FC2ブログ
カッパのみなソン
Selection vol.1129



10歳で初めて学校へ行った…
ワンダー 君は太陽 2017年アメリカ



ワンダー01

 10歳のオギー・プルマンは、「スター・ウォーズ」が大好きで、宇宙飛行士に憧れる男の子。だが彼は、普通の子とは少し違う見た目をしていた。遺伝子の疾患で、他の人とは異なる顔で生まれてきたのだ。そのため、27回もの手術を受け、一度も学校に通わないまま自宅学習を続けてきた。ところが、母親のイザベルは、“まだ早い”という夫のネートの反対を押し切って、オギーを5年生の初日から学校に通わせることを決意する…。(後は映画を観て下さいね)



ワンダー02

 R・J・パラシオの全米ベストセラー「ワンダー」を「ルーム」のジェイコブ・トレンブレイ主演で映画化した感動ドラマです。顔に障害のある男の子が、10歳で初めて学校に通い、イジメや偏見にさらされながらも、家族の深い愛情と勇気に支えられて、少しずつ困難を乗り越えクラスメイトと友情を築いていく姿を描きます。共演にジュリア・ロバーツ、オーウェン・ウィルソン。監督は「ウォールフラワー」のスティーヴン・チョボスキー。



ワンダー03


たわごと03
「ありがとう」と言いたくなる。
 何年か前の「スペシャルオリンピックス」の地元開催時のご講演で…、「〜ほんの一握りの彼ら彼女らは、神様がくれた宝物であり、彼ら彼女らの存在で人は人であり、優しくなれる…」。そうまさに、この言葉が、この映画の核心なのです…。タイトルが示すとおり、オギーは「太陽」であり、それに関わる家族や友人達は、その「恒星」。生まれつきの障害と向き合いながらも、回りを優しく照らすオギー…、10歳で初めて学校へ、もちろん想像以上の苦難の日々を持ち前の前向きさと優しさで、「人とは違う」と言う絶対的なハンディを見事に乗り越えていきます。そして彼の優しさに触れながら変わっていく友人達、そして家族をこの映画は、さまざまな視線からも見事に描いています。苦難するのはオギーだけではなく、一緒に回り輝く「恒星」たちも同じであり、それぞれの努力と生き方で道は開き幸せになり、知に成長する…。そんな彼ら彼女たちに拍手喝采です!ベタだけど、人間って素晴らしいと思える一本です!!



ワンダー04



※カッパの勝手な採点は…、
教育の一環としても是非ご覧下さいね!
8点



スポンサーサイト
カッパのみなソン
Selection vol.1128



君を絶対、幸せにする。
50回目のファーストキス 
2018年日本



ファースト01

 ハワイのオアフ島でツアーガイドのバイトをしながら天文学の研究をしているプレイボーイの弓削大輔。ある日、カフェで藤島瑠衣という美女と出会い、一目で恋に落ちる。しかし翌日、再会した彼女は大輔のことをまるで覚えていなかった。実は瑠衣は交通事故に遭って以来、新しい記憶が1日で消えてしまう短期記憶障害という後遺症を患っていた。しかし父親と弟の努力で、瑠衣は同じ一日を何の疑いもなく平穏に暮らし続けていた。父親からそうした事情を告げられてもなお、毎日、初めて会うところから繰り返し、あの手この手で愛を告白し続ける大輔だったが…。(後は映画を観て下さいね)



俺00

 アダム・サンドラーとドリュー・バリモアの共演で世界的に大ヒットした「50回目のファースト・キス」を「勇者ヨシヒコ」シリーズ、「銀魂」の福田雄一監督が主演に山田孝之と長澤まさみを迎えてリメイクしたロマンティック・コメディです。事故で“前日のことをすべて忘れてしまう”記憶障害に陥ったヒロインと、彼女に一目惚れしたプレイボーイの切なくも心温まる純愛の行方をコミカルなタッチを織り交ぜ綴る。共演はムロツヨシ、佐藤二朗。



俺03


たわごと03
あの名作をリメイクしちゃった!
 ご存じ、ドリュー・バリモアとアダム・サンドラーの不滅の名作「50回目のファーストキス」(2004年)を堂々のリメイク。我らの山田孝之さんと今もそれ以上に美しい長澤まさみさん。そして舞台はラブロマンスの聖地ハワイ。そして、そして監督は「銀魂」や「変態仮面」「斉木楠雄~」の福田雄一監督。オリジナルが素晴らしすぎるだけに、たぶんかなりのプレッシャーだったと思いますが、いやいや、そう、福田監督らしい空気感漂うコメディです。ただ、ゴメンね、ワタシとしては、現在「日テレ」で放送中、賀来賢人主演×西森博之原作×福田雄一脚本・演出の…、

『今日から俺は!!』 のほうが、断然好きです!!
2018年10月14日スタート 毎週日曜夜10:30/日本テレビ系


俺01

 累計発行部数4000万部を超える西森博之の人気ヤンキーギャグ漫画を、賀来賢人主演で実写ドラマ化した、このドラマ。別に観る気は無かったのですが、日曜夜10:30〜とかなり深く、鑑賞しやすい時間帯なので、なんとな〜くの鑑賞…。最初は懐かしいと馬鹿らしいで、それなりに楽しんでましたが、今では、日曜日が待ち遠しい!(トリュフォーか?)何故か、毎回、山田孝之さん、小栗旬さん等々の超豪華ゲストも登場し、視聴率なんぞクソ食らえじゃ…、きっと無いでしょうが、作り手も出演者も裏方も、みんなが大いに楽しんでる、いや遊んでるって感じ。特に個性的なレギュラー陣は、かなりハチャメチャ。想像ですが、各シーンほとんどアドリブ?なんとなく吉本新喜劇的なノリで、各キャラの個性を思う存分に生かしたギャグを連発。まぁ、それなりに暴力シーン等々もありますが、あの頃を懐かしむ…、お父さんと一緒にご家族一同で笑ってあげて下さいね!あっ、それと当時、嶋大輔さんが歌ってた『男の勲章』が、今だと名曲に聞こえてしまうのはワタシだけでしょうか…?


俺02
▲ワタシ的には、やられキャラの今井君と谷川君が好き!


※カッパの勝手な採点は…、スミマセン「50回目のファーストキス」です!
これは、これで面白いと思います?
カッパ採点7点




カッパのみなソン
Selection vol.1127



ダンケルクの戦いを制し、歴史を変えた。
ウィンストン・チャーチル
ヒトラーから世界を救った男
 2017年イギリス



チャーチル01

 1940年5月、第二次世界大戦初期。独裁者ヒトラー率いるナチス・ドイツの前にフランスは陥落寸前で、英国にも侵略の脅威が迫る中、新首相に就任した前海軍大臣のウィンストン・チャーチル。国民には人気があったものの、度重なる失策で党内はもちろん国王からも信頼を得られず、弱音を吐く彼を妻のクレメンティーンは優しく叱咤する。就任直後の演説では勝利を目指して徹底抗戦を誓うも、戦況は悪化の一途を辿っていく。そしてドイツ軍に追い込まれた英国軍が、ついにフランス・ダンケルクの海岸で絶体絶命の状況を迎える。英国への上陸もいよいよ現実の脅威となる中、犠牲を回避すべくドイツとの和平交渉を主張する外相ハリファックスの必死の説得を受けるチャーチルだったが…。(後は映画を観て下さい)



チャーチル02

 ゲイリー・オールドマンが第二次世界大戦時に英国首相に就任し、ヒトラーの脅威に敢然と立ち向かったウィンストン・チェーチルを演じてアカデミー賞主演男優賞に輝いた感動の伝記ドラマです。また、そのゲイリー・オールドマンを驚異の技術でチャーチルへと変身させた特殊メーキャップ・アーティスト辻一弘も、みごとアカデミー賞メイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞し話題に。英国がヒトラーに屈する寸前での首相就任からダンケルクの戦いまでの知られざる27日間に焦点を当て、ヨーロッパのみならず世界の命運を左右する決断が下されるまでの葛藤とその型破りな人物像を描き出す。共演はクリスティン・スコット・トーマス、リリー・ジェームズ、ベン・メンデルソーン。監督は「プライドと偏見」「つぐない」のジョー・ライト。



チャーチル004


たわごと03
こっち側から見た、ダンケルク?
 第90回アカデミー賞主演男優賞のゲイリー・オールドマン。そしてこの映画の影の立役者、辻一弘氏はメイクアップ&ヘアスタイリング賞をみごと受賞。『辻一弘さんが引き受けてくれなければ、ゲイリーもやらない』と言わしめた特殊メイキャップの芸術的完成度の高さ…、余談ですが、彼(辻一弘さん)は、我が郷土徳島出身の特殊メークの先駆者・江川悦子さんの工房に約3年間在籍。ともに特殊メーク界の大御所、故ディック・スミスさんの門下という「教え子であり、同志」だそうです。そんな記事が地元紙でも報じられて、何となく身近に感じてた作品でもあります。物語は、ワタシ的には余り馴染みの無い?英国の首相ウインストン・チャーチルの1940年5月における首相就任から、ダンケルク撤退までの4週間を描いたのがこの本作。そう、この前観た、クリストファー・ノーラン監督の「ダンケルク」!失礼ながら、この「ノーラン・ダンケルク」は、ワタシの様な凡人には「説明?」に欠ける作品。映画としては優れてるのでしょうが、イマイチ分かりづらい(すみませんワタシの主観です)。なのですが、この「ウィンストン・チャーチル〜」を観たら、なるほどと…!? 変な表現ですが、違う映画でお互いがより楽しめる、なんとなく得した気分で2倍楽しめましたした。あっ、そうそう、監督のジョー・ライト…。彼の代表作は、もちろん「プライドと偏見」「つぐない」。陰影の描き方等々は、対照的な描き方ですが…、これはこれで素晴らしい表現力です。



チャーチル03



※カッパの勝手な採点は…、
映画の底力を魅せてくれます!
8点




いつかみた映画
【其の百五三】



万国博にジャイガーが暴れ込む!
ガメラ対大魔獣ジャイガー 
1970年 日本



ガメラ00

 大阪万国博覧会にウェスター島の“悪魔の笛”と呼ばれる巨大石像が展示されることになった。祟りがあると言って強硬に反対する、島の文化使節ギボーの意見を抑えて運搬作業が行われる中、ガメラが現われた。作業を監督する考古学者ウィリアム教授の子トミーとスーザンは、友人の弘から聞かされているようにガメラは子供の味方だと主張するが、なぜかガメラは作業を妨害する。作業班は火山の噴火でガメラが火口へと向かった隙に石像を運び出すが、石像からは“悪魔の笛”の名の通り、不気味な音が鳴り響いた……。石像と共に作業班が去ったウェスター島では、地中からジャイガーが復活をとげた。無人の島でガメラとの死闘が繰り広げられる。火炎攻撃でガメラが優位に見えたその瞬間、ジャイガーの角先から鋭い矢が飛び出しガメラの手足を貫いた。矢が邪魔になり手足を引っ込められないガメラは空を飛ぶこともできない。ジャイガーは仰向けに倒れたガメラを残し、石像のあとを大阪へと向かった。 万博会場に運ばれる石像を追ってジャイガーが大阪に上陸した! (後は映画を観て下さいね)



ガメラ01

 前作『ガメラ対大悪獣ギロン』での宇宙から一転して、「日本万国博覧会」を舞台にした作品。当時少年誌各誌ではカラーグラビアで「謎の古代遺跡」を題材にしたものが流行っており、これを企画に採り入れたもので、万博を舞台にしたのは後付けだった。そのため、万博会場でのロケが行われたものの、監督の湯浅憲明によると東宝のようにパビリオン協力しているわけでもなく、大映にそこまでの営業力もなかったため、タイアップではなかったという。また昭和の「ガメラ映画」で大阪城が登場するのは『大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン』(1966年)に続いて2度目。ジャイガーの子供がガメラに寄生するシーンは、湯浅によると「予算は無いし、やることは大体前のガメラでやりつくしちゃったので、どうしようかと思って考えた」アイディアだったという。



ガメラ02


たわごと03
祝・2025年万博、大阪開催決定!
 なんとも、うれしいニュースが飛び込んできましたね!2025年国際博覧会(万博)が大阪市で開催されることが決定。テーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」。い〜や、ホンマに決まりましたね、大阪万博2025。1970年…、もちろん我が郷土徳島からも行きましたよ、遠路はるばる、フェリーに乗って(当時はもちろん橋は無い…)大都会大阪で開催される夢の博覧会へ。当時会場で見た様々な「未来」は今でも鮮明に脳裏に焼き付いております。そして、今回のこの朗報を聞き脳裏に蘇ったりは、何故か、この「ガメラ対大魔獣ジャイガー」。物語は、大阪万博会場建設途中でも参事。建築中の万博予定地でガメラと大魔獣ジャイガーが、死闘を繰り返します。万博とガメラの組み合わせ(タイアップ)は、子どもながら凄いと思いましたが、どうも企業タイアップではなかったらしく、一体どのようにして、この企画が成立したのか? を知りたいですね! ストーリーも奇抜で、なんとジャイガーの毒で倒れた、ガメラの体内へ小型潜水艦で潜入し、ミニジャイガー(寄生虫?)を退治する…、あの名作『ミクロの決死圏』をモチーフにしたのかなぁとも思わせる演出…。ただ、当時の馬鹿な小僧のワタシでも、ガメラの体内は、こんなにシンプルじゃ無いだろと少々苛ついたのを思い出しました。まぁ、それはそれで良しとして、2025年の「新・大阪万博」では、どんな凄い「未来」を魅せてくれるのだろうか…、二度目の大阪万博、凄く楽しみです。



ガメラ03


※カッパの勝手な採点は…、
プレゼンを勝ち抜いた、大阪に…、
10点




2018.11.20 孤狼の血
カッパのみなソン
Selection vol.1126



抗え、生き残れ! 全面戦争勃発。
孤狼の血 2018年日本



狼02

 暴力団対策法成立直前の昭和63年。広島の地方都市、呉原。そこでは地場の暴力団“尾谷組”と、広島の巨大組織“五十子会”をバックに進出してきた新興組織“加古村組”が一触即発の状態で睨み合っていた。そんな中、呉原東署に赴任してきたエリート新人刑事の日岡秀一は、凄腕ながら暴力団との癒着など黒い噂が絶えないマル暴のベテラン刑事・大上章吾の下に配属される。すると赴任早々、加古村組系列のフロント企業の経理担当が失踪する事件が発生、暴力団絡みの殺人事件と睨んだ大上は、さっそく日岡を引き連れ捜査を開始するのだったが…。(後は映画を観て下さいね)



狼01

 人気作家・柚月裕子が東映やくざ映画の金字塔「仁義なき戦い」へのオマージュを込めつつ書き上げたベストセラー小説を「凶悪」「日本で一番悪い奴ら」の白石和彌監督が豪華キャストの共演で映画化した衝撃作です。暴力団同士の抗争が激化する広島のとある地方都市を舞台に、暴力団が絡む事件の解決に乗り出したマル暴刑事が己の信念のみに従って進める法律無視の過激な捜査の行方を壮絶なバイオレンス描写とともに描き出す。主演は役所広司、共演に松坂桃李、真木よう子、中村獅童、竹野内豊、ピエール瀧、石橋蓮司、江口洋介。



狼04


たわごと03
警察じゃけぇ、何をしてもえぇんじゃ!
 今年の春、「この世界の片隅に」のロケ地巡りに呉を訪れた時、それ以上に地元で盛り上がってたのが、この「孤狼の血」。何となく「ヤクザ映画」と言えば、広島とい勝手なイメージなのですが、やっぱりヤクザ映画は広島弁がよく似合うと実感?もちろん映画もバリバリのヤクザ、ヤクザと超破天荒のヤクザ以上の警察官。きっと山一戦争がモデルなのでしょうが、ワタシ達昭和世代の映画ファンからすれば、もちろん「仁義なき戦い」。製作陣はもちろん、出演者達も「これが、ほんまの東映ヤクザ映画じゃけんのう〜」とヤクザなりきりの大迫力の熱演。ほんまに見てて恐ろしく、リアル!この手のバイオレンスモノは、何かと批判される昨今なのですが、そんなことクソ食らえと製作者達の世間に対する挑戦が見受けられます。そんなこんなも、酸いも甘いもが、映画なのですよね。



狼03


※カッパの勝手な採点は…、
きっと、続編も製作されるのでしょうね!
七点半




カッパのみなソン
Selection vol.1125



世界が、変わる。
宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 
第六章 回生篇 2018年日本



ヤマト01

 ヤマトが沈み、波動砲艦隊も壊滅的な打撃を受け、強大なガトランティスを前になす術をなくしたかに見えた地球人類。しかし、ヤマトの意志を受け継ぐ新たな宇宙戦艦、ヤマト級「銀河」が、かつて地球と戦ったガミラスの艦隊とともに出撃。圧倒的な数を誇るガトランティスに対し、地球・ガミラス連合軍は時間断層工場をフル稼働し、徹底抗戦の構えを見せるが…。(あとは映画を観てくださいね)



ヤマト02

 日本アニメーション史に名を残す名作『宇宙戦艦ヤマト』をリメイクした『宇宙戦艦ヤマト2199』の続編となる完全新作シリーズの第6弾。最終章へと続く本作は、地球・ガミラス連合軍と強大なるガトランティスの壮絶なる戦いを描く。監督は『宇宙戦艦ヤマト復活篇ディレクターズカット』にてアニメーションディレクターを担当した羽原信義。



ヤマト03


たわごと03
羽原信義&福井晴敏舞台挨拶登壇!
 世代を超えて愛され続けているアニメ「超世代アニメ」の代表的作品「宇宙戦艦ヤマト」。この「宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち」は、1978年の名作劇場版「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」をリメイク。なのですが、もうこれは、リメイクでも、リブートでも、スピンオフでもなく、最早別物。特にこの「第六章回生篇」では、な、なんとヤマト級の戦艦「銀河」が登場する。前作でチラリ登場でしたが、今回は沈んだヤマトに変わり主役的な存在感。波動砲ではなく、コスモリバースを発動させる??? そうなんです、きっと何のコッチャなのです。自称ヤマトファンのワタシでも、一回観ただけでは理解不能。?だらけ…。それなりに予習したつもりなのですが、全くダメ!哲学的で奥深い脚本なのですが、福井さんちょっと難しすぎじゃないでしょうか?上映後の舞台挨拶できっと、多くの謎が解けるかと思いながらも、ストーリーの核心にはあまり触れられませんでした。まぁ、それでも製作の裏話を面白おかしく話して頂けました。ただ、さすがに別れの「ハイタッチショー」には、参加できませんでした。(根性無しでスミマセン)



ヤマト04

追 伸
 それにしても、ヤマトファンもかなり高齢化してましたね。もちろん何人かは、それなりの若者たちも居ましたが、大半がワタシ世代。失礼ながら、後ろから見るとワタシを筆頭に髪が寂しい…。劇場版「さらば宇宙戦艦ヤマト」から約40年…。きっとファンの皆さまにとっても、人生の長い航海を経験したはず…、それでもヤマトファンの「ヤマト愛」は永遠に不滅ですね!



※カッパの勝手な採点は…、
次回作までが、期間長すぎ!
カッパ採点7点



カッパのみなソン
Selection vol.1124



すべての男(ヒーロー)に、はじまりの物語がある。
ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー 
2018年アメリカ



ハンソロ01

 惑星コレリアで生まれ育った若者ハン。銀河帝国の暗黒支配が激しさを増す中、自由を求める彼は幼なじみのキーラとともに故郷からの脱出を図るも失敗、2人は離ればなれに。やがて銀河一のパイロットとなってキーラを迎えに戻ると誓い、帝国軍のパイロットを目指すハン。しかし3年後、彼は帝国フライト・アカデミーを追放され、歩兵として戦場に送られる。そこでウーキー族の戦士チューバッカと出会うハンだったが…。(後は映画を観て下さいね)



ハンソロ02

 「ローグ・ワンスター・ウォーズ・ストーリー」に続く「スター・ウォーズ」スピンオフ・シリーズ第2弾です。「スター・ウォーズ」シリーズの中でも屈指の人気を誇る銀河最速のパイロットにして愛すべきアウトロー、ハン・ソロの若き日に焦点を当て、伝説のヒーロー誕生までの知られざる物語を描き出します。主演は「ヘイル、シーザー!」「ハリウッド・スキャンダル」のオールデン・エアエンライク。共演にウディ・ハレルソン、エミリア・クラーク、ドナルド・グローヴァー。監督は「ビューティフル・マインド」「ダ・ヴィンチ・コード」の巨匠ロン・ハワード。



ハンソロ04


たわごと03
大御所が描く、スター・ウォーズ・ストーリー。
 公開1週目で8480万ドル(約93億円)、4週間で合計1億9280万ドル(約212億円)と、公開1週目で1億5500万ドル(約170億円)、4週間で合計4億2400万ドル(約470億円)を記録した「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」を大幅に下回る事態を迎えていた…。う〜ん、ワタシ達世代としては絶対的なブランド「スターウォーズ」なのですが、さすがに陰りが…?今回のこの事態でSW計画も大幅に縮小されるとも言われています。SW世代としては非常に悲しい状況ですがぁ、ワタシ的には、この作品は決して嫌いではないです。むしろ前作の「ローグ・ワン」よりも好きかも…?色々あったようですが、巨匠ロン・ハワードが彼らしい目線で描いたSWの世界観。王道路線でありながらも今までのシリーズとは異なる要素を上手に取り入れてる気がします。ただ、全体に暗い描写が多く、劇場以外での鑑賞には向いてないのかも知れませんね?



ハンソロ03


※カッパの勝手な採点は…、
えっ、キーラはレイの母親???
七点半



カッパのみなソン
Selection vol.1123



死を超えた恐怖、到来。
ソウル・ステーション パンデミック 
2016年韓国



ソウル01

 へスンは奴隷的な風俗店での生活から逃げ出し、恋人キウンと暮らしている。しかし甲斐性のないキウンもまた、オンラインでヘスンに体を売らせるのだった。ヘスンはそのことでケンカし、ひとりで夜のソウルをさまよっていた。同じころ、ソウル駅では血まみれのホームレスが息絶えた後、生き返り、人を襲って食らいつく。こうしてゾンビに襲われた人はゾンビとなり、また人を襲い、犠牲者は瞬く間に増えていった。パンデミックの発生を知ったキウンは、ヘスンの父と名乗る男と共にヘスンを探す。政府はソウル駅周辺を封鎖し、事態を終息させようとするが…。(後は映画を観て下さいね)



ソウル02

新感染ファイナル・エクスプレスの前日譚。
 「新感染 ファイナル・エクスプレス」で実写長編デビューを飾った社会派のアニメーション作家、ヨン・サンホ監督が同作の前日譚を描いたアニメーションです。深夜のソウルを舞台に突然、未知のウイルスに感染し、変貌した人々から逃げようとする女性と、その行方を捜す恋人と父親の姿がサスペンスフルに描かれてます。



ソウル03


たわごと03
初めての、韓国アニメ?
 ワタシ的には、かなりお気に入りの「新感染ファイナル・エクスプレス」の前日譚があると知って、前から観たいと思ってたら、うれしいことにWOWOWでオンエアー、もちろん録画して、後日改めての鑑賞…。ヨン・サンホ監督は、もともとアニメ作家ということだそうだで、このアニメも前日譚としてよく描けてます。ホームレス・風俗嬢・ニート…、そしてゾンビ。ただ、他のゾンビ映画同様、彼ら(ゾンビ)からどう逃れるかが問題なのですが、同時に描かれるのは人間の性。この映画の結末では、可能性とか希望とかは存在しません。ただ、そこに残るのはゾンビが存在する韓国社会。秀作「新感染ファイナル・エクスプレス」よりも退廃的で希望のかけらさえも見当たりません。そしてなによりも、初めての鑑賞となる韓国長編アニメ。正直アニメとしての技術は日本ほどではないのですが、力強くもギクシャクとした描写方法がゾンビの動きに凄くマッチしてて、妙にリアル?実写同様、アニメーションにも、作者の熱い思いが感じ取れます。



ソウル04



※カッパの勝手な採点は…、
ゾンビ映画で、その国の社会が見える…
カッパ採点7点




カッパのみなソン
Selection vol.1122



「今」を弾丸のように撃ち抜く、真実の物語。
ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書 
2017年アメリカ



ペンタゴン01

 ベトナム戦争が泥沼化していた1971年。ニューヨーク・タイムズはベトナム戦争に関する政府に不都合な事実が記載された最高機密文書、通称“ペンタゴン・ペーパーズ”についてのスクープ記事を発表する。アメリカ中が騒然となる中、ニクソン政権は裁判所に記事の差し止め命令を要求する。タイムズが出版差し止めに陥る一方、出遅れたライバル紙のワシントン・ポストでは、編集主幹のベン・ブラッドリーが文書の入手に奔走する。やがて全文のコピーを手に入れたポストだったが、それを公表すれば裁判となって会社の将来を危うくしかねず、経営と報道のはざまで社内の意見は大きく二分する。そしてそんな重大な決断が、亡き夫の後を継ぐ形でいきなりアメリカ主要新聞社史上初の女性発行人となったキャサリン・グラハムに託されたのだったが…。(後は映画を観て下さいね)



ペンタゴン02

 スティーヴン・スピルバーグ監督がメリル・ストリープとトム・ハンクスを主演に迎え、時の政権に屈することなく言論の自由を守るために戦ったジャーナリストたちの矜持と覚悟を描いた社会派実録ドラマです。ニクソン政権下で機密文書“ペンタゴン・ペーパーズ”を公開し、ベトナム戦争の欺瞞を暴き出したワシントン・ポスト紙に焦点を当て、就任したばかりの女性発行人キャサリン・グラハムが、政府を敵に回し、経営危機を招く危険を冒してでも記事にすべきかという重い決断を下すまでの葛藤の行方を描き出します。



ペンタゴン03


たわごと03
今描かなければ…、スピルバーグの陰謀?
 VRを題材にしたSF大作「レディ・プレイヤー」を監督・製作、ご存じ大ヒットシリーズ「ジュラシック・ワールド炎の王国」では、製作総指揮…。 そんな大忙しの彼が、準備中だった新作を一時中断してまで急遽作り上げた作品が、この「ペンタゴン・ペーパーズ最高機密文書」だそうです。ハンクスとメリルという共にオスカーを複数回受賞してる名優たちを起用し(実は今回が初共演?)、音楽は、なんと大御所のジョン・ウィリアムズ。映画を知り尽くした職人達が真っ向から社会にメスをいれます。ではなぜに、スピルバーグがこの映画を急いで作る必要があったのでしょうか?映画の中ではニクソン大統領に関しては明確な描写はしてませんが、きっと現在大統領の姿と重ねたのでしょう。きっと賛否はあるでしょうが、彼が彼としての最も適切なカタチで表現した、見応え充分の超私的なエンターテイメント作品に仕上がってます。そんな「匠の技」に、僭越ながら久しぶりに胸が熱くなりました!!



ペンタゴン04



※カッパの勝手な採点は…、
そして、「大統領の陰謀」へと繋がる…。
8点




カッパのみなソン
Selection vol.1121



魂が震える…。
スリー・ビルボード 
2017年イギリス・アメリカ



スリー01

 アメリカ、ミズーリ州の田舎町エビング。ある日、道路脇に立つ3枚の立て看板に、地元警察への辛辣な抗議メッセージが出現する。それは、娘を殺されたミルドレッド・ヘイズが、7ヵ月もたっても一向に進展しない捜査に業を煮やして掲げたものだった。名指しされた署長のウィロビーは困惑しながらも冷静に理解を得ようとする一方、部下のディクソン巡査はミルドレッドへの怒りを露わにする。さらに署長を敬愛する町の人々も広告に憤慨し、掲載を取り止めるようミルドレッドに忠告するのだったが…。(後は映画を観て下さいね)



スリー02

 「ファーゴ」のフランシス・マクドーマンドが娘を殺された母親の怒りと悲しみを体現して絶賛された衝撃のサスペンスドラマです。アメリカの田舎町を舞台に、主人公がいつまでも犯人を捕まえられない警察に怒りの看板広告を掲げたことをきっかけに、町の住人それぞれが抱える怒りや葛藤が剥き出しになっていくさまを、ダークなユーモアを織り交ぜつつ、予測不能のストーリー展開でスリリングに描き出します。共演はウディ・ハレルソン、サム・ロックウェル。監督は「ヒットマンズ・レクイエム」「セブン・サイコパス」のマーティン・マクドナー。



スリー03


たわごと03
3枚のロードサインで、町がざわめく…
 この作品で二度目のアカデミー主演女優賞を受賞したフランシス・マクドーマンド、評判どおり受賞に相応しい圧巻の演技でした。娘をレイプされ焼き殺された母親・ミルドレッド、その犯人に対する強い憎しみと警察の捜査の手ぬるさに対する怒りと後悔の念から、道路沿いに並ぶ3つの屋外広告(ビルボード)に意見広告を掲示する…。その広告が、この小さな町で物議をかもし出しやがては思いもよらぬ方向へと進んでいきます。一見サスペンスドラマなのですが、真犯人捜しがテーマではありません。ここまでやるかの母親・ミルドレッドの戦い?を描きながら警官による黒人への虐待や人種差別、アメリカ社会にはびこる問題をそれとなく描いています。正直、どの登場人物もあまり好きになれず、行き過ぎる暴言と行動は、どうも日本人のワタシには理解し難い気もすします?まぁ、ワタシ的に一番気の毒なのは、ワタシと同じ職の若い広告屋…、意見広告を掲示しただけで、こんなにボコボコにされるなんて、広告屋も命がけですね!!



スリー04



※カッパの勝手な採点は…、
そこまで、やったらダメでしょ!
七点半