ワタシが愛する瀬戸内…。なのですが、何なんだろう、この物足りなさ…(スミマセン)。コクの無いスープを飲んだような感覚(ゴメンね)。非常に失礼な言い方なのですが、映画にコクがない。嫌な女を演じた長澤まさみさんの折角の熱演も少し残念。そして、ワタシが思うに、「嘘を愛する女」ではなく、「嘘をついてた男を愛した女」ですよね?



嘘04



※カッパの勝手な採点は…、
それでも、けっこう好きな作品なのです?
カッパ採点7点




スポンサーサイト



プレート03
はじめまして、映画大好きな「映画カッパ」です。

 子供の頃から映画が大好きで、お小遣いを貯めては、古き良き時代の商店街の映画館に、内緒で映画を観に行ってました。そんな映画鑑賞も様変わりして、昨今は、小さいながらも、マイシアターで、毎晩大好きな映画をスクリーンで鑑賞してます。年間200本を目標に今宵も映画三昧で夜を楽しみます。
 1991年5月「ふたり」から2012年9月「マーガレット・サッチャー鉄の女の涙」で、私的映画レポート【デジタル版】で、2,000本を記録。(手書きは、1977年「007私を愛したスパイ」から…)
 これを機会に、私的な映画の日記をはじめました。誰かに見てもらう「日記」…、少々照れくさいですが、出来るだけ永く、楽しく続けていきます。少しでも映画鑑賞の参考にして下さると幸せです。